磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.
昨夜は二人で太刀魚狙いのナイターでしたが、結果は二人で2本という貧果。

小型のタチウオ情報は少しずつ入っていますが、通常のエサは使いませんでした。

二人ともアジゴを釣って、泳がせ仕掛けでの大型狙いの一発勝負。

アタリは数回だけでほとんどが食い逃げ、小型の仕業と思われます。

深夜、私が眠っている時には大型の魚に根に持って行かれる事も・・・

帰港時の他の釣り人は、竿を海に引き込まれてしまったり、大型に切られたり・・

夜釣りは何が来るのか分らないので、意外な結果も生まれます。

昼釣りは青物のアタリも時々あるので、これからの時期は一文字も熱いです。

・・・

タチウオの写真でここまで傷のない魚体は極稀、目に焼き付けて下さい

タチウオを綺麗に撮る時には、魚体に触れられません(裏は傷だらけ)

縦一文字の灯台。風が有って、少し寒い夜釣りになりました

大型のタチウオを空中にキープ、傷を入れない撮影の為に宙ぶらりん

タチウオの体に触れたらこの色は出ない(ほとんど傷のない色です)

約110㎝指5本級。店に並んでいる銀色のタチウオは、傷が付いた後の色です

早朝のグレ、あとはアジゴ・・・青物は来ませんでした


ほとんどキズが入っていないタチウオ写真、難しい撮影が出来た事が嬉しい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
私はお盆の3日間と後一日、殺生をしない事で釣り人生を歩んでいます。

ただ一度、TV取材で殺生しない日にグレ釣りを行いましたが・・・

釣れたグレ・マダイ・イシダイは、撮影後に全てリリースで仕事をこなしました。

この一件以外は、釣りそのものに行かない様にしています。

今日は午後2時以降と夜に予定がありましたが、早朝から昼前までの竿出しです。

まだまだ暑いですが、ピークに比べると楽勝で竿を曲げられました。

カセフカセの五目釣りは、ほぼ一投毎にアタリが出ますがヘダイが多い。

9時過ぎからの満ち潮は初めての流れ、仙崎方向へ上潮が滑りアタリが遠のきました。

7時出港~11時納竿でしたが、美味しい魚も釣れたので満足です。

   竿   インテッサG4 1-53
   リール トーナメントISO-Z競技LBD
   道糸  フリクションZ 2.5号
   ハリス ウルトラフレキシブル 2.5号 約7m
   ウキ  スーパーエキスパートUE-0C
   ガン玉 無し~ゴム張りガン玉5号 3号 3号×3個まで
   ハリ  TKO10号
   マキエ オキアミ生6㎏+グレナビ1袋+押しムギ1㎏
   サシエ シマエビのムキミ

良い天気・・・暑さは凌げる様になりました

ボラが大挙して押し寄せてきます

30㎝くらいのオオモンハタ・・・

40~~50㎝近いヘダイが一番釣れます

今回は15m~20m位のタナでアタリが多かった

2㎏近いハマチ(ブリの小型)

2㎏オーバーのヨウニゲマダイ(養殖から逃亡したマダイ)

40㎝くらいのマハタ


2匹は抽選会用、後は食べます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨夜、4人で夕涼みがてらにウナギを狙って大分川のある場所へ・・。

雨が落ちなくて良かったですが、ウナギらしきアタリは一度も来ません。

それでも魚影は濃くて、ナマズ・フナ・ウグイなどが反応しました。

七瀬川で釣った時はアタリは少ないものの、本命2匹がお出ましでした。

今回は大分川の本流筋での釣り、アタリは多いものの本命は不発です。

今回は木村君が用意してくれた、太めのドバミミズを使いましたが・・・

私にはウグイだけの釣果・・・次のチャンスに賭けるしかないですね。

ナマズの大きな口

今回は竿1本の3本バリ仕掛け

ウグイは小型が多くハリ掛かりは少ない

時々釣れるマブナ、27~28㎝クラスの良型

木村君の最大のナマズは50㎝級でした


暑い日々が続くので、もうしばらくは夜釣りが良さそうです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
台風5号の影響で、週末の釣りは出来そうにありません。

今朝の蒲江は若干の雨予報、消波ブロックの内側へキス釣りです。

実はタコの釣れる場所も情報として得ていましたが、タコは不発。

キスも以前に比べると非常にアタリが少なくて、ヒイラギが異様に多い。

小型まで合わせても10数匹のキスが釣れたのみ。

一応湾内のマダイポイントも覗いてみたのですが・・・

マダイ不発・アジも不発、元気が良いのはサバゴだけでした。

帰港後に話を伺うと、湾内の悪い潮が今年もタコ不発の原因らしい。

キスやチャリコのアタリが少ないのもその影響かも?

普段は底付近が視認できる浅場も、変な色の潮で濁って見えませんでした。

3日12時の台風5号はこの位置

3日14時、高山海岸に寄せる大ウネリ。サーファーが一人居ます

湾内は全く波気がありません

元気印のサバゴ

キス釣りでも邪魔をしてくるヒイラギ

仕掛けのカモフラキスと20㎝級のキス


台風5号、大分は土・日・月曜日で要注意。今の所、東風から南風へと暴風雨予想。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日行っていました。同行者は久し振りの幸さん。

幸さんは、カセフカセ釣りをかなり以前からやっている名手。

中層から下を重点的に狙うやり方は、前回のカセ釣り名手たちと同じ?

良く釣りますが、いかんせん魚の活性が今一歩。

大潮の最後だから潮は速いと思いましたが、前回の潮より動かない一日。

よって青物も出ませんでしたが、好きなイサキが釣れたから良しでしょう。

深いタナでのヘダイは相変わらずでした。

そこそこに曇っていたので助かりました

税金のヘダイは2㎏級まで

今回は珍しく50クラスのチヌ

イサキは二人で4~5匹かな?

3.5~4m級?のフカセ竿が扱いやすい

4㎏弱のマダイ


次はタコ・キスを釣りたいです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
20日のウナギ釣りは七瀬川、過日のお話しです。

木村君はドバミミズをエサに1本バリの投げ釣り。

私はアユの切り身で、昔ながらのはえ縄(但し2本バリ)仕掛けを数ヶ所。

ウナギの釣果はミミズに大型、アユの切り身に小型・・・常識が覆されました。

その後、キムの仕掛けに良いアタリ・・・釣れたのは2匹のウグイ。

1本バリの仕掛けに、2匹のウグイが釣れた不思議!!

良く見ると上のウグイの鰓からハリスが出て、その下に別のウグイがハリ掛かり。

上のウグイがサシエを喰って、何かの拍子でエラからサシエを出してしまった。

そのサシエを別のウグイが喰って、2匹のウグイが釣られてしまったらしい。

二つのサシエを1匹が喰って、二人で1匹の魚を釣るのは何度か経験していますが、

今回の釣れ方は人生初の釣果です。

他には魚ではありませんが、貴重なイシガメの♀が私のアユで釣れました。

キムのウナギは68㎝の大型、私のは50㎝くらいの小型

夕涼みがてらのウナギ釣りです

キムの仕掛けと、釣れたウナギをライブウェルで

私の仕掛け、短い竹が倒れるのが目印

1本バリで2匹のウグイが釣れました

貴重なイシガメも釣れたり・・


みなさん、ウナギは食べましたか?いよいよ明日は土用丑の日です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
埼玉と三重の二人が大分へ乗り込んできました。

大分のマダイを狙いたいらしく、HPで丸二水産にたどり着き、そこの女将さんから紹介されて私がお二人をご案内です。

お二人は21日の早朝に大分空港着、12時過ぎに沖のイケス周りへ案内です。私はいつものフカセ釣りでスタート。お二人は短竿を使ったカセ釣りです。

結果は完敗。お二人はイサキ・マダイ・ヘダイなどを次々と釣ります。私にも何度かアタリが来ましたが、釣ったのは小型マダイとベラが1匹ずつだけ。

初めて見た“カセ流し釣り”勝手に命名しましたが、3B~0.8号までのオモリ1個・カーボン道糸2号前後を使って、30m~40m位まで流しながら魚を掛ける様は見事です。

12時過ぎから18時までの釣りで、今回はハマチ・ヒラマサ・シマアジ系の青物は一度も来ません。上げ下げの潮もキレが良かったのですが、10数回この場所に来て、3人でこれだけの貧果は初めての事。そんな中でのお二人の釣果は凄い。

22日の15時過ぎ、お二人から連絡が来ました。
別の場所でのカセ釣りで、80㎝クラスのマダイを約10枚ほど釣った。
四阿さん85㎝・脇さん84㎝がMAX。共に自己記録更新だとか・・
おめでとうございます。お見事!!

上からのマキエ打ち 糸巻きのマキエなど駆使
 
脇さんの釣り

四阿さんの釣り

40アップ

今回は小型のみ


この年になって素晴らしい釣りを拝見できました。活かしたいと思います。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨夜、七瀬川に木村君とウナギ釣りに行った。

私のは紹介出来ないくらい小さい。

対して木村君、羨ましいほど大きくて美味しそうなウナギ。

チヌもグレもウナギも、彼には負ける様になってしまった(^^)/

頂いて山水で2匹を活かし中です。



大分川水系のウナギは5000円/年(アユもウナギもOKです)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
日曜日は仲間と二人、丸二水産のカセフカセ釣りを満喫。

湾内のイケスは23~25㎝級のサバゴの群れ、よってマダイ狙いは早々に諦めました。

こんな時には沖のイケス周りに変更です。

沖のイケス周りの水深は40mくらいで、そこそこに流れも有る釣り場。

エサ撒きやマキエが無い時の魚たちは、8mのイケスの底辺りで待機している?

その魚達を活性化させるマキエは、船を止める位置で決まる感じです。

潮汐時間を参考に船を止めて、マキエと共に仕掛けを流し込みます。

今回は満ちの流れが不安定で、流れがコロコロと変わりアタリも散発的でした。

それでも何とか美味しい魚達をゲット出来たので、この時期としては上出来。

喰ってくるタナは浅い時で7mくらい、深い時で20mくらいでしょうね。

次回も遠くからお客さんがやって来るので、釣ってもらいたいです。

湾内はサバゴの猛攻で早々に退散

沖のイケス周りです

マキエを打って10分くらいからアタリが出始めます

型の良いイサキ・・・50㎝くらいも居ると聞いています

少し前には4㎏クラスのヒラマサも出た様です

今回はシマアジが2枚ほど

30mくらいまで深く入れるとハタ系も来ます

大きな活かし籠を海中に入れて釣ります


この時期のカセフカセは初めてですが、結構いけます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
仲間と共に丸二水産のカセ釣りに行っていました。

沖の養殖イケス周りでポチポチと・・

高級魚も釣れるから、暑さも我慢できますね。












釣趣で好きな順は、③①②④⑤。食べて好きな順は⑤③①④②・・かな?

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
雨はほとんど降らず、お日様もほとんど照らず・・

そんなに暑くない米水津でした。

グレ・オナガ・他魚など色々な釣果。

少しウネリも有りましたが、大勢でワイワイと・・・

グレの釣果なしは私だけだった。

・・・あえてキャプションは入れません。













ヒラスズキのハリ外れ、惜しかったなぁ~(^^)/
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
予てより計画していた横島3番の釣り。

誘ってくれてありがとうございました。

濃霧の中、5時出港の功明丸はウネリが少し有る中3番へ。

7時くらいまで上げ潮が残っており、ポツンポツンとグレが釣れます。

その後の潮は13時過ぎまで引きの流れ。

でも沖からの押しが強く、下げポイントは4番方向へ強く流れました。

今年の米水津は全体的にグレが不調ですが・・・

他魚も混じってくれるので、竿を曲げるには楽しめます。

・・・今回のメンバーの竿曲げです







 





笑顔は明日にでも・・。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大会に参加するのは簡単、でも大会を運営する側はとても大変です。

国際スポーツフィッシング・グレカップは2002年から始まった“日韓親善グレ釣りトーナメント”から数えて通算15回目。確か韓国の大水害で一年だけ休んだ記憶があります。

韓国のミン会長と福岡グレ競友会の福住会長が立ち上げて今日に至っていますが、その間の開催に際して紆余曲折がかなり有ったことを福住会長から伺っています。

また、現在の韓国と日本は政治的にも冷えた関係が続いており、ネット上でもそれぞれの国を揶揄する書き込みなどを目にする機会が増えています。

その様な中で初志を貫いている本大会は、韓国にも日本にも誇れる事だと私は思います。地球上で一番知的な生物が人。人であるが故、色々な考え方が有るのも当然ですが、一寸でも良いから“恕”の心を持つことが万事物事が上手くいくようになります。

大会の運営は“恕”という心を育ててくれます。大会そのものは二日間で終わりますが、それに向けての準備は最低でも半年前から行っているでしょう。そして最後の詰めは一ヶ月程が山。15回も開催しているので、反省に基づいたマニュアルが指針となっていること(恕)は、他の大会の運営に携わった私としては簡単に察しがつきます。

やり続ける意志・意欲・資金・頭脳・そして人材。それらが有るから選手が集まるのです。会費を払って二日間を大会に費やすだけで優勝の感激も味わえるのです。

運営に携わった皆様方に感謝の念で一杯です。本当にありがとうございます。また、大会に参加された多くの方々や、磯釣りの安全な渡礁と宿で安らぎを与えて頂いた、丸銀丸のスタッフの方々にもお礼申し上げます。この度もありがとうございました。

大会で優勝するのは運営よりも簡単・・・クラブ員に常々言っています

大会でお世話になる丸銀丸、いつもありがとう

皆さんも分っています

この様な方々が居るから大会が成立します。写っていない方々も・・

大元のお二人、全てはお二人の友情から始まり続いています


これにて国際スポーツフィッシング・グレカップの記事は終了です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
TVインタビュー・・・決勝戦をどう戦うか?

答え…観戦者に私の釣りを見て頂く事。

そのために、マキエ作りは観戦者から見える位置で行いました。本命とエサ取り用のマキエをキッチリと行う事でした。一番見せたかったのは魚の寄せ方で、魚を引っ張り過ぎない事と、リールを巻き過ぎない事の2点でした。

大好きな本流釣りからのスタートは、潮目に溜まった数多くのゴミは眼中になし。一投目から道糸が走りましたが、空振りが2回?掛けてのハリ外れが2回?コッパが1匹。ベラも1匹。でもキーパーのオナガや、40㎝アップのオナガも仕留めました。

本流の角度が変わってアタリは一気に減ってしまい。かなり流してウマズラハギ。30分は瞬く間に終了。隣で釣っているみどりちゃんもしっかり釣っていました。引かれ潮に多くのマキエを入れたのは、スズメダイを本流筋へ入れないため。

ポイントは一つ右に変わります。沖を狙うべく磯際に近い部分に多めにマキエを打ってその場所へ仕掛けを投じます。その仕掛けにグレやキロ級のオナガがヒットです。沖に遠投すると、かなり速い潮が右側の境界線まで仕掛けを運んでしまいます。

この流れに乗せるのが厄介で、一度はなじまずに流れてしまったり、上手くマキエを打てたとしても、仕掛けの投入精度が悪かったり、はなはだしい時にはハリが袖に掛かって、ウキだけが飛んで行ったり散々な釣りを見せてしまいました。

3つ目のポイントもほぼ同様でしたが、左からの潮が更に速くなったので遠投を控えました。磯際から中間地点までを重点的に狙って、いつの間にかキロ級のグレがヒットするなど、ラッキーな釣果も・・近くで多めのマキエを撒いたのは、出来るだけサシエをカモフラージュするためで、数は少ないですがエサ取りを交すマキエワークでした。

最終ポイントは一番右、エサ取りを手前に集めながらたまに遠投。この場所だけは右へは限りなく流せるので、多めのマキエ1回で二流し釣法もやってみた所、ベラかよ~!!ガン玉5号を2個に増やして段打ちで更に遠投するとキーパーグレ。最後の一流しで、終了の合図とともに掛けて、高速リーリングで取り込んだのはウマズラ(@_@;)

2時間が終了~勝っていました。

釣りをほとんど見れなかった永田さんの竿曲げ

中原さんの取り込み、大型を釣っていました

みどりちゃん、平常心の様でした

プレッシャーの中での良型

本流ポイント、この場所は波飛沫で涼しかった

潮の緩い場所でもオナガ

結果表、枚数と重量です


写真は皆さんから頂いたものを使用させて頂いています。ありがとうございます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
決勝戦は一ツ瀬で12時過ぎから開始・・・マキエ作りから。

先ずはルール説明と4つのポイントへ入るジャンケンです。カイバイボッ!あちゃ~、みどりちゃんと二人で敗けました。カイバイボッ・・・更に負けてビリ!やったぁ~!!思い通りの場所、一番左の本流釣りからスタートができます。右隣はみどりちゃん、その右が永田さん、一番右に中原さんでのスタート。かなり嬉しい。

その理由、本流大好き人間としては、本流がまともに流れている内に攻めたかったから。今一つは左から右へとワンポイントずつ移動すれば良いから楽チン。63歳ともなれば、先手必勝で如何に体力を使わずに、全ポイントを釣って行くかが重要?

支給されたマキエはオキアミ2枚・グレナビ1袋・グレの舞1袋・生のサシエと金のオキアミ。オキアミの解凍が進んでいないので足で踏みつけて砕きます。そのオキアミをライブウェルの中に入れて手でほぐしますがとても冷たい。少し海水を入れて更に掻き回して凍った部分が無くなるまで手で混ぜます。凍ったままのマキエ作りは厳禁です。

集魚剤などを入れ、ビニール袋を使って混ぜると練り具合を今一確認し辛い。大事な一試合、マキエに不具合があると思う様に行かないので、ライブウェルでのマキエ作りです。練り込んで練り込んで、向かい風に負けにくいマキエが出来上がります。

磯は暑いけど手だけは非常に冷たくて、休み休みのマキエ作りが終了です。

   竿    がま磯インテッサGⅣ 1-53
   リール  トーナメントISO-Z競技LBD
   道糸   フリクションZ 1.7号
   ハリス  ウルトラフレキシブル 1.7号 7m
   ウキ   スーパーエキスパートUE-0c
   ガン玉  ゴム張りガン玉 5号 1~2個
   ハリ   競技口太 7号
   サシエ  金のオキアミ主体

対戦前の記念撮影

一応緊張しています

ムラなく混ぜるにはライブウェルで・・

言わなくても、みどりちゃんもライブウェル・・

予選リーグの2・3試合と、決勝戦で韓国のTVが撮影してくれました
 
リールを必要以上に巻かない釣りに徹しました


更につづく。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[10/19 カンダイな人]
[10/17 宮脇]
[10/14 f.m]
[10/14 カンダイな人]
[10/14 みどり]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp