磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
9. 8. 7. 6. 5. 4. 3. 2. 1.
9時30分からの瀬替わりは、役員二人の磯は分らなかったのですが、鵜のハエ~八島のナンキン~竹ヶ島の中~流れバエ~野崎の2番~ジンタ~有明穴一文字。良型のグレがが釣れたりバラシたりしていた場所は竹ヶ島の中だけでした。

瀬替わりで向かった先は、宇土の水道~丹賀の赤岩~女郎崎~地下の平岩~赤鼻のハナレ~赤鼻の中~田ノ浦の切れ波止で、いずれも40㎝オーバーのグレの実績が高く、中でも丹賀の赤岩と赤鼻の中では、グレの50㎝オーバーが4枚は出ています。

私達は最後になり、6名で切れ波止に上がりました。私は個人的に4連続の切れ波止での釣り。皆に釣れた実績の高い場所など教えて瀬上りの順番通り、沖に向かって左側から右端までに並んで竿を振ります。私達は真ん中で私の右に安井さん。

この日もタカベはエサを取らないので非常に釣りやすい。エサ取りはスズメダイ主体にコッパグレなど、20~25mくらいの遠投でグレが主に喰うタナは4ヒロくらいでした。磯では2ヒロ程度まででアタリが出ますが、この場所だけは深いタナ。

私は40㎝以上のグレをキープする予定でしたが、30~39㎝くらいまでのグレしか釣れませんでした。一人気を吐いたのが左隣で竿を出した吉田君。40㎝アップを2枚揃え、37~39㎝くらいも数枚ほど。他の3人?もキロ級(38㎝以上)を取っており、切れ波止全体としてのキロ級は7~8枚の釣果だったでしょう。

昼頃からの南風は次第に強くなり、14時の納竿からの回収時の強風はかなりのもの。この風で釣りが難しくなったのは女郎崎で、運が悪い場所になりました。他の釣り場も遠投主体だから、強風に仕掛けが取られた参加者もいた事だと感じました。

私達の船で後半でのキロ級は、切れ波止と赤鼻のハナレ。他は情報として芳しくなかったと判断しています。風の弱かった午前中とはかなりの違い。

・・・回収時には雨も落ちてきました。

安井さんのグレは35㎝?

右端の山口さんにはキロオーバー

40㎝アップを2枚揃えた吉田君

私は38~39㎝クラスが3枚ほど・・・リリースです


検量の結果、優勝は大分の高橋君、場所は朝のバラシがあった竹ヶ島の中でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[01/18 カンダイな人]
[01/17 十勝丸(燦々)]
[01/17 taka]
[01/16 カンダイな人]
[01/16 けん@北九州]
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 4 7
13
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
新しい記事
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp