磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6.
2か月前から予約していた横島一番と、長太バエに行っていました。

同行者はヒューマンアカデミー福岡校の6名の学生達。

東からのウネリで、横島一番は満潮前後で船付場が大波を受ける状況。

一部荷物が流されて、回収後に長太バエへと転戦。

流石にこの場所は沖の黒島と地の黒島が防波堤となり、大波は来ませんでした。

横島一番も釣れたものの、当番瀬の釣果には程遠い。

小型が多いものの、長太バエの方が全員安打の楽しい釣りになりました。

6時出港16時30分納竿の米水津は、帰港後から雨がパラパラ落ち始めました

日の出方向が北になっています

九州最東端の鶴御崎をバックに全員です

長太バエの方が盛んに竿が曲がりました

ヒラスズキ

カンダイ

狙いのグレ


皆さんお疲れ様でした。もう直ぐ帰着かな??
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
蒲江の丸二水産の伝馬船でカセ釣り。9時過ぎ出港15時30分納竿の行程。

今回は女性陣3名にアジを釣ってもらうべく計画をしたのですが・・・

対岸のイケスは、アジの良型がほぼ確実に出る場所として重宝していました。

今回マキエを打つと、カタクチイワシの群れが小さな粒子のマキエをかすめ取り・・

少し下には15㎝~20㎝のサバゴがサシエを横取り、アジは1匹のみで早々に退散。

次は沖の筏で型は落ちるものの、アジゴが釣れるので狙ったもののココもアウト。

沖のイケスへと移動し、13時頃からのエサやりを期待したものの船が来ない。

マキエをしながら水深25~30mのタナを狙ってマダイ・ヘダイ・ハタ類など。

カメラは雨に濡れるし、-Bのスーパーエキスパートは流されるし散々な一日。

いつもなら2ヒロ程度で23~28㎝のアジが入れ食い状態になるのですが・・・
いつもならエサやりの船が居る時には、大型魚が必ず釣れるのですが・・・

アジ・大型マダイ・ハマチなどに、振られっ放しの雨の半日となったのです。

船検が終わってからゆっくりと出港しました

なんじゃこりゃあ~① カタクチイワシ

なんじゃこりゃあ~② ち・ちだい

なんじゃこりゃあ~③ マダイよぉ~し

この後処置して、3人が分け合って持ち帰りました


みなさん、雨の中お疲れ様。こんな釣りも時には良いでしょう(^^)

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ヒューマンアカデミー福岡校で4年前に卒業した?楠田君、2ヶ月前からアポイントを頂いて坂ノ市 沖の一文字へ・・・7時出港~15時納竿の釣りを満喫です。

やはり昨日のマキエが効いていました。私が一投だけレクチャーした仕掛けはカンダイが喰わない様に、大きなフジツボに小さなカメノテが付いたエサを使ったのですが、これに喰ってきました。大きなフジツボが口内で邪魔になったのか?鈎掛かりが浅く15号のハリがポッキン。12㎏まで釣っていますが、15号のハリが折れたのは初めてです。

2投目から納竿までは楠田君の釣りを終始レクチャーして、合計7回ほど掛けて4㎏級・6㎏級・7.4㎏・8.7㎏のカンダイを取り込み、根ずれバラシ1回・根に張り着かれて出た後にハリス切れ1回・綱引き状態になって切れたのが1回、いずれも10号ハリスです。

バラシたのは9㎏オーバーなのかは分りませんが、かなり悔しがっていました。でも初挑戦でここまでやれるのは凄い。流石に海外で大物を釣ってきただけに、大物とのヤリトリは慣れている様です。ただしガチンコ勝負はまた違った面白さもありますね。

・・・リベンジに燃えて帰途についた可愛い教え子でした(^^)

エメラルドグリーンはカンダイの特徴、早く写さないと消失します

フカセカンダイは岸壁の際、エサを落とし込んでいくとアタリが良く出ます

ハンドドラグで糸を出しません

これも糸を出していません

同じくこれも・・・大物に慣れている証

これで大物と引き合うと、4000番のリールの足が折損します

カンダイの引きを追いかける。大物を獲るコツです

カメノテは3~5個の束を使用、ハリは1つのカメノテに掛けるとハリ掛りが良い

大物を釣った時のポーズはこれが絵になる

このカンダイが最大でした

全てのカンダイをリリースしてあげました


次のカンダイチャレンジは、12月に香港から来る予定です(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
明日はヒューマンアカデミーの教え子が、カンダイ釣りに来てくれます。

私がフカセカンダイを推奨するのは1月~3月で、近場の釣りがOFFになる時期。

でも、今年の7月から冬季以外の釣りとして“カメの手”を使って釣る様になり・・

エサ取りの多い時期でも、フカセカンダイ釣りを楽しめる様になりました。

この釣りの肝は、岸壁に付着したフジツボ・カメノテ・カラスガイなどのマキエ。

今回はそのマキエを少しずつ掻き落としながら、通常の釣りも少しだけやると・・

30cm級と25㎝級のサンバソウ(イシダイの小型)が竿を曲げてくれました。

今日のマキエが効いていると思うので、明日は剛竿をブチ曲げてくれるでしょう。

坂ノ市 沖の一文字  赤灯台付近はルアーマンでした

いつもお世話になる大勝丸(090-3075-7328)

30㎝オーバーのサンバソウ(今回は目的が違うのでリリースです)

北西風が強く、満潮時に沖からの波が足元を洗いました


明日の釣りが楽しみです(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
G杯グレは今から約40年程前に開催され、現在に至っています。

全国大会の参加者は2016年までは48名でしたが、昨年から36名に絞っています。

全国11会場から選ばれた予選通過者と、昨年のシード選手・推薦選手の合計が36名。

11会場の予選会の中に米水津Ⅰと米水津Ⅱがあり、土曜・日曜で開催されたのです。

九州の予選は、私が選手として参加していた時代はトーナメント方式の戦いでした。

現在はトーナメント方式が廃止となり、10年位前から一発大会で全国一律に統一。

全国大会では初日がリーグ戦で、二日目に残るとトーナメント戦を行います。

予選もトーナメント戦で選ぶと、高い技と運が必要なので良いとは思いますが・・

諸処の事情で一発大会もやむを得ない選択なのでしょうね。

リーグ戦やトーナメント戦を経験していない方は、全国大会で戸惑うのは必至。

これまでの予選は2名か3名で、釣り座を任意の時間で交替していましたが・・・

今回は1時間おきに釣り座を交替する、非常に忙しい釣りをルールに設けました。

出来るだけ公平な釣り座使用と、全国大会の忙しさを学んで頂きたかったのです。

そんな厳しい条件から勝ち上がった、6名の選手たちに敬意を表します。

“G杯グレ歴代優勝者”に名を連ねられる様、頑張ってください(^^)

G杯グレの歴代優勝者たちはこちら

4時からの受付、5時から1便2便に分けて出港~7時から13時まで戦い

今回は25㎝以上のグレ、5匹までの重量審査

二日間とも凪、沖磯よりも地磯周りで釣果があがっていました


G杯グレの全国大会は大分県の米水津で一ヶ月後に開催、今から楽しみです(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
10月27日28日から、11月3日4日に延期されたG杯グレの二つの予選が終了。

それぞれから上位3名、合計6名の方々が12月2日~4日、大分県米水津で・・・

全国の予選会場から選ばれた、選手やシード選手36名が集って開催される

“第37回G杯争奪全日本がま磯グレ選手権大会”に出場が決まりました。

上位3名の選手の皆様、おめでとうございます。

全国大会は初日がリーグ戦、二日目に残った方はトーナメント戦。

日ごろ鍛えた技を如何なく発揮して上位を目指して下さいませ(^^)


この二つの大会に参加した選手の総数は227名、その内221名が涙を呑みました。

クジ運・磯運・潮に恵まれず、敗退した選手たちも居るでしょう。

参加したくても参加出来なかった方々も居るでしょう。

来季に向けて努力を重ねて下さいね



無事に大会を終える事が出来ました。関係者各位のご協力に感謝です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
トップウェルネスの実技としての磯釣り実習です。

米水津の若戎丸に乗船したのが6時で一路鶴見半島側へ・・田ノ尻で16時30分まで竿を振りましたが、30~37㎝位までのグレは3人で10枚ほど。まだまだこれからですね。

エサ取りは少ない方で、ミナミスズメダイ・キタマクラなど。遠投するとミナミスズメダイは交せますがキタマクラが結構いるので、ハリを3本ほど切られてしまいました。

磯際を狙うと大型他魚に2回程切られたり、中々思うようには行きません。北西風はかなり強く、他の場所は釣り辛かった様ですが、この場所は回り込む風が来る態度。

東からのウネリも結構大きかった様ですが、この場所の波はそれほどでもない。天気が良かったのでお昼前後は爆睡してしまうほど。

やはり磯釣りは、全てにおいて癒される趣味の様です(^^)

米水津は海も空も青い!

上手くなっている三寶さん、この日は竿頭です

良く考えて釣るから目に見えて向上する

レギュラーサイズのグレ、これ以上のサイズも数枚キープ

後藤さんも魚を良く掛ける様になっています

小さいけどグレを釣る事に意義がある

強烈な引きに遭遇

2㎏オーバーのアオブダイでした

イトフエフキ

25㎝と28㎝のカサゴ


これから徐々にグレの釣果は上がって来るでしょうね。楽しみです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
本日は久しぶりの磯釣り、米水津の磯で楽しんできました。

まだ本調子ではないと思いますが、ボチボチ釣れます。

来週のG杯米水津予選Ⅰ・米水津予選Ⅱともに熱き戦いになるかも?

金曜日から土曜日にかけて、台風らしきものが小笠原の東方海上を北上。

土曜日・日曜日のG杯予選、影響が出なければ良いのですが心配です。

35㎝級のグレはボチボチでした

ウキと1.5号ハリスで釣った訳ではないですが、少しだけ土産ゲット

日曜日の釣行は色んな方々に出会えます(^^)


今日はこれまで、早目に休みます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
蒲江のマダイ。沖のイケスが元通りになっているか釣行です。

その前に湾内の潮の緩い場所でアジ釣りに専念。

結構釣れますが30㎝オーバーには届かず、23~25㎝級に終始したもののキープ。

数ヶ所ほど回ったものの、マダイにはたどり着かずサバも少々。

昼から沖のイケス周り。エサやりの船に挨拶して傍で釣らせてもらうと・・

強烈に引いた上がって来たのはジャスト3㎏のハマチ(ブリの小型)

この場所は深いので、-Bのウキを駆使してヘダイやチダイをゲット。

40m弱の水深で、25m~30mくらいのタナが最もアタリが良く出たタナ。

そして遂に大型マダイも登場、80㎝オーバーかな?6.4㎏でした。

-Bのウキ、小潮でゆっくり流れる潮ではかなり有効だと判断しました。

・・・イケスは未だ全てが元通りにはなっていませんでした。

この時はヘダイ、最初の引きは結構強くかなり粘ります

湾内でアジを狙った時のウキとハリ

小型ヘダイから中型まで4匹だったかな(秋は脂が乗って美味い)

今回のマダイは1枚ですが楽しめました(タモ枠45㎝)

美味しいサバは湾内で、足が速いので直ぐに処置

思わぬ釣果だったハマチ

今回は沖イケス用に飼料用コーンを茹でて1㎏弱混ぜました


沖イケスでのコーン使用は、深いタナにムギより効きやすいので有効と判断。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大分の夏場は、台風や前線のウネリで県南の磯へは行けない日が多い。

今回の釣り講座もそんなリスクを予想して、大分市内の一文字も視野に計画。

磯も楽しいですが、近場のチヌ釣りも結構楽しめるし練習にもなります。

チヌが釣れればベストですが、大型マダイが来てくれると更に良い。

でも今回は、湾向きも沖向きもかなりのアジゴが邪魔になったりして・・・

大バラシは一度も無い感じ。

でも皆さん思い思いの釣り方で楽しむ事が出来た様です。

今週木曜日に発売の、“週刊つり太郎”で紹介しています。


頭が・・・頭が~~

根掛かりか?



マダイの仔



2枚目!

カッコイイ二人

ポン友

快心の一枚

アレ??


今回の釣り教室も有意義な一日になっていた様です。皆さんお疲れ様(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
江藤君に続き、木村君のチヌ釣り講座の持ち時間は8時から9時30分。湾内のポイントで、江藤君より少し東寄りでマキエの準備から一連です。

複数の集魚剤を最初に混ぜ、オキアミを追加~良く練り込んで足で踏む。フカセ釣りのチヌ釣り先進地域は中国地方、その地域で学んできたノウハウを実践しています。

現在(株)釣研から発売している“!プログレスチヌ”は、彼のチヌ釣りで一番気にしている【サシエの安定】をサポートする様に作られており、ラインナップは遠投重視と二枚潮を攻略することも基本性能に組み込まれたウキです。

しかしながら下げ潮の動き始めの二枚潮はかなり厳しい。なんといっても比重に差があるマキエが一ヶ所に効き難いこと。それに加えアジゴの登場はサシエも限定的になってしまいます。結局講座時間内にはチヌがヒットしませんでした。

その後、全員の実釣タイムに入ると流石に竿を曲げましたが時すでに遅し!

江藤君のチヌ釣りは、マキエの量やサシエから、チヌ釣りを楽しむ釣り。木村君のチヌ釣りはトーナメントも意識したチヌ釣り。どちらも生かしたいチヌの攻略法でした。

彼のマキエ作りは入念です

以前のチヌ用マキエは、ここまでしませんでした

二枚潮の中からネリエにもアジゴ

チヌは優雅に竿を曲げると獲れる

晴れると絵になりやすいですね


WFGを3度も優勝しているので、グレ用のウキも早く出して欲しいですね(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
昨年G杯グレを制した江藤君、今回はチヌ釣り講座です。

台風25号が10月6日に朝鮮半島をかすめて日本海へ、県南はウネリが残り開催不能。その決断は木曜日で、米水津の横島一番・三番でのグレ釣りを変更しての一文字。

チヌ用のマキエ作りは、あまり粘りを出さずに完成。サシエはオキアミ生主体と言っていました。PEラインの使い手で、G杯グレでの道糸もPEラインの0.6号でした。

比重は水1.00・海水1.03・普通のPEライン0.98・ナイロン1.13~1.14・カーボン1.78くらいですが、釣研のフカセ用のPEラインは1.40になっているそうな。

仕掛けの投入後に何もしなければPEラインは浮いているけど、穂先を使ってラインを水の中に入れてあげると表面直下で浮遊するとか・・・これならいいじゃん(^^)

満潮が6時40分頃だったので、実釣時点では潮は止まった状態ですが、少しずつ動き始めて仕掛けにガン玉を追加した一投にチヌが来てくれました。

マキエ作りから仕掛け作り、そして実釣までの時間は合計1時間30分でしたが、講義中に竿を曲げて説明などの一連は、上手くいかない事が多いのですがバッチリでした。

マキエ作りは自分に合ったものを・・

PEラインを使った仕掛けに質問も多発

内向きで実釣開始

しばらくして良いアタリ

講師冥利に尽きます。みんな感心していました


曰く、グレもチヌもマキエの同調が大事、チヌはマキエの外でも喰うけど・・と。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
本日横一文字で開催しました。受講者9名・講師2名スタッフ3名の14名。

講師は北九州から、昨年のG杯グレで優勝した江藤憲幸君。

もう一人は今年のWFGで3度目の覇を勝ちとった、クラブ員の木村真也君。

台風25号が来なければ、米水津の横島一番・三番でグレ釣りでの開催だったけど・・

磯の開催が不可な時に組んでいた、坂ノ市一文字波止群に変更しての開催。

天気は良かった。風も弱かった。海のコンディションはどちらかと言うと悪い。

大分川・大野川の増水後のゴミの漂流・上層の濁り・大きな二枚潮など・・。

でも有意義な一日でした。なんと講師二人はPEラインでのチヌ釣り。

私はかなり遅れを取っているのかもしれません。

今日の報告はこれまで、後日もう少し書いて行こうと思っています

終了後の記念撮影は露出オーバーでした

江藤講師の仕掛け作り・・

講義中のチヌヒット

木村講師のマキエ作り

講義後のチヌヒット


皆さんお疲れ様。ありがとうございました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
金曜日か土曜日に食材調達を考えていましたが、台風25号め!!
明日からから風雨が強くなるので、少し早いけどマダイに挑戦です。

湾内にはウネリの大きな沖から避難してきたイケスで一杯。許可されたイケスで竿を振りますが、許可を受けた水産会社の船が着くイケスを確認し、3ヶ所で竿を出しました。

ムキミで狙うとアジが多く、釣れるのは24~25㎝ほど。仕方なく白エビの一匹掛けで狙っていると本命のアタリ。残念ながら70㎝に満たない中型のマダイでした。

場所交代後の午後、再び戻った対岸のイケス、今度は一匹掛けの白エビに良く引く魚がヒット。マダイではない、チヌでもない、ボラでもない。スピードはあるものの、重量感は無く、バリの様にガタガタ引く感じが手元に伝わってきます。

その魚はシマアジ。湾内でこれだけのシマアジは初めてです。沖のイケスなら何度も釣っているのですが、ビックリ仰天の高級魚も食材として確保出来ました。

クーラーで潮氷水に浸け、熟成させて8日に頂きます。

雨の予報でしたが14時過ぎまで落ちませんでした

ムキミがダメな時には一匹掛けで狙います

片手に竿、片手にカメラ、コンデジのレンズカバーが全開してなかった

タモ枠が45㎝、マダイは70㎝弱? 4㎏は無いでしょうね

1.2㎏くらいかな?中々のシマアジです


本日50匹のアユも頂いています。鳥見会参加は現在35名ほど、お楽しみに(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
香港の兪さん夫婦と同級生の投さんの3人、全員安打のカンダイ釣りは大成功。

特に投さんはキス釣りが専門でレギュラーサイズは15㎝級だとか?
前日までのヘダイでも興奮したと思いますが、今回の8㎏級2枚にはビックリでしょう。
カンダイ初挑戦なのに、5回の竿曲げで4匹の取り込みはお見事の一言。

カンダイ釣りではめったに竿を振らない奥様も、たまに竿を振って3回?掛けて3㎏級だけどゲットです。いつも食事の手配をして頂いたり、支払いなどの一切を仕切って私達に負担をかけない心配りなど・・・やはりこの様な人には神様がご褒美をくれますね。

特記は兪さん。これまでのカンダイ釣りやマダイ釣りで必ず結果を出していたのに、今回は根に潜られて、上がって来たのは鱗1枚だったり、鈎外れで3回?もバラシてしまったり。最後にやっと8㎏級が出てくれて満面の笑顔となったのです。

兪さんの鈎外れの原因が分りました。カメノテは3~4本の束でハリに掛けますが、その内の1本のカメノテに鈎をかければ良い所、分割して2本のカメノテに鈎を通していました。合わせた時、1本のカメノテだと鈎が掛かりやすいけど、カメノテ2本にハリを通すと鈎掛かりが浅くなってしまうのです。最後の1匹は、カメノテの束で1本掛けでした。

今回も色んなドラマが生まれたカンダイ釣りでした(^^)

8時34分  通常のマキエ作り開始

9時35分  最初のヒット

9時39分  7㎏級の高校生クラス

10時36分  このあとバラシ

11時23分  2匹目はジャスト8㎏

11時47分  3匹目は5~6㎏級でした

12時07分  2匹目だったかな? バラシ 

12時23分  奥様にも

13時23分  カンダイ初ゲット(^^)

13時33分  3匹目のヤリトリ

13時46分  根に潜られての持久戦

13時54分  上がって来たのは鱗1枚

14時03分  4匹目のヤリトリ

14時05分  75㎝は8㎏級の大人

14時06分  なかなか良い感じ

14時07分  ポーズが決まっている

14時27分  手伝いの金馬ちゃん、ちょこっとヘチ釣りで47㎝チヌ

14時42分  今回は鈎外れのバラシ多発・・面目ない(@_@;)

7月20日  カメノテは束でも鈎は1本だけに掛ける

15時05分  最後のヤリトリ

15時06分  起死回生の1匹

16時03分  大勝丸(090-3075-7328)にはいつもお世話になっています


香港の皆様、好きな写真を持ち帰って下さいね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[11/14 カンダイな人]
[11/13 taka]
[11/10 カンダイな人]
[11/10 への河童]
[10/24 カンダイな人]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
3
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp