磯のグレ釣りが好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
昨日撮影したマムシに似た蛇が一番上。あとは2匹のマムシです。

昨日撮影した蛇は一瞬マムシだと思いましたが、違うと判断した理由は・・

① 杣道を歩いていて攻撃された  マムシ
② 目が縦長           マムシ
③ 尻尾を震わせて威嚇した    マムシ
④ 頭の形状が三角        マムシ         
⑤ 逃げずに留まっている     マムシ
⑥ 過眼線            マムシ
⑦ 体の太さと長さの比率      蛇
⑧ 模様              蛇
⑨ 尻尾の長さ           蛇
⑩ 目の色合い           蛇

マムシは子供のころから捕まえて食べた回数が5~6回。
捌いた時、4~5匹のマムシの仔が出て10㎝位のミニマムシも確認。
マムシは大小10数匹見ていますが、今回は模様と体つきがマムシではない。

こんなマムシが居るのだろうか??

昨日撮影したマムシに似た蛇(太さ約1.5㎝ 長さ約50㎝)

以下マムシ








蛇やマムシに詳しい方のコメント、お待ちしています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今年の小笠原暖気団は、すでに日本付近から後退し始めています。

そして大陸のシベリア寒気団が、少しずつ南下を始めました。

日本各地は両気団の中間に位置して、秋雨前線の影響を受け始めています。

早朝は雨でしたが、県民の森に到着してからは雨も降り止みました。

道中の20数キロ、ミズキもクマノミズキも兎に角実の着きが悪い。

それに比べ、カラスザンショウは一部を除いて実の着きはバッチリ。

今年の9月は鳥見が困難かも知れません。でも10~11月は何とか大丈夫。

シベリア寒気団が南下すると、旅鳥のエゾビタキも南下して来るでしょうね。

雨中のキビタキ♀

オオルリ♂若

オオルリ♀

ミンミンゼミ♂

ナベナの花が咲き始めた(ココにはブルービーも来ます)

カワミドリの花にブルービー

ヤマドリ♂若 他に5羽ほど

ヤマカガシ 70㎝くらいの小型

この場所のミズキには実があります

攻撃されて発見しました 見たことない蛇です


暫くは、ぐずついた天気が続きそうです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
「フィヨッ・・フィヨッ・・フィヨッ・・ィヨッ・・ィヨッ・・フィヨッ」

カケスが変な鳴き声で近づいている・・そう判断して目を凝らしていると・・

トケンが一羽、目に入る所に来て,、数回その地鳴きを繰り返しました。

トケン類の地鳴きは、ピピピピピ・・グヮグヮグヮ~・・などを知っている。

今回の鳴き声は初めての鳴き声で、最初はカケスと判断したぐらい。

今年、坊主山で聞いた囀りは、ホトトギス・ツツドリ・セグロカッコウ。

一応ツツドリという判断ですが、この鳴き声は知らなかった。

フアッフアッフアッホ~・ファッフアッフアッホ~の囀りはセグロカッコウ。

フィヨッ・・フィヨッ・・フィヨッ・・ィヨッは、その地鳴きに近いかも?






また一つ、小鳥の鳴き声をマスターしました・・合っていたらの話。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
「ブルービーを写したい」

撮れるかどうか分からないけど、鳥見仲間の恭子ちゃんを連れて行きました。

向かった先はヒゴタイ公園。

平日にも関わらず結構な人々・・なんと鳥見仲間の奈須さんも来ており・・

「ブルービーはあちらの方で・・」

と有難い情報、指示された場所に到着すると・・

「居た~~~!」

数秒ほどで見つけたのは恭子ちゃん。

早速撮影開始・・・・・合計3匹の幸せが飛び交っていました(^^♪

ルリモンハナバチ(ブルービー)後ろ姿

みんなそれぞれシャッターを押していました

オミナエシ・ヒゴタイ・カワラナデシコ・ユウスゲなど

満開のヒゴタイは結構大きい

ミソハギにブルービー

正面から


午後からの短期決戦での撮影でしたが、私的にはクリアしました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ヤマガラやシジュウカラなどは留鳥で、5~6月には巣立ちするのが多い。

対して夏鳥たちは6~7月頃に巣立ちを行うことが多い。

繁殖時期が少しずれるのは、エサの取り合いをなくす意味合いもある様です。

早く生まれた子は、幼鳥の羽から1~2ヶ月もすると大人の羽へと変わります。

よって、巣立ち後の羽から第一回冬羽へと換羽する時期が7月下旬から9月中旬。

成鳥も同じ時期で、子育てが終わると自分の栄養補給を十分に行えるから。

この時期は換羽中の成鳥と若が混ざっているから、親か仔か識別も難しい。

ヤマガラ成鳥

全体的に色が濃くてハッキリしています

ヤマガラ若 部分的に色が濃くなって成鳥の色に近い

上と同じヤマガラの若(今朝初めてエサ台に来てくれました)


12~13羽のヤマガラ達が来ますが、今年の若は2~3羽だけで少ない。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
高原でブルービーを探している途中。

青っぽい翅をした小型の蝶が、ヒゴタイの葉っぱに止まっていた。

鳥以外は詳しくないものの、シジミチョウの仲間と判断。

撮影をしていると一気に飛び去り、着地点は確認したものの見失った。

調べるとムラサキツバメとムラサキシジミの2種に絞られ、後者を採用。

以前にも見たような記憶はありますが、綺麗な蝶には心を奪われますね。





まだまだ瑠璃色の生き物たちに出会ってみたいです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今年は暑い夏の磯釣りが多くなっている。前回の、7月31日は深島で酷暑の昼の磯釣りは初めての経験。そして8月の磯釣りでの昼釣りも初めての経験です。

ウネリは少し残っていましたが、横島3番に4人で上礁。1時間の3試合で、総当たりの試合を行いました。私とフジモンは1勝2敗、キムと久保平君は2勝1敗で、マックス釣果を挙げたキムが優勝でした。

大潮で結構釣り難かったけど、26~32㎝のオナガはかなり釣れます。35~40㎝弱のオナガは全体で7~8枚?42㎝くらいのオナガはフジモンの1匹。40アップのヒラソウダが2枚・43㎝くらいのイサキが1枚、グレは3~4枚のみでした。

夏でもこの位釣れればお土産も出来て十分でしょう。暑さ対策はテントとソーメン・ぶどうなど。5時出港~15時帰港の釣りでしたが満足です。

台風のウネリに消えていた横島3番に上がれました

試合後の釣りは和気あいあいと

よく竿を曲げていたフジモン

このイサキは43㎝くらいはあった

オナガの突込みはやはりスピードが速い

久保平君、40には届きませんが良いサイズのオナガ

休憩はテントの中、ソーメンが冷たい・岩が冷たい・・別世界

40弱のオナガ、今回の良型はこのサイズが多かった


今回は千代丸にお世話になりました。皆さんお疲れ様(^^♪
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
平穏な朝。

坊主山の水場周辺では、オオルリとクロツグミを沢山見ました。

阿蘇の高原では、咲き始めたヒゴタイに2匹のブルービーが舞っています。

ヒゴタイもブルービーも、そしてオオルリも非常に綺麗な瑠璃色です。

青い?蒼い?・・・青い色はなぜか心を揺すぶりますね。

幸せのおすそ分け(^^)

ヒゴタイとルリモンハナバチ(ブルービー)

ルリモンハナバチとヒゴタイ

オオルリ♂若

オオルリ♂成鳥


さてと・・・明日は今月初の磯釣りに出かけましょう(^^♪
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝は雲が多かったものの、徐々に晴れ間が広がってきました。

今回の台風は、中心から東側に暴風域が広がっており、西側部分は暴風域の広がりが狭かったので、台風が通過する西側の地域は被害も少なかった。

風速15m以上の強風域ではこのような範囲を経験していますが、風速25mの暴風域では少しだけ東寄りは経験があるものの、今回は顕著な東寄りの暴風域でした。

よって、大分は予想以上に被害が少なかった様です。

山道を20㎞くらい走りましたが、一ヶ所で小さな土砂崩れが有りましたが、倒木の伐採や除去などの処置はありません。

雨上がりで、セミの声が山々に響き渡っています。水場周辺の小鳥たちも平穏を取り戻し、身だしなみを整えていたのが印象的でした。

アブラゼミ

ミンミンゼミ

オオルリ♂若 休憩後の伸び

クロツグミの♂若 羽繕い


うねりの減った県南の海、明日はまだまだ注意が必要です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨夜の北からの風雨はかなりのものでしたが・・・

6時過ぎに目覚めると静かで小雨が降っているだけ。

雲を見ると北西から流れており、私の予想時間より3~4時間ほど前倒し。

台風が過ぎ去った?東に逸れた?勢力が衰えた?

いずれにしてもピークは去っており、七瀬川の増水状況を確認へ・・・

かなり増水しているものの一安心。あとは土砂崩れに警戒かな?

現在の台風は広島に上陸後、日本海へと抜けるコースを進行中。

その後は日本海で冷気を取り込んで、温帯低気圧に変わって北海道方面へ・・

この時に再び勢力を復活させないことを祈るばかりです。

七瀬川の増水 これ以上進めなかった

NHK WEB NEWSより


台風10号、進路に当たる地域の方々はご注意下さい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
一日が経って台風10号は超大型から大型へと少し勢力を下げました。

昨日までの超大型の定義は、風速15m/secの強風域が半径800㎞以上を持つ台風。(表示地図の緯度線や経度戦の1マスが5度で約550㎞なので、その1.5倍の距離と言う事)大型の定義は、風速15m/secの強風域が、半径500㎞~800㎞未満の台風で、現在はこちらになっています。

進行方向が少し東よりになりましたが、まだまだ脅威はこれからの様です。

台風の風速25m/secの暴風域に入る地域は特に厳重な警戒が必要で、九州では主に鹿児島県・宮崎県・大分県で、四国地方は全県が・・中国~関西方面もほぼ同様です。他には紀伊半島の和歌山県や三重県などで、大雨と洪水にも警戒が必要。

明日明後日が西日本各地でピークを迎えそうです。

14日12時の実況(日本気象協会tenki.jpより)

14日14時の佐伯市米水津 横島周辺

15日9時の予想(日本気象協会tenki.jpより)

16日9時の予想(日本気象協会tenki.jpより)


ピークの明日の午前中は外出を控えます・・皆さんお気を付け下さい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
お昼前、蒲江の深島~沖の黒島~横島~鶴見などの海を覗いてきた。

台風8号のウネリが、8月1~2日には大分県南部に到達していて、その後9号のウネリに引き継がれ、さらに10号へとバトンタッチしており、県南部の磯釣りはず~~~~っと船止めが続いています。

今日の4m前後のウネリでは、深島のウスバエ(16m)やツバクロは、未だ波の中には沈んでいません。横島の1番や3番は時折波が超え始めていました。

台風10号の現状は、中心付近の気圧が965ヘクトパスカルで超大型(風速15m以上の強風域の半径が800㎞以上)です。中心付近の最大風速が30m/secですが、もう直ぐ黒潮の上を通過します。黒潮はその周りの海水温より1~2℃ほど高いので、水蒸気の蒸発(台風のエサ)が多く、さらに発達すると予想されます。

よって、九州南岸に来る頃の私の予想は、、960ヘクトパスカル・超大型・強い(中心付近の最大風速が33m/sec以上44m/sec未満)へと成長していると推測。

私の経験上、九州に上陸する時の台風は、970ヘクトパスカルより気圧の高い台風が多く、960~965ヘクトパスカルの台風は、長い人生で数回だけだと判断しています。

こんなヤツが今日の時点で豊後水道を北上予定なのです。直撃に近いけど大分は台風の可航半円側、台風の進行方向の右(危険半円)ではないものの、この台風の速度は遅いのが特徴で、遅い台風は危険半円も可航半円も大差ないのです。

大分市内は北東から北の強風が続きます。今回ばかりは大分県南部と変わらないくらい、台風に注意すべきで、吹送流と気圧の低下などによる高潮にも警戒を要します。

台風に近くて風雨も強く、その状態が長く続くのでヤバイ台風なのです。

13日12時実況 (日本気象協会tenki.jpより)

13日11時の蒲江 波当津海水浴場

13日11時の深島

13日12時頃の米水津 横島

14日9時予想 (日本気象協会tenki.jpより)

15日9時予想 (日本気象協会tenki.jpより)


日本は関東近くまでの太平洋側でこれから大雨が降ります。最新情報チェックです!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨日の撮影は一瞬だけ来たコジュリンを写せなかった。

ひとつ前の撮影で4Kプリ連写を行い、通常の連写へ切り替える前にバッテリーを交換。そのままスタンバイして、コジュリンが来て撮影動作を行ったものだから、ピントが合うのに時間が掛り、コジュリンが飛び去って写せなかった。

今日の再挑戦は、ポイントを少し変え、タカさんと一緒に待っていましたが、さらに一名が来て3人でスタンバイ。やっと来た!ピント合った!シャッター押した!風が吹いた!ネットが一瞬レンズの前に来た!写っていた4枚の写真はネット被りになってしまった。

あれま~!!今日の撮影も一瞬だけ来たコジュリンを写せなかった。

仲間の二人はバッチリ撮影!今年のコジュリン撮影はこれにて終了です。

ネット被りのノヒメユリ(絶滅危惧ⅠB類)と、コジュリン(絶滅危惧Ⅱ類)

同じくセッカ、ネットが被らなければ綺麗ですね


近年最悪の台風10号に警戒を!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ノヒメユリもピークを過ぎ、花が落ち始めています。

タカさんと二人、7時前からネットの陰からコジュリンを待ちます。

セッカが煩雑にノヒメユリへ来てくれます。

コジュリンがやってきたのは7時を回ってから・・・

風が強く、ノヒメユリに止まっても上には登らず囀りもなし。

何度か来てくれましたが、滞在時間が短くいい絵が撮れません。

ノヒメユリは予想の蕾が開かず、明日の開花かも知れません。

風が強くなければ再度チャレンジになるかも??

ノヒメユリ・セッカ・手前にヒゴタイ

コジュリンです


なんとも恨めしい台風10号です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
13日から14日にかけて、ペルセウス流星群が極大を迎えます。

その時の撮影スポットに、この石橋も候補の一つでしたが・・

台風10号は、当初のコースより西寄りを北上する感じになっており・・

強い・大きい・動きが遅い・九州~四国に上陸?かなり怖い台風です!

流星を撮影するどころか、防災準備をしなければなりませんね。



星空の中に4機の人工衛星が見えます(薄いのが1機)ss6秒

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[08/23 七瀬川]
[08/19 新宿チヌサー]
[08/19 新宿チヌサー]
[08/15 カンダイな人]
[08/15 カンダイな人]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp