磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
ルリビタキは中学生の頃から優に100羽以上は見ていますが・・・

昨日のルリちゃんはヘクソカズラの実を2粒ほど食べました。直ぐ傍にハゼの実が沢山生っていますが、次に食べたハゼの実は1粒のみ、仲間が来て直ぐに去りましたが・・

ビックリしました。ハゼの実も最終食材との私の位置づけですが、ヘクソカズラの実はハゼの実より更に低いランクに位置づけていたからです。

ちなみにハゼの実を食べた小鳥達は、メジロ・エナガ・シジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・ゴジュウカラ・コゲラ・アオゲラ・シロハラ・ヒヨドリ・キジバト・カワラヒワ・ミヤマホオジロ・モズ・ジョウビタキ・ルリビタキなど多種類。

ヘクソカズラを食べた小鳥は、メジロ・エナガ・シロハラ・そして今回のルリビタキ。

ハゼの実は種が大きくて消化しにくい実、ゆえに種を覆っている乾燥してカラカラの薄い皮だけが消化されます。種は糞に交じって出るかペレットとして吐き出すのです。よってお世辞にもハゼの実は小鳥達の美味しい食材とは睨んでいないのです。

ヘクソカズラの実はそれ以下の位置づけで気にしていませんでしたが、仲間が食べてピリピリすると言ったので、私も食べてみました。辛党の私には??で、水分を多く含んだ実を咬んでいると、何とも言えない変な苦みが増してきたので、吐き出しました。

ハゼの実の皮は呑み込んだ記憶がありますが、ヘクソカズラはダメでした。

ハゼの木ポイントで今季初写しの♂

隣にあるのがヘクソカズラ、この実を食べたのです


今期のハゼの実は減り方が少ない。まだまだ山には食材が多いみたいです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
足環の着いたアオジの足環№を撮影するため、小雨の山へ。

昨年の2月に写した№は・・・2AG-21610

そして今年、今日まで写して確認しているのは・・・2AG-2161 まで。

あと0が写れば昨年と同一のアオジとして確定出来ます。

この場所には狩りが上手い♂のハイタカがいるので、油断なりませんが・・

0を写して報告をしたいです。

足環を着けて、5回目の冬を過ごしていると思われるアオジ

アオジのエサを横取りしている?ガビチョウ


明日は釣りだった(^^)

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
真冬に小鳥が水浴びをするのは何故?

この様な疑問を10日に受けたので、以下の様に解答しました。

真冬という言葉を考えなくで良い。野鳥たちは寄生虫(大きなものはマダニ)などを体から落としたり、食材から出る汁などが嘴の周り・羽や羽毛についてしまう事を嫌います。

よって季節に関係なく水浴び・砂浴び・雪浴びなどを行います。水浴びの開始時間は鳥の種類によって違いますが、薄暗い早朝から始める鳥も居ます。

多くの鳥達は太陽の光が自分に到達した時間から始める事が多いです。冬で一日に1~3回・暑い夏では5・6回以上行うので、夏時期は涼む事も目的に有るようです。

いわば私達人間より清潔な一日を過ごしているのです。

ブログでの補足としては・・・多くの鳥達は水場に降りて地面に足を着けて水浴びしますが、ツバメやサンコウチョウなどは、飛びながら空中から水面上に一瞬浸かるだけの水浴び、水鳥の多くは水面に浮かんだまま水浴びを行ないます。アッ、ヤマセミは一匹の魚を食べたら、ダイビングで必ず水浴びをしています。

メジロの水浴び(そんなにしなくても)と眺める順番待ちのヒガラ

シジュウカラのお父さん

日本最小の小鳥キクイタダキ

ヤマガラの水浴びは大人しいけど、この子は違う


鳥達の水浴びに冬と言う言葉はありません。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
こちらから見てますよ~。



寒い冬なのに、冷たいお風呂でお熱いですね(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
2018年の鳥見で嬉しかったことは、足環の着いたアオジを2月に撮影したこと。

バードリサーチから山階鳥類研究所を紹介され、写真を届けて調べて頂いた結果。

    足環番号:2AG-21610
      種名:アオジ 性別:オス 年齢:幼鳥
     放鳥日:2014.9.28
     放鳥地:北海道枝幸郡浜頓別町
     放鳥者:小西○○氏
      ※この個体の足環№回収は初めてです

・・・この様な回答を得ました。

結果を受けて私がとった行動は、このアオジが何年間生き抜くか追跡調査すべく、彼が来てくれた場所にエサを継続して撒き、2019年も来てくれる事を願いました。

そして今季、12月中旬から餌付け場所に再びエサを撒いて、週に1~2回チェックを行っていたら、1月7日に足環の着いたアオジに再会することに成功したのです。

野鳥たちは繁殖に成功したら、再びその地を訪れる傾向が強い。冬鳥は越冬した場所でエサに不自由なく過ごせたら、再びその地に越冬する傾向が強い。

足環番号は部分的合致しており、現状はほぼ間違いないでしょう。足環№確定後、今年も報告する予定です。

バードリサーチのブログ アオジの足環について 

今年も出会えたアオジ、昨年の♂だと5年目になります

2AG 2・・・たぶん間違いないでしょう


後はルリビタキ、5年ものの♂と5年以上生き抜いている♀にも会いたい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大分市口戸のチョウゲンボウ。

この場所では結構目にしますが、今回は土手沿いに居たので撮影出来ました。

直ぐ下流側の高瀬付近にも1羽いるけど、口戸とは違う個体かな?

チョウゲンボウは小鳥や小動物も狙いますが、昆虫を狙う事が多い様に感じます。

よって小鳥達は、チョウゲンボウよりハイタカを脅威に感じているかも知れません。









逆光気味でしたが、久し振りの撮影です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
家族は夜遅くまで団欒、その反動で朝が遅い今日この頃。

私は1時過ぎに就寝しても6時頃には必ず目が覚めます。

この時期の大分の日の出は7時15分頃?なので外は真っ暗。

よって、7時前のカラスの鳴き声と共に家を飛び出します。

山の友達にお風呂を作ってやると、直ぐに使ってくれるのが有難い。



世の中は正月気分ですが、山に来るといつもの雰囲気なのが良い。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
私達の鳥見グループでは、私が提唱して車中から野鳥を撮影する人が結構多い。主な理由は野鳥たちに警戒をさせず、出来るだけ近くから普段の姿を撮影するため。

隠れ方にもレベル差はありますが、撮影者の位置は暗い事が必須条件。但し、撮影者の位置が暗くても、後方が明るかったらNGである事は結構知らない方が多い。

私が撮影する時の通常のパターンは最後の写真通り。ミソは上部の黒いプラスティック板。光を遮りレンズの動きを悟られ難い・車内が暗くなる・雨天でも対応できる事。

自然界で野鳥が最も警戒している時は子育ての時。2番目が水浴びをする時。3番目がエサを食べている時。4番目に囀っている時・移動中など。5番目は休んでいる時。

種によって近づける距離が違う事や、プレッシャーを与えるランクは、大人数>少数>一人>動く>立つ>座る>寝そべる>隠れる・・・大まかにこんなランク付け。

普通の話し声は気にしなくても良いけど、急激な声や音・シャッター音は距離にも拠るけどプレッシャーを与える事になります。

一眼レフカメラでの連続撮影は、ミラーアップ撮影しなければミラーが跳ね上がる動作で、カメラのレンズが断続的に光る(鳥から見ると動いている)事を認識しましょう。

ヒガラの水浴び

シジュウカラの水浴び

シロハラの水浴び

車中から仲間の撮影


今朝、簡易的な水浴び場を作ってあげたら、みんな来てくれました(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ソウシチョウを初めて見たのは1975年から1980年頃。大分県中部に位置する黒岳の麓にある阿蘇野川源流での釣りで・・当初はこの場所だけに生息していました。

ソウシチョウの確認から5年くらい経ったとき、野津原の入蔵でソウシチョウより大きな声で複雑に囀る、ガビチョウの鳴き声も確認したのでした。

これが大分県内で私が外来種を認識し始めた経緯で、現在では大分県内であれば至る所で彼らの鳴き声を聞いています。鶴見大島や保戸島などでは両種とも確認していますが、国東半島の沖にある姫島ではソウシチョウだけを確認しています。

佐賀関沖の高島・臼杵沖の無拓島・蒲江の深島は定かな記憶がないので、今後行く事があれば特定したいと考えており、季節的には3~5月位が良いと判断しています。

彼らもまた必死に生きており、私が出来る事はデータを採る事くらいかな?

左がソウシチョウ(朝鮮メジロ・朝鮮ウグイスで飼われていた)・右はゴジュウカラ

ガビチョウ、煩いほど大きな声で囀ります。♂と♀がデュエットすることも・・


外来生物法の基本三原則は・・【入れない・捨てない・拡げない】
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
山にはまだルリビタキのエサが多く有るらしく、ハゼの実に頼る事は少ない。

ここ数日間、重点的に2ヶ所の観察を行ってきましたが・・

ハゼの木ポイントで昨季見ていた、4年生の綺麗な♂のルリビタキに会えていない。

昨季、坊主山には5年以上は生き抜いていると思われる♀が居ましたが・・

今期はこの♀にも出会えていません。

その他には4年目を生き抜いていた、足環の着いたアオジの♂も未確認。

年を越すとハゼの木の利用が多くなって、再会出来るかも知れません。

これら3羽の小鳥達の誰かに出会えることを願っています。

この♀は2~3歳かな?

昨季出会った♂にも似ています

こちらは昨季も見た覚えがあります

上の写真と同じ個体と判断


今は空抜け写真が多いけど、1~3月は綺麗に撮れる様になるでしょう。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
撮りにくい鳥として上位にあるキクイタダキ。

撮りにくい理由には、
  ① 警戒心が強くて近づく事が困難。
  ② 海辺の浜など、物理的に近づく事が出来ない場所。
  ③ 藪を好んで動くため、枝被りが多くて絵にならない。
  ④ ちょこまかと動き回ってフレームに収まらない。
  ⑤ もともと生息数の少ない鳥。

キクイタダキは④に該当しますが、日本一小さな体で枝から枝へと動き回るので、藪を好む訳ではないけど③に近い状態が多く、クリアーな撮影が難しい。

今年も坊主山で見かけますが、ほとんど鳴かずに近くの椿や柘の木の枝葉の中をチョコマカ動き回るので、カメラのフレームに入ったら兎に角シャッターを切りまくる。

全長約10㎝・翼開長約15㎝・体重5g程度。漂鳥とされており、大分県では夏の祖母・傾山系で姿を確認しているので基本は漂鳥扱い。大分市内などは本州・四国から晩秋に渡って来る個体と判断しており、私の個人的な位置づけは冬鳥扱いをしています。

頭に黄色い菊の花を着けているのでキクイタダキ

山椿の花と比べても・・

メジロと比べても・・

とても小さい

この様に一時止まってくれたら

前から見ると変な姿


♀の様です。この小鳥も綺麗に撮ってあげたい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
4日振り?となる山。

塚野山入口のハゼの木ポイントでエサをあげて1時間ほど滞在。特に変化は見られませんが、今年のベニマシコは鳴いてくれたものの移動しています。ルリビタキの出方も今一歩の感じで、まだまだエサは豊富、ハゼの実に頼るのはもう少し後でしょう。

次に覗いたのはヤマガラハウス、私の車を見るなり直ぐに現れたカラスのカンスケ。
久しぶりの対面にいつものパンを1個分あげると、1mの至近距離までやって来て5切れほど咥えて飛び去ります。ヤマガラやシジュウカラたちも三々五々に集まります。

最後にゆっくり観察したのは坊主山。8時30分から11時まで、色んな小鳥達が来てくれました。慌ただしい年末、ゆとりなき心を癒された時間に感謝です。

ヤマガラ(留鳥)

シジュウカラ(留鳥)

ヒガラ(留鳥)

コゲラ(留鳥)

アオゲラ(留鳥)

ヒヨドリ(留鳥)

メジロ(留鳥)

ミヤマホオジロ(冬鳥) ゴジュウカラ(留鳥)

アオジ(冬鳥)

キクイタダキ(漂鳥ですが大分市内は冬鳥とします)

シロハラ(冬鳥)

ルリビタキ(漂鳥ですが大分県は冬鳥とします)


姿を確認後、写せなかったのはカケスだけ。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
イスカ・ベニマシコ・カヤクグリ・・・こんな大物の居る県民の森で・・

脇役として、ほとんどカメラを向ける事の無いカワラヒワが5~6羽。

前回その内の1羽を撮影して、オオカワラヒワと判断していましたが・・・

今日の確認で5~6羽のカワラヒワは、全てオオカワラヒワと結論付けました。

カワラヒワは留鳥、オオカワラヒワは冬鳥です。

この群れの鳴き声は、普通のカワラヒワと変わらない鳴き方ばかり。

いつかは独特な長い鳴き声を録音したいと思っています。

数日前の夜明け

オオカワラヒワの小群

一羽


白が混ざった翼が目立ちます、肩から頭にかけてのグレーが特徴です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森のベニマシコ。

今年は3羽ほど来ていると判断していますが、鳴き声からもっと多いかも?

彼らはススキの多い薮などを好むので、抜けの良いショットを撮るのは難しい。

ウツギとサルトリイバラの止まり木を、自然な形で設置してあげました。

ベニマシコが止まるかは未知数ですが、期待して待つのも良いものです。

ベニマシコ・イスカ・カヤクグリなど、大物たちが居るので楽しみです。

♂の成鳥

♂と♀

違う個体の♂と思われる


イノコヅチ・セイタカアワダチソウ・イタドリなど、プレゼントを準備します。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ベニマシコを求めて仲間二人と県民の森へ。

鳥の声が少ないと思っていたら、ハイタカが舞ったので納得。

ベニマシコは近くまで来ましたがニアミスで終了。

その辺を3人で歩き、車へ戻る時に一羽の中型の鳥が檜に止まりました。

色あいと大きさからシメ?と思って撮影すると違います。

私達3人にとって、初見初撮りとなるイスカの♀でした。

大分ではめったに見られない冬鳥ですが、昨年は鳴き声だけは確認済み。

この小鳥の最大の特徴は嘴が交差している事。

・・・こんな小鳥も居るのですよ。






嘴が交差しています




今日は2羽の♀を視認しましたが、赤い♂にも出会いたいですね(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[01/15 カンダイな人]
[01/15 カンダイな人]
[01/14 福住裕史]
[01/14 けん@北九州]
[01/11 カンダイな人]
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp