磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11.
延期にしていた初釣りは蒲江のマダイ釣り。

9時30分過ぎに出港~12時納竿の短期決戦です。

いつものカセ釣りですが、時間が短いので最初のマキエはダンゴにして投入。

念入りにマキエを打ちながら10時過ぎに仕掛けを投入すると・・・

28mの底から1m位でゆっくりとしたアタリ。上がって来たのは50㎝くらい。

3投目のアタリは底から50㎝くらいの水深で、こちらは55㎝くらいのマダイ。

7投目でも底から1mくらいでアタリが出ましたがハリには乗りませんでした。

9投目で終了。使ったエビのムキミは6匹だけでしたが・・・

初釣りの一投目でマダイを仕留めた事に満足です。

運気が上がってくれると良いのですが・・。

蒲江の西野浦湾内のカセ釣り。マダイのタナも深くなっています

一投目の竿の曲がり

丁度50㎝位でしょう

2匹目も食べ頃サイズ

55㎝級の半身を刺身・・・処置は私ではない


なんとかTVの話題を作る事に成功です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
2016年最後の一日を釣り納めとしました。

本来は30日の予定でしたが、少し風が有ったので日を伸ばしたのです。

8時出港~13時30分納竿は、いつもの丸二水産のカセ釣りです。

一投目から50㎝級のチヌ、その後47㎝くらい、更に55㎝級も来てくれました。

でも少し浅いタナで喰うマダイは、一度もアタッて来ませんでした。

チヌは28mの水深の底から1~5m位で全て釣ったので、深くなっています。

その後沖のイケス周りで釣りましたが、35m位の水深でアタリは15~25m付近。

1000釣法は退屈しない程度に釣れるので、深場でも面白いです。

今年最後の日の出を米水津で写しました

カセ釣り場も凪

今回使った海エビ

全てムキミで釣りました

2.5号ハリスを使っていますが、チヌは引きが弱いので楽勝

大型のチヌ2枚だけ撮影後にリリース


これにて今年のブログも終了。2017年も宜しくお願い致します。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
“てるまる”で港から右手に1分走ると女郎崎が有って、型の良いグレが出ます。

宇土島方面は、港から左方向に2~3分くらい走ります。

この一帯も、佐伯湾内で型の良いグレが出るポイントとして有名です。

但し県外の釣り客の多くは、あまりにも港から近いので敬遠します。

その結果、貧果となる傾向も見受けられるのです。

磯が優しい・波気が無い・流れが緩いなど、磯釣りの醍醐味は確かに劣ります。

でも、竿が曲がらないよりは曲がった方が断然楽しいです。

港から1分と2~3分の磯にも、行ってみるのも良いかもです。

一投毎にグレを狙うと、スズメダイのエサ取りは交せません

鶴見~米水津~蒲江~北浦~島野浦に多いキタマクラ

このブダイの♀、撮影用に青海苔のエサで釣りました

今回お世話になった“てるまる25”(0972-34-8546)最新情報が沢山

美味しいカワハギの♀・・お持ち帰りです
 
40㎝アップのイラ、水っぽいので撮影後リリース

35㎝くらいのイシダイの仔

45㎝のグレ。女郎崎と宇土島周辺で今回はキロオーバーを6~7枚


西高東低の気圧配置が無くなった時、湾内の磯にもチャレンジして下さい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
25日はTeam Zero Sea の大会で、輝丸にお世話になりました。

日曜日の4時30分出船では、鶴見の沖磯はほとんど埋め尽くされています。

よって、会員の8名は“赤鼻のハナレ”から“宇土島周辺”までに2名ずつ展開。

久しぶりの黒ちゃんと、最初は“宇土崎”へ上礁~瀬替わりで“ウノクソ”。

どちらの磯もグレは喰ってきましたが、“宇土崎”は小型主体でした。

11時頃から15時の納竿まで竿を振った“ウノクソ”は、バラシも有って釣りを堪能。

3匹重量審査の結果、“センスイカン”で3.2㎏を釣った大神君が優勝。

女郎崎と“センスイカンの地”で、3.02㎏を釣った宿利君が準優勝。

あとは3匹で2㎏台の釣果です。

沖磯が満杯でも鶴見は佐伯湾内の釣り場が点在しています。

北東~北西の風が弱い時には、安定した釣果の湾内もお勧めです。

朝マズメ、“センスイカン”でタモ入れ中の大神君

この時に竿を曲げて欲しかったのですが・・

黒ちゃん、この曲がりはグレの引きみたいでしたが・・・

レギュラーサイズはポツンポツンと2人で10数枚

この曲がりも強烈でしたが・・・

60㎝くらいのボラでした

サヨリはサンマサヨリと呼ばれる大きさで約40㎝

いつもの気心のしれた仲間たちと


鶴見の磯は湾内といえども侮れません。魚種も豊富で楽しいですね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
人付き合いにおいて、私が拠り所にしている言葉があります。

そんな言葉に当てはまる数少ない釣友の一人が、福住会長です。

君子の交わりは淡きこと水の若し、小人の交わりは甘きこと醴の若し

氏とのお付き合いは、“君子の交わり”の様に思えてなりません。

色々と言葉を交わさなくても通じ合うものがあります。

釣りをしていて本当に良かったと思っています。

福住会長の竿曲げ
 
釣れない時に竿を曲げる坂井さん

みどりちゃんの竿曲げ

釣りの技が会う度に伸びています

ヒロさんの竿曲げ

会話の端々に知性が覗きます

今年のG杯チャンプ 中司君

適当な言葉が見つからない程イイヤツ

あれ?・・・居たのですね


良き仲間達です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
24日の北浦で8名が上礁した場所は、ビャクダニという初めての所。

実は私の磯釣りデビューは宮崎県の北浦で、昭和47年の夏前でした。

松寿丸という小さな渡船で、初めての磯が中のハエでした。

以後、北浦通いが6~7年くらいは続き、島野浦から北浦の磯はかなり踏破。

でも今回のビャクダニという磯は知りませんでした。

オオバエを過ぎて左に舵を切った地磯ですが、広くて足場がとても良い。

私は沖に向かって一番右手の、崩れ岩が右側にある浅い場所に入りました。

この場所で10時まで釣って、あとは適当に写真撮影や見学でした。

食事後に30分くらいは竿を振りましたが、体力温存の一日を過して終了。

皆さんはポツンポツンとグレなどを掛けていたので、納竿時間は直ぐでした。

やる気満々で準備をしている傍で、マイペースが1名
 
イソフエフキ・・・かな?

足のサイズのベラは巨大でした

ひ孫クラスのオナガ

良く引いた40㎝級のアイゴ

一応、人


今回私はグレの釣果には届きませんでした。別名ボウズ・・と言います。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
久々の北浦は喜福丸で・・・

福住会長の仲間内で祝いの爺杯。

皆で一緒に瀬上り。

とてもいい感じで、一日はあっと言う間に過ぎました。

思いの潮は最後まで来ませんでしたが、ポツリポツリ楽しめました。



会長です





獲ったのは誰?


皆さん、ありがとうございました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
キナルバエの下げ本流をレクチャーです。

本流釣りもタイミング良く、リズミカルに打ち返すのが良いのですが、本流釣りの経験が少ない人ほどリズムに乗る事が出来ず、トラブルにも見舞われがち。

その間隙を縫うように、11時過ぎから12時30分まで私も竿を振ってみると、一発目は引きは弱かったものの、1.7号ハリスをプッツンです。2発目の引きは強烈でしたが、何度かの引きを耐えると浮いてきました。その3~4秒後にタモ入れが成功するとプッツン。

なんとか取り込み成功です。完全に飲まれていましたが、ウルトラフレキシブル-1.7号が頑張ってくれたお蔭で面目を保つことも出来たのです。これにて私は納竿です。

前日の大会で余ったマキエを利光君と溝部君に頂き、40㎝バッカン一杯だったマキエは3分の1使っただけで、後はレクチャー用として使い果しました。

オナガが掛かるとスリルを存分に味わえ、満足度が大幅にアップしますね。

下げ本流でオナガがアタるキナルバエ、ハリスは1.7号以上が良いでしょう

エキズパートグレZ-0cと47㎝のオナガ

競技口太7号を使用。最初からオナガ狙いだと“あわせちゃだめじな“7号が良い


このオナガは、お世話になっている方へ捌いてプレゼントです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
トップウェルネスの釣り講座を担って4年くらい?2ヶ月に一度は実釣講座です。

いつもお世話になっている米水津の若戎丸で、6時出港15時納竿の釣りは受講生二人に本流釣りのレクチャー主体の釣行と相なりました。

朝一番から満潮の10時過ぎまで、空いていた“地の観音”で竿を振りました。速い本流ではありませんが、流す釣りをレクチャーです。この場所では私は一投だけ仕掛けを流してノーフィッシュ。二人は3~4枚ずつグレを仕留めましたが、30㎝前後だけでした。

次は下げ本流が流れる“キナルバエ”に移動、丁度満潮の潮止まりなので皆で昼食。その後、一人は下げ本流の筋を、今一人は本流への引かれ潮を狙います。

11時頃から3人で釣り始め、本流筋で3~4枚・引かれ潮潮でも3~4枚?ついでの私はオナガ1枚で、14時30分の納竿清掃時間になりました。

今回は本流のマキエの打ち方・流し方・アタリの取り方、などを教えました。本流釣りは私が目撃する限り、上手な釣り人が少ないのでマスターして欲しいですね。

地の観音、船着けからの本流釣り



地の観音、西側からの本流釣り



キナルバエ、船着けからの引かれ潮釣り



キナルバエ、水道側からの本流釣り



タモ入れもサマになっています

今回も若戎丸にお世話になりました


マキエワーク・流し方・ガン玉使い、この3つが本流釣りの3大要素・・かな?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
GFG青年部の後半戦は、2名と3名での瀬替わりを行いました。

吉田・藪田君ペアーは“横島の綱取り”、各種大会で上位進出者を出している所。

溝部・利光君と私のトリオは、“白子島の水道”でした。

潮はまったりと動き、エサ取りもグレの活性も今一歩。

それでも一番西側だけはポツンポツンと魚が釣れます。

最初にそのポイントに入った溝部君が1.3㎏級のグレ。

二番目に入った私はキロオーバーのグレ。三番手の利光君は500g級にダウン。

綱取りの二人はキロオーバーは釣れなかったものの、かなりの釣果でした。

全体的にグレは爆釣に到達しませんが、丁寧に探るとなんとかなりますよ。

来季の大会は、例年の様に10数名の参加を期待しています。

白子島の水道でダブルヒット

大きなカワハギ、旨そうです

こちらは今時珍しいチヌ

小さいけどオナガ

優勝魚のグレを手に・・

これも1㎏アップでした

参加者は少ないけど楽しめました


参加者の皆さんお疲れ様。ありがとうございました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
功明丸で青年部の大会ですが、今回はこれまでで一番少ない人数で4人です。

協賛依頼は15名で出しましたが、色々な事象が重なったので私も参加しました。

参加者が少ないので、私を含めて5人全員で瀬上りしたのは“ワニの2番”。

時にはこんな瀬上りも有りでしょう。その後は2人と3人に分れて瀬替わりです。

9時頃の瀬変わりまで、5人で2枚のグレが釣れましたがキープしません。

・・・

右隣には友人たちが2名で陣取っていたので、歩いて彼らのもとへ・・

ワニの2番から3番へは歩いて行けるのですね。

米水津の早朝は0度、四国は晴れ。久し振りのダルマ朝日をこの後撮影

溝部君の竿曲げ・・・アイゴでした

利光君の竿曲げ、大型グレか小型カンダイ?

藪田君の構え

吉田君の片付け

隣の磯の植木君 遠くに私達の磯

隣の磯のまっさん

まっさんのグレは大きかった


瀬替わり後のお話しに続く。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
6~10㎏クラスのブリ・2~5㎏クラスのサワラなど、青物情報が頻繁していた坂ノ市沖の一文字波止群に出かけてきました。7時出港12時納竿の短期決戦です。

少しだけ雨が降っていましたが、エサのアジゴが釣れる縦一文字の地寄りに降りて、先ずはアジゴ釣り。直ぐに10匹確保したので、700m近く歩いて白灯台まで移動。

最初に重いバッカンとアジゴを運び、再び戻ってコモクールとタックルバック・ロッドケースとハシゴを持っての移動は少し汗をかきましたが、潮通しの良い先端を確保です。

アジゴを付けて3投目、いきなり道糸がはじけ飛びます。10m以上走らせて4号竿を思いっきり合わせると、グンと乗ってハリス切れ。ギザギザプッツンはサワラです。

その後も7号ハリスをサワラに2回程切られ、アタリが途絶えました。残り1時間をチヌ狙いをしながら泳がせ仕掛けも入れていましたが、ノーフィッシュで11時30分に終了。

サワラでも1匹は獲りたかったです。

二刀流もダメでした
 
今回は背掛けです

いつもお世話になる大勝丸

こちらは新波止の赤灯台、ルアーマンです


青物のアタリは少なくなっていますが、天気の良い日に再チャレンジしてみたい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
G杯の予選リーグは、1試合100分で4試合が消化されます。

最初の開始時間は統一されていますが、その後の試合は対戦相手が揃った時点で磯へ降ろしながら試合を進めて行くので、各試合の開始時間はバラバラになります。

スタッフは検量と記録、本部への連絡が終了すると、40~50分程度の余暇が3回程発生するので、その時間を有効に使う事もあります。

今回は宮原君がエギングロッドを持参しており、選手が2回戦を戦っている時と、4回戦を戦っている最中に竿をシャクッていました。

時折ジグに替えて魚狙いもしていましたが、エソ1匹の釣果。その内表層を漂うアオリイカを発見。ジグからエギに替えて狙うとほどなくしてヒット。

300g程度のアオリに船上は大喝采。

少しの時間ですが、ささやかなスタッフ達の楽しみでもあるのです。

何か来た・・・でもエソの小型でした

左がエギ、右がアオリイカ

船上の全員が集合

一応アオリイカです


私は過去に大型ヒラマサをゲット。敢闘祭で皆に食べてもらいました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
G杯グレの決勝トーナメントは6日。

準々決勝戦・準決勝戦・決勝戦共に45分ハーフの90分間の戦い。

グレは30㎝以上の総重量で勝敗を決めますが、規定サイズが釣れない時には、30㎝未満の1匹最長寸で勝敗を決めます。それでも決まらない時には、準々決勝戦の場合はジャンケン勝負。準決勝戦と決勝戦の場合は、前試合の成績優秀者が勝者です。

前日の予選リーグと違って、かなりの強風下で試合が進み、決勝戦にコマを進めたのは準決勝戦でテスターを破った、中司選手と加藤選手でした。

私は3位決定戦の担当だったので、決勝戦の隣の磯(大小瀬の東横)に陣取っていましたが、流石に4人の選手は良く竿を曲げていました。中でも優勝した中司選手は左右どちらのポイントも上手く攻略し、規定サイズの積み上げに成功していました。

風をモノともせず、多くのギャラリーやカメラに戸惑うことなく、自分の釣りに徹した事でグレとの距離が縮まったのかも知れませんね。

中司君、G杯優勝おめでとうございます。

選手をはじめ、大会関係者全ての皆様ありがとうございました。

決勝戦の磯は、永島競技委員長が陣取っています

準々決勝、後半で連荘する中司選手

大分式の取り込み(タモの引き上げ)も板についています

勝敗が決まって船に乗り込みます

3位決定戦で竿を曲げる高知の西森選手

3位決定戦で竿を曲げる福岡の幸森選手

決勝戦で竿を曲げる福岡の中司選手

決勝戦で竿を曲げる長崎の加藤選手

沢山のギャラリーを背に、掛け続ける中司選手

試合が終わって検量、全てが決しました

表彰式会場にユルキャラも登場です

藤井大会副委員長のねぎらいとお祝いの言葉

全国のがまかつフアンが憧れるG杯を手に

至福の時間が過ぎます

結果表、見えない部分で激戦なのです


2017年のG杯グレは、大分県の米水津で12月3日~5日に開催予定です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
6名一組で8ブロックに分かれ、4試合の変則リーグ戦が5日に催されました。

規定サイズのグレは30㎝以上で総重量審査。一部を除き検量後にリリース。

各所で釣れることは釣れますが、28~29㎝台でハネられるグレが続出。

多くの選手が規定サイズに届かず、0負けの無得点も出ていました。

また朝マズメを中心に、40~47㎝位のオナガにブチ切られる選手も・・

例年より数こそ少なかったものの、50㎝近いグレも各所で仕留められています。

予選リーグはそよ風のベタ凪。選手たちは思う存分戦えたことでしょう。

               注(文中、写真と氏名が間違っていたらご指摘下さい)

左が和歌山の稗田選手、右も和歌山の熊谷選手

こちらも和歌山の濱口選手

沖縄、高里選手の竿曲げ

熊谷選手の検量

協力渡船が集まります

選手のお弁当など、この後配布です

竿を曲げているのは和歌山の稗田選手

新潟の三井選手が良型を取り込む

高里選手と大分の植木選手

帰港後の片付けなど

予選リーグの結果 1

予選リーグの結果 2

総合司会の松原江里佳さん

予選突破の8名の選手がこの日のヒーロー


夜遅くまで懇親を深めたのは、翌日の決戦に進めなかった選手たちです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[10/19 カンダイな人]
[10/17 宮脇]
[10/14 f.m]
[10/14 カンダイな人]
[10/14 みどり]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp