磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
大分市内で雪景色はそんなには撮れません。

冬の代表的な気圧配置は西高東低型、福岡から由布市までは雪が良く降ります。

この時には、大分市内は弱いフェーン現象となって雪が降り難いのですが・・・

今回の気圧配置は南岸低気圧、南に低く北に高い気圧配置が一時的に出現。

この低気圧に向かって南から暖湿空気、北から冷湿空気が流入。

二つの空気が混じり合って低気圧が発達、冷たい雨が太平洋岸の地域に降ります。

但し地表付近の温度が3℃以下であれば、雪や氷の結晶が雨に変わる事が無く・・

その結果、今回の様に標高300m以上の場所に雪が降り積もったのです。

いつもの場所、右から高崎山~鶴見岳~由布岳を写しました

鶴見岳のアップ

まゆみと雪

レッスン指導が終わって来た、雪を撮りたい御仁

青空に変り雪が解け始めます

まったり寛ぐキジバト、寒くないの??

元気印の雪だるま


今夜から再び西高東低の冬型気圧配置、よって粉雪が多くなります。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
城本君達と若戎丸で米水津釣行です。

7時出港~15時納竿で3人で降りた磯はサザエバエですが、私は過去に上礁の記憶が無い。米水津は9時20分頃が満潮でしたが、湾奥へ向かう潮は来ませんでした。

最初は撮影、その後“サザエのハナレ”を向いた方で竿を振りましたが無反応。城本君や日野君は他魚を交えながら本命のグレも2匹づつゲット。

表面水温を計ると13.5℃。沖の磯群は15℃台で推移していますが、流石に湾奥の潮は冷たい。満ち潮も下げ潮も、湾奥から外へ向かう流れが続き、今一の釣果?

昼頃から本命ポイント?を譲って頂き、近場と遠投を繰り返しましたが、竿を曲げたのはベラが1匹とハマフエフキの仔が2匹のみ。これらの魚が釣れると、これ以上深くは入れられないと判断しているので、本当にグレの活性は下がっている様です。

・・・長太バエから来る満ちの流れを釣りたかったサザエバエでした。


サザエバエは、三人でも楽に竿を振る事が出来ます

日野君、早朝の曲がりはイスズミでした

昼の曲がりはブダイが多かった

そんな中から本命をゲットするのはかなり難しい

城本君、ギンギンのヤリトリだったのですが・・・

こんな湾内に近い場所でもニザダイです

こちらも本命のグレは2匹ゲットでした

ライブウェルの美味しい使い方、御馳走様

私は本命ゲットならずハマフエフキです

・・・隣のネコバエではキロ級のグレが!

今回も若戎丸にお世話になりました


まったりと楽しく美味しいサザエバエの一日でした。ありがと!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
南岸低気圧が通過する早朝、山は雪か現地チェックすると残念ながら雨。

早朝の光吉は4℃、山は3℃となっていたので雨もやむを得ない。

光吉に戻り昼食を摂って休んでいると、霙が落ち始めました。

再度山に向かうと管理事務所辺りから積雪、いつもの場所でエサを与えると・・

降り積もった雪で小鳥達のエサ探しが大変だったのか、みんな直ぐに集まります。

午後の光吉は3℃、山は0℃で北風が寒気を連れて来た様です。

ガビチョウ、早朝のハゼの木ポイントは雨でした

ハゼの木ポイントが白く雪化粧するのは、1年に2~3回ほど

ヤマガラとシジュウカラ

ヤマガラ

シジュウカラ♂

ルリビタキ♀

コゲラ

アオジ♂

カワラヒワ♂

ルリビタキ♂

シロハラ♂

ミヤマホオジロ♂


夕刻にはこれらの雪はほとんど解けてしまいました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日の大分の日の出は7時15分。

米水津の小浦港を出港したのは7時前?

走って直ぐの“サザエバエ”で、日の出前の釣り準備。

朝マズメの一発を期待しましたが・・・

満ち潮なのに湾内からの流れが右から左。

残念ながら本命のアタリは朝マズメには出ませんでした。

でも、この様な景色を見る事が出来るのは、釣り人の特権ですね。

もう少しこちら側でウミネコが飛んで欲しかった

もう少し竿の曲がる魚が欲しかった

もう少し早めに船が通って欲しかった


・・・私にもグレが釣れて欲しかった。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ガチンコ勝負のカンダイ釣りは仕掛けも太い。パワーSPフカセ5~6号クラスの竿と、10号の道糸やハリス・15号クラスのハリ。この仕掛けで狙うサイズは、8~12㎏級の大人のカンダイです。

五島の磯で3日間?数多くのグレを釣って、大分で2日間の釣り予定でしたが・・低気圧が通過した水曜日は、“九重夢大吊橋”や“うみたまご”などの観光に変更。

天気が回復した18日の木曜日に、沖の一文字でカンダイにチャレンジしました。8時過ぎに出港~16時帰港の工程で9回のアタリに対して6枚の釣果でした。

私は撮影とレクチャー主体で、後半にチヌ仕掛けを四投してウキを無くして終了。海水温は10.6℃と、この時期としては高めで推移していました。

底の方では推定のフグとベラ、良く釣れたのはカサゴたちだけでした。

私の予想は9人で5~6回のアタリと読んでいたので予想以上の出来でした。但し、8㎏以上の大人のカンダイは2枚しか姿を現さなかったのが残念です。

フカセカンダイの基本的な釣りスタイルです

カンダイは数が少ないので、2人一組で30mおきにポイントを設定

先ずは7kg級のカンダイが口火を切りました

底を切るまではカンダイをバラし易い

一緒に寝たくなるのは大変良く分ります

犬走りの上でも掛けました。安全を期すとガチンコ勝負は少し控え目に

このサイズは小学生クラス

レクチャーで忙しいラムさん、今回は竿を振る時間が極端に少なかったけど

私もカンダイを持たせて頂きました

いつもお世話になっている大勝丸、ありがとうございました


昨日5人が香港へ、宇治群島で竿を出した3人と大分で筏釣り1人の釣果は如何に?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
フカセカンダイ釣りは、釣紀行の取材を受けた2003年の2月から始まりました。

当時は未だソーラス条約が無かったので、大分市内の5号地の岸壁が発祥の地。

2004年7月、ソーラス条約の批准の為、5号地の岸壁は立ち入り禁止となり・・

釣り場の主役は坂ノ市(さかのいち)沖の一文字波止群に変わってきました。

沖の一文字波止群は、縦一文字・沖一文字・横一文字・新波止・6号縦の5本。

波止群の総延長は4㎞を越える長さ、魚影の濃さから国内外から釣り人が訪れます。

フカセカンダイ釣りが注目される様になったのは、私が関係する企業のおかげ!

(株)がまかつ社・(株)釣研社・(株)ライトハウス出版・㈲つり太郎社などでした。

2006年、“つり太郎”がフカセカンダイ釣りの動画をネット配信

2007年、“がまかつ”からフカセ専用の剛竿“パワースペシャルフカセ”が登場。

2007年、“釣紀行”(ライトハウス出版)激禄フカセカンダイのDVDを発売。

2009年、“釣研”から“モンスターフカセ”というフカセウキも発売されました。

2010年、香港から初めてカンダイチャレンジに来たラムさんとユウさん・・

その友人達は毎年日本の釣りを体験しており、今回は9名の大所帯での挑戦でした。

今回私が予想したのは、9人で5~6回のアタリが出るかどうか?

結果は9回のアタリ、大人のカンダイ2匹・高校生クラス1匹・中学生クラス2匹・他。

天気に恵まれ予想以上の戦果・・・皆さん良く研究をしていました。

ヤリトリの釣りでは味わえないガチンコ勝負。体験すると釣技に幅が出ます。

一文字渡しで利用している大勝丸(だいしょうまる)(電話090-3075-7328)

通常はあずき色系が多いのですが、大分県のカンダイ大型ではピンク系が多い

アゴ比べ。通常は頭のコブが議論されますが、大型カンダイ程アゴが出ます

6枚中5枚をリリース。初めての挑戦者には食べる経験も必要です

この時期に、沖の一文字で終日竿を振れる天気は珍しい


もう少し続きます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
香港からカンダイ釣りに来てくれました。

一文字のカンダイは大小合わせて6枚ほど。

その内の1枚だけ持ち帰り、府内町の笑楽で料理して頂きました。

シャブシャブ用に薄切りした身は刺身でも美味しい。

シャブシャブはもちろん美味しくてアラ煮も美味しい。

11人で心地よい夕食を頂きました。御馳走様です。





大分の海とカンダイに感謝、仲間達と笑楽にも感謝の一日でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝は雨だったので準備をせずに天神へ・・

帰宅は20時過ぎで道具の準備をするものの、餌箱を実家の倉庫に置いたきり。

一人や二人なら何ともないのですが、やって来るのは香港から9名ほど。

皆がみんなカンダイ狙いをするとは限りませんが、アオイソメは木箱が良い。

仕方ないので実家の倉庫まで一っ走り、餌箱は7個くらいは準備出来ました。

あとはストリンガー・ブランチ・ロープなどなど、5~6匹は繋げるでしょう。

カンダイは元々数が少ないので、狙う釣り人が多くなると釣り難くなります。

一人のポイントにカンダイが3匹来てくれると、釣れる確率は上がります。

3人の釣り人が3ヶ所でポイントを作ると、3匹のカンダイが分れるからです。

・・・4~5人が竿を曲げてくれれば上出来でしょうね。

ラムさんのカンダイ釣りは安定しています

狙いのサイズは8㎏以上の大人のカンダイ


北西風が強くならない事を祈りつつ・・。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森、今日の鳴き声。

キィ~キョキョキョキョ・・・キョキョキョキョ

上空を飛びながら鳴いていました。この鳥なぁ~だ?

ピックィ~~イ・・・・ピックィ~~イ・・・ギヤァ

山の頂上付近から聞こえたこの鳥なぁ~んだ?

上はハイタカ、下はサシバの鳴き真似をしたカケス。

危険が近付くと、元気だった小鳥達は一斉に藪の中へ非難します。

猛禽類が居ない事を確認しつつ、餌場で翼を広げて採餌しています。

エナガ

ルリビタキ♀

メジロ


明日の天気はちょっと悪いですが・・・天神です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
“大自然と釣り”のフォトコンテストに応募していたら、ベスト45に紹介されていた。応募総数462枚中の45枚に入って、フィッシングショーで紹介されそうです。

平日の6時出港で、たまたま空いていた“地の観音”に上礁、天気が良いものの、四国に低い雲が掛かっていて、日の出を諦めていたのですがカメラを構えていました。

船付場から本命の上げ潮を狙っていた後藤さんが、雲の向こうから朝日が覗いた瞬間、“がま磯グレ競技SPⅢ”を曲げてくれたのです。

応募作品は連写で50枚近く撮った写真の中の一枚です。私のブログとFBにも一枚。そしてこの写真は“GFGだより”で紹介した一枚(これらはほぼ同じ写真です)。

大自然と釣りのフォトコンテストはこちらから



フィッシングショー、私は横浜・大阪には行きませんが福岡では参加予定です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
1月6日に確認して今日まで6日間のチェック。6分の2は姿未確認。

当初は♂♀で行動していましたが、近頃のチェックでは♀のみ視認しています。

それも数日前と今日は鳴き声のみの確認で、姿は未確認なので厳しい状況。

ススキ・セイタカアワダチソウ・イノコヅチの実を置いていますが・・

イノコヅチの実以外は、そんなに食べられた形跡はありません。

地面には粟・稗類を撒いていますが、餌付いたのはミヤホとアオジ。

暖かい地域ではそこそこに実があるので、ベニマシコは降りてこない?

エサの乏しくなる2月後半以降で餌付くかも知れませんが、期待薄かも?

この場所に毎年来てくれる様になれば良いのですが・・。

ベニマシコの♂若と♀、ジョウビタキの♀

手前ジョウビタキの♀、奥がベニマシコの♀

ベニマシコの♀、イノコヅチの実が好物みたいです

ベニマシコの♂若、まったりしています


私が確認している 場所は4ヶ所ですが、もう一ヶ所来ているらしい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
田中修司君が開催する釣り仲間の親睦大会です。

私もこの様な大会は開催した事が有りませんが、修ちゃんの人柄で釣り人が集います。今大会の参加者は135名だとか、猪熊博之君や田中貴君など顔ぶれも豪華。

抽選で一緒になったのはキザクラフィールドスタッフの八次秀樹さん。6番目に降り立った磯はイワシバエでした。この場所で竿を振るのは4・5年振りかな?

グレは少し沖目狙いで良く出ました。二人で10枚くらいはキープ?型は35㎝弱まで、コッパのリリースサイズは6~7枚くらい?大型は出ませんが二人で楽しめました。

海水温は15.8℃前後。磯際にはスズメダイの群れと、キタマクラ・カワハギ・ハコフグ・コッパグレなどがチラホラ。沖の方でもキタマクラが待っている感じ。

ウキからハリまでを2ヒロ弱にして多めのマキエ。ノーガンでゆっくりとサシエを落とし込み、ウキがなじんだら張りを少し入れて浅ダナを意識しながら流します。

一ヒロ強から二ヒロでグレが喰います。アタリは明確ですがハリ掛かりは浅い。1匹だけ3ヒロで喰いましたが、ほとんどのグレは浅いタナでウキが沈んだり糸が伸びました。

私の検量は3匹重量で2040gだったかな?ベスト10には届きませんでした。八次さん、今回は一緒に竿を出していただきありがとうございました。

裏方で頑張って頂いたスタッフや米水津渡船組合の方々、参加者の皆さんもお疲れ様。大変有意義な一日を過す事が出来ました。メーカーの枠を取り払ったこの大会、修ちゃんの人柄に魅かれた釣り人の和が、会を重ねる毎に広がっているのを実感です。

修ちゃんV2おめでとう、そしてありがとう(^^)

早朝の2投目、結果が出ると気合が入ります

沖のマキエを切って足元を狙うとブダイの♀
 
同じく磯際でのサンバソウ(小型イシダイ)

更に際狙いで美味しいカワハギの♂

八次さんもこっそり竿を曲げていました

30㎝級の美味しそうなグレ

表彰式、3匹で3㎏オーバーは2~3人だったかな?

私の近くにジャンケンに強い御仁が・・


天気の良い凪の大会。皆さんの笑声が米水津の港に響き渡った一日でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
冬の清滝は初めてです。

3日連続で寒い日が続き、今日の昼に気温が上がるので午前中の撮影。

清滝の氷柱は、どのくらい成長しているのでしょうか?

道中の国道や県道は四駆でなくても走れました。

清滝入口の道からは積雪、車の轍が無いので今日は私が一番乗り。

雪はそんなに多くはありません。10時の気温は-1℃でした。

滝の周りがもう少し凍っているか期待したけど、少し物足りない感じ。

大分県内ではこんなものかも知れませんね。

冬の清滝、寒かったけどやはり綺麗でした。

















氷柱が所々で落下しています。明日は少し小さくなっているかも?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大分市の朝の気温予想は-1.1℃、庭先での気温は-3.0℃、山は-5℃でした。

大分市の明日の最低気温は-2.1℃、竹田市の今朝は-2.8℃で明日は-4.2℃。

冷たい空気は10日から連続して続いており、交通障害もかなり発生しています。

氷柱や氷が生長しているものと判断、行けたら行ってみたい清滝です。

県民の森、雪は有りませんが・・

昨年5月の新緑での清滝

アオジの♂(右)とミヤマホオジロの♀、近くで一緒に食事は珍しい


この寒さは、日曜日早朝の放射冷却まで続きそうです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
“さえき大橋”ではありません。“さいき大橋”です。佐伯(さいき)と呼びます。

メーカーやクラブなどの各種釣り大会で、受付けや検量を行なう場所。

佐伯市池船の河川敷は“池船スポーツ公園”として、誰もが車で出入り出来ます。

この場所を占有使用する場合、予め許可を受けるシステムもあります。

今回のGFG大分の大会は、一時的に10数人が集まるので許可は受けません。

横に流れる川は番匠川、ボラ釣りやスズキ釣りなど出来ますが・・・

過去には大分県で唯一? アカメが釣れた川。

2008年には135㎝19㎏(日本一?)のタイリクスズキが釣れた事も有る川。

上流には昔ながらのシロウオ漁の漁場が有り、これから3月までの風物詩の川。

水面にはカモ類が沢山浮いていて、それぞれが潮の満ち干に応じて採餌。

結構のどかな風景が広がっているので、のんびりするには良い所です。

夕刻の佐伯大橋と水鳥たち

昼はこんな感じ

ヒドリガモ♂に集るオカヨシガモ♂ 「おい、こっちによこせ!」

ヒドリガモ♂と♂若

コトヒキをゲットしたカンムリカイツブリ


九州も今季一番の寒さ、皆さんご自愛ください。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[01/21 カンダイな人]
[01/20 名無し]
[01/19 カンダイな人]
[01/19 砂ぼうず。]
[01/18 名無し]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
24 25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp