磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
8. 7. 6. 5. 4. 3. 2. 1.
GFG青年部西日本懇親会が佐伯市で開催されました。総勢56名の中に、私の様な青年部以外のGFG会員もパラパラ参加しています。

当初は大分県の佐伯市で開催されるという事で、お手伝いだけの参加予定でしたが、青年部の好意により大会にも参加できるようになって、抽選で若手と一緒に瀬上り。

この大会は遠路来て頂くため中止になり難く、なおかつ一応の釣果も望める佐伯湾の鶴見の磯を使って実施。台風9号が沖縄から東シナ海へ抜ける日に開催しましたが、沖磯は2~3mのウネリが押し寄せている状況でも、湾内のウネリは1m以内です。

対象魚はグレとチヌで5時出港~14時納竿です。湾内で良型グレの出る確率が高い場所は,”トギレ”から外海へ向かう磯群なので、公平を期すために9時30分から3隻使う渡船全てが一斉に瀬替わりして、誰もが40㎝オーバーのグレを狙えるシステム。

私は抽選で正幸丸の一番クジ。最初に瀬着けした磯は港から3分ほどの“鵜のハエ”で、関西支部の安井さんと二人です。この場所のグレは30~35㎝までで、同サイズのオナガも出ることがあります。安井さんがグレのポイントを狙い、私は地松浦の港向きでチヌ狙いをしましたが、二人とも一投目からアジゴ!!その後もアジゴ・アジゴ・・。

色々と手を繰り出して釣れるのはコッパグレとチャリコ(マダイの仔)あとはブリの幼魚とベラくらいで、早々に諦めて私は仮眠を摂ったのです。前半が湾内の奥の方だったので、瀬替わり後は沖の方へ行けるので、マキエを温存しました。

曇っているので5時前の出港は暗い

二人とも一投目からアジゴでした

アジゴをなんとか交わすとチャリコ

コッパグレは3匹だけ釣れました 遠景は八島


瀬替わりに期待して・・・続く。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[12/10 カンダイな人]
[12/10 宮脇]
[12/09 砂ぼうず。]
[11/22 カンダイな人]
[11/22 piko]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp