磯のグレ釣りが好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
米水津の磯釣りで出港前の5時30分過ぎ、傘をかぶった月を撮影しました。

撮影していたら、人工衛星が月の傍を通過中。

慌ててSSを遅くして、その分だけ絞り込んで撮影しました。

3分の1秒から3秒に変えた連続の2枚、SS下げて絞った方が良いですね。

SS1/3秒・f0.95 人工衛星は見難い

SS3秒・f3.5くらいだったと思う 人工衛星が良く分かる


三脚を車に積んでて正解でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
チーム1000とチームZERO SEAの懇親会が重なって、当初からの予定で米水津で開催するチーム1000の方へ顔を出しました。

当日は東レの懇親大会も開催中で、クラブ員もそちらに参加しているため、私たちは4人のみ。結構なウネリが有ったので、トリノスが空いており4人で上礁。

まだまだ本調子ではない米水津、グレも少ないけどエサ取りも少ない。潮が効いていないと、サシエが残ってしまう状況もかなりの時間であります。

トリノス名物は皆さんご存じの通りキタマクラ。そのキタマクラが非常に少ないので鈎を盗られたのは一回のみ。深く入れると他魚が竿を曲げるので楽しい。

25㎝以上のグレ2匹の検量を4人で争いましたが、28.5㎝と35.5㎝のグレを検量した私がなんと優勝。本命は全員クリアーし他魚も良く釣れたトリノスでした。

まっさん

塩焼きイサキも

藤城さん

これも塩焼きオナガ

広瀬さん

刺身用のグレ

ウネリが時より押し寄せます

煮つけ用カワハギ

アミメフエフキかな?

お呼びでないニザダイ

これは美味しいカサゴ

ピクスタ行きのアオブダイ

本日最大のグレ


みなさんお疲れ様。楽しい釣りでした(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
自然観察指導員の活動で、昨年から実施し始めたモニ1000里地調査(野鳥)
今回はこの活動を行っている方々と一緒に、研修会へ参加していました。
主催は日本自然保護協会(NACS-J)で、開催地は大分の“九重青少年の家”。

午前中は“タデ原湿原”とその森。野鳥のモニタリンングは私の得意分野です。ハシブトガラス・ホオジロ・ヒバリ・ホオアカ・ノビタキ・コゲラ・シジュウカラ・ヤマガラ・ゴジュウカラ・ヒガラと、地鳴きで木の梢付近を飛んだのは、クロツグミ?アカハラ?マミチャジナイ?のどれかでシロハラではなさそう。

小雨でしたが、コース毎に種名や数を記録していきます。

午後からは植物でのモニタリングで、こちらは研修施設周辺を散策。花が咲いている種だけでも20種を超えている様で、私もかなり楽しめました。

その後、研修施設内で色んな説明を受けて17時30分に解散です。研修は明日も行われますが、釣り大会参加のため、私は一日だけで終了しました。

今回の参加者は少なく14~15名? スタッフ講師陣を含めて20名前後でしたが、NACS-Jの藤田様・後藤譲・宮坂譲のお三方の運営で楽しく研修出来ました。

座学は苦手

野外活動はワクワクする

50m以上先にノビタキ♂

ギンメッキゴミグモ

ウメバチソウ

リンドウ


参加者を含め皆様方には大変お世話になりました。ありがとうございました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
一日空けていた、坊主山の水場周辺をチェックした。

と言うより、到着したらヤマガラ達のお出迎えは通常だったのですが・・

ツィ~ッと言う鳴き声が2ヶ所から聞こえてきたので、車内から待つと・・

コブシにシロハラが出て、その後からマミチャジナイも出てくれた。

椿横のコブシも葉や枝が揺れていたので確認すると、こちらはクロツグミ。

ヤマガラ・ゴジュウカラ・ソウシチョウの出入りで、結構賑わっていました。

雨足が強くなったので退散です。

ヒヨドリ(留鳥)

シロハラ (冬鳥)

クロツグミ♂若? (夏鳥)

マミチャジナイ (旅鳥)


冬鳥との出会いが日々増加。明日は九重町でモニタリング1000の研修会
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
こうやって比較すると、大きさの違いが良く分かる。

望遠の倍率が違うので、分かりにくいかも知れないけど・・

トリミングで、鳥以外の比較材料をほぼ同じ大きさにしています。

カワセミ

ヤマセミ

カワセミ

ヤマセミ

ミサゴ

アオサギ(左足が入らない・首を縮めている)


同じ所に止まってくれると比較しやすいですね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝は七瀬川、昼前は県民の森・午後は1時間ほど田んぼと大分川。

結構出会えた一日です。

ヤマセミ ♂ (留鳥)

カワセミ ♂ (留鳥)

ヤマセミ♀ アオサギの水面写り (留鳥)

ミサゴ ♀ (留鳥)

クサシギ (留鳥)

ジョウビタキ ♀ (冬鳥)

キビタキ ♂ (夏鳥)

エゾビタキ (旅鳥)

メジロ♂♀ (留鳥)

ハシブトガラス カンスケ夫婦 (留鳥)

ノビタキ ♂ (夏鳥)【大分では旅鳥】

キジ ♂ (留鳥)

ホオジロ ♂ (留鳥)


七瀬側・大分川・大野川など、河川敷は草木の除去が激しい!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
花の師匠と佐伯市へ・・・ニッポウアザミを写してきました。

ニッポウアザミ(日豊薊)は2004年に発見された新種で、大分県から宮崎県の海岸沿い“日豊海岸国定 公園”内に自生している絶滅危惧ⅠB類の希少種。

今のところ大分県と宮崎県だけの分布ですが、この辺かな?などと師匠が見て回ると有るわ有るわ、結構普通に有る。でもこの界隈だけ・・。

佐伯市には釣りで良く行くけど、今度は少し気にして見てみましょうね。

萼片部分のトゲトゲが特徴らしい

クロホウジャクかな?








今日も良く走り回りました(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日の鳥見会は、いつものように盛況に終了しました。

10月も中旬になると、冬鳥たちの到着情報が数多く入り始めました。オシドリ・コガモ・ヒドリガモ・チョウゲンボウ・稀な冬鳥のヒシクイなど。そして昨日はジョウビタキ、今日はシロハラらしき姿もチラ見しています。 

皆が写している通過中のノビタキ(夏鳥)を私は写していないので、今朝は大野川へと足を延ばしましたが見つけることは出来ませんでした。代わりに写したのは月の傍を通過する、留鳥のミサゴだけ。

ヤマガラハウスに帰宅後は、夏鳥のキビタキと旅鳥のエゾビタキちゃん。

下ばかり見ていると月にぶつかるよ・・ミサゴちゃん

そして東からは日の出です

夏鳥のキビタキ ♂

旅鳥のエゾビタキ


台風19号の通過で強い北風が続いて、南下個体の野鳥たちが多い。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝から各々が鳥見を行って、10時頃から秋のバーベキューを始めます。近頃は鳥見をせずに、バーベキュー主体の集まりになっている様で・・

これはこれで特に問題はないのです。好きな時間に来て好きな時間に解散する。ゆるいゆるい集まりなのです。何故だか分かりますか?

みんな時間に追われ・約束に縛られ・急な用に予定変更を余儀なくされ・・・こんな人生を送っているのが普通なのです。だからこの様なしがらみは一切なく、好き勝手に集合離散OKの会にしているのが“秋の鳥見会”なのです。

食材は、猪鍋約40ℓ・スペアリブ焼きと茹で・大型マダイの刺身・七瀬川の天然ウナギ・大野川と七瀬川のモクズガニ・剣先イカ刺身・グレの一夜干し・郷豆腐の田楽・焼き鳥・焼きそば・おにぎり・アケビ・秋の果物などなど。

普通のバーベキューとは一味も二味も違う、野趣味溢れる溢れる料理は最高。

山の猟師・川魚猟師・釣り仲間・そして色々と差し入れして頂いた、温かい仲間たちの心を美味しく堪能です!皆様方には心からお礼申し上げます。

そして多くの命に感謝、ご馳走様(^^)

モクズガニ(大野川と七瀬川で50匹以上)

料理人が増えて少し楽になりました

スペアリブを食べ慣れていない方には茹でが良い・焼きそば喰い損ねた

アジとイサキの一夜干し焼き・・良い!

田楽はアタリを喰ったが旨かった

お口直しのウナギはいい感じに焼けた

猪のアバラを解体すると美味しいスペアリブ

刺身になる前のマダイ

モクズガニの♂・♀


忙しい一日(6時~17時)でしたが、半端なく充実の素晴らしい日!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
一回だけのアタリでゲットしたのは痩せた♂・70㎝オーバー4㎏級でしょうか?
明日の鳥見会での食材をなんとかゲット出来ました。

今日は米水津での磯釣り講座予定を、坂ノ市一文字へと変更しようとしましたが、大分市内も渡船は休むそうで、やむなく中止の処置。参加予定の皆様には変更に次ぐ変更で、本当に申し訳なかったです。予備釣り場まで行けないことは本当に稀。

と言うことで、明日の食材ゲットの時間が転がり込んだのです。

早朝7時には丸二水産に到着、北寄りの強風が吹き荒れる中、対岸のいつものポイントへ。1時間30分ほど竿を振ってマダイのアタリは一度もなし。次は同じ水産会社の沖から避難してきた生簀周りを攻めると、確か4投目でマダイが来たのです。

この場所は水深25mほどですが、サシエのムキミが海面から5mくらい落ちたところで道糸がスルスル~と伸びて、非常に浅いタナで喰ってきました。ちなみに金網の深さが約7m位だから、生簀の底から海面側へ浮いて喰ったことが伺えます。

その後1時間くらい粘りましたが次の反応は無く、更に別の生簀周りを攻めましたが13時の納竿を迎え、明日の準備へと切り替えたのでした。

鳥見仲間で釣り仲間のタカさんは、十勝丸の“地のイカダ”でマダイ狙い。私より大きな84㎝・6㎏をゲット出来たそうです。明日の食材が豪華になりますね(^^♪

なんとかゲットできたマダイ(タモ枠は45㎝)

空からのエサ取り


食後も明日の仕込みなど準備は続きます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
こんな悪い予想は当たってしまいます。

被害状況も刻一刻とニュースで目にしていますが・・・

強い・大きい・ゆっくり・・と最悪のパターンで進んでいます。

これ以上被害が広がらないのを祈るのみ。

・・・大分の風は弱まりつつあります。

気象庁17時情報より


明日の釣り講座は米水津・一文字ともに中止。蒲江の湾内へ足を延ばします。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ここ数日、日の出前から1時間30分ほどチェックしていますが・・

ヤマセミは一往復だけで姿を見ただけ、すぐ上流側で河川工事しているから??

他の小鳥たちは一応例年通り楽しませてくれています。

アオアシシギと見間違ったクサシギは、カップルで採餌することが多い。

・・・秋に群れる鮎は一度も見ていない。

クサシギのカップル

セグロセキレイ ♂

セグロセキレイ ♀

カワセミ ♂

同じ個体

キセキレイ ♂
 

ヤマセミ用の止まり木は1本・カワセミ用止まり木を2本ほど設置。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
これだけ強い勢力の台風、幸いにも大分が暴風域に入った経験なし。

そんな奴が、明日から明後日にかけて関東に上陸するかも知れない。

台風に強い沖縄県でも、940hPaなどでの直撃は極稀にしかない。

私が4歳の頃に関東を直撃した【狩野川台風】と同規模との言葉も頷ける。

台風に対する意識と、もろもろのインフラ整備は沖縄県が一番強固。

次が九州と四国でしょうか?関東地方はこれらに比べると弱いと感じます。

経験者の言葉を信じて、今まで通りの対策では歯が立たないことを認識すべし。

伊豆諸島付近は黒潮が流れているから、925hPaから勢力の衰えは少しだけ。

台風19号、直撃する地方は本当にヤバイ!!

気象庁HPより借用(11日15時発表)

気象庁HPより借用(11日15時発表)

気象庁HPより借用(11日15時発表)

気象庁HPより借用(11日15時発表)


13日の秋の磯釣り講座、米水津は船止めで行けません。14日の鳥見会は大丈夫。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
台風19号のせいで、今日の北浦釣行は流れ、明日のカセ真鯛釣りも出来ない。

カセマダイ釣りは湾内も出来ますが、今日は他の釣り師が船を使う予定でした。

午前中は色んな行事が詰まっており、午後からだけでもマダイを狙いたい。

その願いが叶って、今日の釣り師はキャンセル!よって船が空くことに・・。

大分を12時30分頃に出発、エサを購入後蒲江に到着したのが14時頃。

直ぐに出港し撒き餌を作った後は、撒き餌を打ちながら仕掛け作り。

生簀のシャドウにマダイが居れば1~3投以内にアタリが出ます。

残念ながらこの場所はマダイが着いていないらしく、短時間勝負ではアウト。

次の場所へ行き一投目、7mくらいエサが落ちると真鯛のアタリ。

グンと合わせると一気に底へ・・50m以上は道糸を引き出されて反撃開始。

何度か走られながらも、巻く回数が増えて5㎏オーバーを確信しましたが・・

少しずつ浮いて糸が出る距離も少なくなったものの・・・

三度底へ突っ込んでいく走りに道糸がパチン・・・切れてしまった。

あえない道糸の高切れにチェックすると擦れた跡はなく、傷があったのか??

その後は音沙汰が無なくなったので移動、もう一ヶ所も探り4投ほど反応なし。

再度バラした生簀に戻って攻めましたが、ボウズに終わってしまいました。

14時30分頃~17時50分までの勝負は完敗、残念無念!





ゴメン14日の鳥見会、今年は熟成マダイの刺身はありません!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
仲間からサメビタキ情報が入りました。

直ぐにカラスザンショウを目指すと、情報元のヒロさんがスタンバイ中。

出入りしたのは、ハシブトガラス・キジバト・アオゲラ・コゲラ・オオルリ・キビタキ・ヤマガラ・メジロ・エナガ・エゾビタキ・そしてサメビタキなど。

他の小鳥には目もくれずサメビタキを狙い続け、写真で見る限り確実に3個体は撮れていました。もしかすると4~5個体ほどいるのかも知れません。

サメビタキは数の少ない夏鳥ですが、大分は通過するだけで本州中部以北で繁殖します。よって今は南国へと移動している個体が大分で見られるのです。

エゾビタキも大分を通過するだけの旅鳥ですが、個体数が多いからサメビタキよりレアードは低い。どちらも地鳴きはツィ~と鳴くから声の見分けは難しい。

この時期はサメビタキとノビタキが通過するのを待ち、10月後半から11月にかけては、ムギマキとノゴマの通過個体を待って、移動個体が終了します。





















この中に1羽だけエゾビタキが紛れ込んでいます。わかるかな?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[10/09 カンダイな人]
[10/09 カンダイな人]
[10/07 みどり]
[10/06 フチコ]
[10/02 江口正文]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp