磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12.
2月2日に県民の森で撮影したアオジに足環が着いていました。

その後7日まで粘って足環の文字を撮影し、バードリサーチへ送りました。

バードリサーチから山階鳥類研究所を紹介して頂き、写真をそちらにも届け・・

本日解答が得られました。

    足環番号:2AG-21610
      種名:アオジ 性別:オス 年齢:幼鳥
     放鳥日:2014.9.28
     放鳥地:北海道枝幸郡浜頓別町
     放鳥者:小西○○氏
      ※この個体の回収は初めてです

アオジはポピュラーな冬鳥で数は多いのですが、2014年に足環が取り付けられた幼鳥が、3年も樺太辺りと日本を行き来して、立派な成鳥となって大分の県民の森で撮影されたのです。小鳥の幼鳥が、幼羽から第一回冬羽に換わる事が出来る確率は、私の経験からの推測で25%くらいです。その後3年間も生き抜き、今年の初夏で4歳!(^^)!

それを撮影出来た事は奇跡に近い、標識を取り付けた人も嬉しいでしょうね。

バードリサーチのブログ

山階鳥類研究所



・・・研究の一助になれて光栄です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
3人で米水津へ、7時の出港でしたが“沖のサクバエ”が空いていて上礁。

昨日からの寒波の影響で、鳥栖ジャンクション付近は降雪で通行止め。

他にも交通規制が出ていた様で、県外組の米水津入りが減ったみたいです。

潮に浮いて見えていたグレを、1ヒロで1投目と2投目でそれぞれゲット。

後は厳しい釣りになりましたが、3人で10匹ほどのグレを釣る事が出来ました。

圧巻は5~6㎏は有ろうかという青物をかけて、50~60mほど走られてバラシたこと。

グレのタナは一番深かった時で7mくらい。後は2~3ヒロのタナでのアタリです。

西風が意外と吹きましたが、釣り辛いほどではありません。

3回程ボウズが続いていましたが、一応脱出できて一安心。

朝はこのくらいの時間に磯へ上がるのが、一日釣っても疲れません

ホウライヒメジでしょう

小型のカンダイ

三寶さんの竿曲げ

このクラスが多かった

後藤さんが採った、ジンガサ入りの暖かい豚汁など

ポツンポツンと釣れました

40㎝弱まで、数匹キープ後リリースです


今期は日ムラ場所ムラが激しく、安定した釣果が少ないのが米水津の特徴です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
戸畑へ支部長・事務局・青年部部長の3人で行ってきました。

11時から13時まで支部長会議~昼食後14時から16時まで総会です。

いつもの様に九州地区本部の各報告と検討事項。

各支部からの活動報告と今年の活動計画など・・・

今年度の九州地区は役員の改選時期で、高園知明地区本部長が就任。

新執行部体制でスタートしました。

それが終わると年間大物賞の表彰式と抽選会など滞りなく終了です。

大分県支部は久保平青年部部長が新しく役員就任。

2018年も無理をせず、粛々とサポートさせて頂きます。

支部長会議の後の総会風景

大分県支部からは、宿利会員がマダイの年間大物賞です

30㎝のキスで年間大物賞・・井上君

抽選会やジャンケン大会は盛り上がります

記念撮影など


支部長会議・総会に出席した皆様、ご苦労様でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
2017年のシマノジャパンカップでV2を成し遂げた修ちゃん。

本日、佐伯市のホテル金水苑で祝勝会が開催されました。

光栄にも、トーナメントクラブのリーダーとして祝辞を述べさせて頂きました。

義に生きる男の地道な努力と、ご家族の支えがあってのV2であること。

トーナメントで九州が強くなった背景に“めじな塾”の活動があったこと。

トーナメントで大分が強くなった一因に“トーナメントクラブ”の活動があること。

【流水の清濁はその源に有り】(貞観政要)

清らかな源とは修ちゃんであり、その源に集まっている人達も清らかであること。

・・・こんな話でした。

まだまだ活躍する事間違いなし。本当におめでとうございます。

修ちゃんの人柄にピッタリです

沢山の祝いと協賛品など

孫たちからの花束贈呈には感動しました

DVD放映や・・

スターが40秒スピーチ

長い付き合いの財ちゃんも

100名を超える人達?

燃えたジャンケン大会

シード敗れる

お礼の挨拶

銘技会の胴上げ

皆様たちと・・


“継続は力なり”修ちゃんのV2達成に感じた言葉。まだまだ大分はやります!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今朝の県民の森。7時過ぎからポツポツと雨が落ち始めています。

仕入れていた、セイタカアワダチソウ・ハゼの実などをハゼの木ポイントに置きます。

鳥見仲間と合流して、もう一つのエサ場である坊主山へと御案内。

ルリビタキのオス、1年物?、2~3年物、4年物などを撮影して頂きました。

綺麗なメスの4年物がこの場所に1羽居ますが、♂若と見間違わない様に!

その後次々と仲間が来て、おまけに霧が立ち込めたのでポイントを譲ります。

御案内の仲間と別れたのが10時40分頃、私はハゼの木で11時まで撮影。

写真はポツポツ雨の中、20分で撮影した小鳥達です。

朝一、エサを置いた時に新たに設置した止まり木。ミヤマホオジロ♀

次はシジュウカラの♂も止まってくれました

そして、この止まり木に止まって欲しかったルリビタキの♂が早くも・・(^^)

ルリビタキの♂、どちらのポイントにも4年以上生き抜いている猛者が1羽ずつ!


今朝覗いた2ヶ所のポイントを合せると、ルリビタキの♂5羽と♀4羽が来ています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
日本最小の小鳥がキクイタダキ、重さは5g前後=1円玉5枚分の重さ。

ネットだったと思いますが、カマキリに捕えられていたのを思い出します。

余談ですが、私が子供の頃には大きなクモの巣にスズメが掛かっていた事も・・

キクイタダキは大分の祖母山・傾山などは、漂鳥として一年中生活しています。

大分市内などは、冬鳥として本州や四国からやって来て過ごします。

今年のキクイタダキは来県が少ない感じで、なかなか出会いが有りませんでした。

清滝を写して下山途中で出会ったのが、1羽のオスのキクイタダキです。

きお~つけぇ~~~!! 

・・・と言いたくなる程動き回る忙しい小鳥です(^^)





 



寒い中、お見送りありがとね!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
2月4日から8日の今日まで、折からの寒波で気温は低めで推移していました。

竹田市の最低気温は-4~-7℃くらい、最高気温は1℃~4℃くらいで今日は7℃。

このくらい気温の低い状態が続かないと、氷柱は生長してくれません。

清滝に到着すると熊本からの先客が一人、本格的な撮影をしていました。

挨拶を交し、他の滝の情報交換などをしながら撮影です。

今回の私の目的は氷柱と虹のコラボだったので、1時間30分ほどの滞在でした。

清滝の氷柱は、今期これが最大かもしれませんが私なりに納得です。

上4枚下2枚のいつもの服装ですが、手がかじかむ程度で寒くはありません。

駐車場到着時には-4℃でしたが、撮影が終了して戻った時には0℃でした。

見ている虹は良く見えますが写すと見えにくい

滝の大きさが分る様に、私も一緒に写りました

虹が綺麗に写りました。iso200 f4.5 ss1/100


時折氷柱が落下しています。大きな氷柱の下には行きませんでした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
3月上旬に訪問予定の台湾、東部の花蓮縣でM-6 クラスの大地震が発生。

行方不明者百数人!?甚大な被害が明らかになりつつありますが、今後の復旧活動が安全に進み、多くの方々の生命が助かる事を、日本からお祈りいたしております。

このブログは釣研FGの馬支部長を始め、多くの台湾在住の仲間達が閲覧してくれています。皆様や、関係先に大きな被害が及んでいない事を願っています。

不幸にも現時点で数名の尊い命が奪われました。ご冥福をお祈りいたしますと共に、被災された多くの皆さんが立ち直り、平穏な日常生活に戻れることを祈っています。





環太平洋地域は地震が多い、地震に対する十分な予防措置は必要ですね。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
アトリという小鳥は、比較的標高が低い県民の森ではあまり見かけない小鳥です。

彼らが好むのは、標高500~1000m付近の里山辺りが多いみたいです。

但し、気温の低い九州北部地方以北では、平地の田園でも見られる感じ。

この写真は久住から竹田市への道沿いを通過中、田んぼで採餌して飛び立つ場面。

群れの数は推定200羽前後?これだけの胃袋を満たすには相当量の落ち穂が必要。

田んぼや畑などが多い里山暮らしで、人間活動を上手く利用しているのでしょう。









アトリも又、冬を代表する可愛い小鳥と言えるでしょうね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
4日の大会は、なんとグレ坊主。

遠投でベラが2匹釣れましたが、道糸がゆっくり走った時はグレのアタリかと思いました。後は磯際を丁寧に探りましたが、水深が10m有る無しのポイントでは、打つ手は必然的に限られてしまいます。時間稼ぎに休んだり雪を写したり・・。

キタマクラやハコフグは見えませんが、表面付近にはトウゴロウイワシが多めに居るので、3~4杯のマキエと同調させるとサシエは無くなります。サシエを底付近まで到達させるには、散らし打ちマキエを7杯位投入し、少し大き目のサシエを使うと届きます。

そんな釣り方に反応してくれたのが、3匹のカンダイとカワハギ・アイゴ・イシダイなどでした。そんな中、永田さんが小型のグレを釣ったので一気にボルテージは上がったものの、その後は空振りの連続でギブアップの時間を迎えたのです。

30人近くの参加でグレの検量者は半数くらいでした。先週の“千畳敷”での水温は13℃、この日の“金山”での水温は、2回測って2回とも12.5℃の表面温度でした。

規定サイズはありそうなベラ

結構大きなバリ(アイゴ)

カンダイ(コブダイ)

イシダイ

唯一釣れた小型グレに苦笑い

上位3人です

表彰式~ジャンケン大会なども・・


参加者・関係者の皆さん大変お世話になりました。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今朝、非常に寒い朝でした。

自宅の庭を出る時には-2℃でしたが、山は-5℃でした。

もう2月5日、昨日の立春をあっと言う間に過ぎています。

2月2日に撮影していたフキノトウをアップです。

2日の朝日

この場所は肥沃でフキノトウも早く出ます

合計4本ほど顔を覗かせています


インフル大流行、この一週間が今期もっとも寒い様です。ご自愛を!!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
釣りまんファングループの大会に参加していました。7時出港14時納竿の大会は、抽選で7組目の瀬上りで、相方は福岡グレ競友会の永田さん。

二人で上がった磯は“金山”(かなやま)。磯が混んでいる時に使う程度の場所で、準備していると雪がチラつき始め、釣り始める頃には勢いを増しています。

米水津には釣りで40年以上通い続けて、7時頃から10時頃まで振り続いた雪は初めてかも知れません。15~16年前に佐伯市内で釣りTVの生放送中、かなり降った雪と寒さを経験していますが、今回はそれ以上の雪と寒さで手がかじかんでしまいます。

10時頃の気温を測ると4.6℃、米水津より2~3℃ほど気温が低い大分市内は2度前後?大分市内より更に2度前後低い福岡市は0℃前後だったかも?西高東低で雪が降るのは、筑紫山地や九州山地以西に沢山降って、東へ行くほど雪雲は薄くなります。

更に大分県の由布・久住で雪が落ちるので、大分市・津久見市・佐伯市での雪は落ちる事が少ないのが特徴。その少ない雪が佐伯市南部の、米水津や蒲江に降る確率は非常に少ないのが通常なのですが、今回の雪雲はかなり厚かったと推測します。

おかげで雪と魚のコラボが撮れました。

帰港後、フアングループの皆と・・

これだけ雪が写り込む、米水津の磯は貴重です

結構吹雪いているけど、休まずに一匹を狙う永田さん

カンダイやベラの時も降っていましたが、カワハギが撮影に適しています


厳しい釣果と雪、思い出に残る一日となりました。皆さんお世話になりました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ヒレンジャク狙いで、南阿蘇ビジターセンターまで行っていました。

ヒレンジャクには会えませんでしたが、ハシブトガラス・スズメ・ヒヨドリ・イカル・コゲラ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・キクイタダキ・アオジ・ミヤマホオジロ・アトリ・ジョウビタキ・シロハラ達は確認出来たのです。

帰途は阿蘇青少年交流村~産山村の高原~コジュリンポイントなどをチェック。結構雪が残っていて、ヒゴタイ公園付近は30㎝以上の積雪がそのまま残っており、一部に通行止めの箇所も有りましたが、久住高原のポイントも覗いて帰途につきました。

7時から17時過ぎまで、あっという間の土曜日が終了です。

阿蘇と南阿蘇を結ぶ265号線より

コゲラ

スズメ

ハシブトガラス

265号線から山に入った100㎏級の大猪

産山の高原を歩く70㎏級?の猪を道案内する小鳥

久住のアトリ・・・何羽居る?


ヒレンジャクは又の機会に挑戦しましょう!(^^)!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
約一週間ほどの寒波は西高東低の気圧配置が中心で・・・

30日の後半から31日は南岸低気圧が通って、湿った雪がかなり降りました。

1日から再び西高東低の冬型気圧配置、竹田市は毎朝-2℃から-5℃が続き・・

お昼の最高気温は5℃前後が多く、ここ一週間6℃以上は僅かな日数でした。

1月13日での撮影は、西高東低型の乾いた雪と低温が4日ほど続いての訪問でした。

今朝は9時過ぎに到着し、雪がかなり残っていて期待したのですが・・・

前回より滝周辺は凍っていません。でも、隣の氷柱は少し成長しています。

これからは推定ですが・・・

31日の午後から降った雪が解け始め、水量が増したのが滝の氷を溶かした?

滝を落ちる水量が増えていたので、この様な結論を出したのですが・・・

南岸低気圧がもたらす雪は、滝が凍るには不適かもしれませんね。

誰も来ていない入口の駐車場

2月2日、今日写した横の氷柱

1月13日の同じ氷柱は少し小さい

2月2日、今日の滝は水量が多く、前回より凍っていません

1月13日の滝の方が見ごたえがありました


大分の滝でもろに凍るのは、一時間以上歩いて行く宇目の観音滝かな?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
先日、コショウノキの花を見たついでに大分サンショウウオを探してみました。

師匠が案内してくれた4ヶ所を廻って、成体が居た場所は1ヶ所だけでした。

久し振りのご対面も有りましたが、他の場所は産み付けられたドーナツ状の卵だけ。

写真を見ていて思ったけど、私が子供の頃に裏山で見ていたサンショウウオは・・

この写真に登場する様な個体ではなくて、グレーっぽくて斑模様があった様な?

その場所は野津原の廻栖野地区、山からの清水が少しだけ湧いている砂礫でした。

今回の生息場所などとは明らかに違っていたので、子供の頃のは別種を見ていた?

少し小さく細かった記憶・・・今度行ってみようと思っています。

大分サンショウウオ、チョッと外の世界に出て頂きました

卵と成体

浅い場所の卵

元の場所にお帰り頂きました


農薬や開発の影響がない場所には、珍しいサンショウウオが居るかもです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[04/26 カンダイな人]
[04/25 大分ナシカ]
[04/21 カンダイな人]
[04/21 大分ナシカ]
[04/20 カンダイな人]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
27 28
29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp