磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
2016年6月5日~6日に開催されたWFG。

22回目となる大会を制したのは東九州支部でシード参加の木村君。

一昨年の20回大会を制し、昨年は身内の不幸事で参加できず・・・

今年はその鬱憤を晴らす彼にとって、WFG2度目の参加で2連覇。

相当に嬉しいです。オメデトウ(^^)/















続きはもう少し綴っていきます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
雷雨により一文字の釣りを昼前に終えて・・・。(8月12日のお話しです)

帰港後は、一匹重量の検量で1~3位などを決めました。

大して大きいチヌは出ていませんが、木村君のチヌが1.3㎏級でトップ。

2番手に藤本君、3番手は坂井さん・・・ですか?

その後は特別賞のみどりちゃん。縦一文字の45㎝グレは記憶に残るでしょう。

表彰が終わると、熊本のヒロさんが持ってきたソーメンを全員でペロリ。

これも記憶に残る美味しい思い出になる事でしょう。

大漁のマキエを残した私は、その後大在公共埠頭に移動して餌やりです。

天気の回復した船付場でミニ表彰式

福住会長から渡される特別賞

最初は一般的な麺液、後半はツナ缶を入れて度美味しい


雨も止んで、無事に全工程を終了ですが…餌やりが残っています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日の8日夜、上五島市の有川で60名ほど集まって開催。大分からは猪熊君と木村君、そして私が参加してきました。

釣研FG五島支部とは、前支部長の吉本さんと私は古くから親交があり、数年前まで猪熊君や木村君を連れて交流していました。会員の方々や、釣具店・渡船関係・焼き肉店など、伺った時には皆さん総出でお世話して頂くこともあり、親しい間柄です。

濵上君はWFG世界大会の強豪の一人で、今回の初優勝で準優勝・3位を含めベスト3を全て経験しました。彼と私の戦績は、私の二戦二敗という苦い記憶が残っています。吉本前支部長にも負けており、五島支部会員のレベルの高さは本物です。

五島は地域的にもグレの宝庫として日本一の魚影を誇り、ややもすると腕が上がった様な錯覚さえするほどの釣果に恵まれます。そんな釣り場が近くにあると傲りが出てしまい、釣技の向上はままならないのですが、学ぶ姿勢とトーナメントに対する意気込みは半端なく、素直に学ぶ姿勢が今回の祝勝会に繋がったのは間違いありません。

吉本前支部長の悲願であった、G杯かWFGの頂点に五島のメンバーが立つ。この言葉を聞いてから7年目・・・快挙を成し遂げたのが濵上君なのです。

双璧の二人、右が優勝者の濵上君、左が現支部長の下山君

集まった方々,和やかな宴会です







抽選会の最後はジャンケン大会

お礼の言葉・・・彼も又大きくなっています

皆さんと・・・

歴代のWFG覇者6名と黄白さん


皆様、二日間お世話になりました。ありがとうございます。今後に期待です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
釣研FGの総会では沢山の方々とお会いでき、本当に充実した時間でした。

その中で、今回登場する方々は井出君を除き、ヒューマンアカデミー福岡校出身。

もう少し詳しく言えば私の教え子たちです。

学生たちはバスフィッシングが多いのですが、海釣り方面も少し居るので・・

スターの金丸君と大中君

ベストの中山優馬?・・違う違う岩室君です

ルミカの社員ですが釣研FGの事業部員の畠山君

谷君はどこの支部だっけ?


みんな頑張ってくれており、講師冥利に尽きますね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
毎年の事ながら、議事が終了すると年間大物賞の表彰式が待っています。

今年は東九州支部から辻嶋君がグレの部で優勝、その長さは55.7㎝でした。これは釣研FGの歴代記録の55.6㎝を1㎜ほど更新したサイズで、新記録の更新と特別大物賞の表彰対象になりました。よって(株)釣研から10万円の賞金もゲットです。

釣ったのは2014年の7月6日、佐伯湾の鶴見の磯で“宇土の地”で、船付け場だったそうです。通常は、船付け場よりも奥の崖からの方が大型の出る確率が高いのですが、梅雨時期の佐伯湾のグレはどこで大型が出るのか分りませんね。

この釣り場の直ぐ後方には水道を向いて小さな波止があり、この波止からも50㎝オーバーが出ている事は意外と知られていない?6月から7月の佐伯湾内にある鶴見の磯は、沖からのウネリにも強いので、大会が流れる確率も少なく力強い磯群です。

年間大物賞は狙えば手が届きそうですが、意識が必要だと感じました。

今回のチヌの部は、ロクマルに届きませんでした

オナガは、橋本さんがほぼ毎年入選しています

これが記録を抜いたグレの部です。産卵前なら3㎏級ですが・・・

マダイは年間賞と特別大物賞でこちらにも(株)釣研から特別賞が・・

イサキも型が良いですね。橋本さんや渕上さんはダブル入賞

他魚ではLFエキスパートが活躍してくれています

歴代の大物記録の中で、グレの記録を辻島君が塗り替えました

毎度のことながら橋本さんは輝いています

辻嶋君の笑顔、仲間の快挙は嬉しいですね。帰途のおごり、ありがとう

来年はこの中に入って撮影されたいですね


年間大物賞、狙ってみませんか?私はマダイの90㎝狙いで頑張ります。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[03/22 カンダイな人]
[03/22 まさ]
[03/22 まさ]
[03/17 カンダイな人]
[03/16 けん@北九州]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
7
23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp