磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10.
一昨日黒岳登山を断念し、周辺を散策した時の写真です。

大分のリアス式海岸の景観もさることながら、内陸部の景観も絵になります。

でも景色としての写真撮影が今一歩の私は、見えない・・・よって写せない。

耳は鳥の鳴き声や囀りに神経が研ぎ澄まされていますが・・・

目の方は花達に向いているものの、知らない山野草ばかりで的を得ない。

香りで色んな植物が解る人たちも居ますが、私は香りを嗅ぐのが苦手です。

五感をフルに活用しながら自然を楽しみたいものです。

新緑は押えた。あとは紅葉と極寒の滝氷柱かな?

イチリンソウが近くに咲いています

ミズバショウは、白水鉱泉の水汲み場奥に植えられています

黒岳登山道に咲いていたエンレイソウ

同じ登山道のメギ

同じくヤマシャクヤク


明日明後日は予定通り行動出来そうです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
九州地方の気圧配置は昨日と同様に高気圧の後面です。この気圧配置では南東からの湿った空気が流入するので、大分県や宮崎県には大雨をもたらしてしまうのです。

昨日からの黒岳一泊登山は中止が正解。傾山では3人が一時道に迷い、本日救助隊が発見し無事下山しました。今日の黒岳では、頂上の高塚山付近で学生が体調不良を起こし、現在救助活動開始の一報が18時30分のニュースで流れました。

黒岳登山中止の私は、雨の中を早朝から県民の森に足を運びましたが、雨はお昼頃まで降り続ていたので、車中から野鳥たちの鳴き声チェックを行いました。

大物が来ています!

ヤマガラハウスの後ろ、コマドリが3日間鳴いた場所でコルリが囀りました。塚野山入口の橋を渡った直ぐ左の谷でもコルリが囀りました。どちらも姿は未確認ですが、大分は本州や四国に渡るコルリが通過するだけなので、大物と言えるでしょう。

確認した野鳥たちは、ヒヨドリ・メジロ・エナガ・シジュウカラ・ヤマガラ・ホオジロ・ウグイス・カワラヒワ・Rサンショウクイ・カケス・キジバト・アオバト・コジュケイ・ヤマドリ・ハシブトガラス・コゲラ・アオゲラ・トビ・ツバメ・コシアカツバメ・コサメビタキ・オオルリ・コルリ・キビタキ・クロツグミ・ツツドリ・センダイムシクイ・エゾムシクイ・サンコウチョウ・ガビチョウ・ソウシチョウなど。

ガビチョウがヤイロチョウの鳴き真似を何回か繰り返し、危うく騙されるところでした。この付近のガビチョウは、サンコウチョウ・アカショウビン・クロツグミの鳴き真似もします。近くのカケスはサシバの鳴き真似をします。皆さん騙されないで下さい(^^)/

藤の花やニシキウツギが各所で咲き始めています。エビネはほぼ満開。キンランは数日後に開花しそうです。撮影出来たのはお昼過ぎからの約1時間でした。

好きなエビネ、薄紫色の株です
 
こちらは黄色っぽい色の株

毎年\沢山の花芽を出す株、山に自生しているとは思えないほどです

ニシキウツギ

ヤマフジ

キンランの蕾


明日・明後日の早朝までは、良くない天気が続く予定です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日・明日は鳥友と一緒に、年に一度の黒岳一泊登山の予定でしたが荒天のために中止、黒岳登山道の“かくし水”まで行って引き返しました。

早朝から雨が落ちていて上昇気流が山々を覆っていますが、流石に連休の黒岳は日帰りの登山客や観光客の人々が多い。“かくし水”は登山者の水補給場でもあり、この付近の野鳥たちの水場でもあるのです。

傍に切り倒した大木が横たわっており、その木に小さな小鳥がせっせせっせと家造り。観光客や登山客が次々とやって来ますが、彼は仕事の手を休めません。

人から2~3mくらい離れていれば家造りに専念しています。おかげで彼の仕事ぶりをつぶさに観察することも出来たのです。時々大きな声で囀るのも愛らしい。

今日の野鳥たちは、ミソサザイ・オオルリ・キビタキ・クロツグミ・ツツドリ・ジュウイチ・センダイムシクイ・アオバト・キジバト・オオアカゲラ・アオゲラ・トラツグミ・コゲラ・ゴジュウカラ・シジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・エナガ・メジロ・ホオジロ・イカル・キセキレイ・カワガラス・ハシボソガラス・ウグイス・ヒヨドリ・ソウシチョウ・ガビチョウなど。

ミソサザイが巣材の苔を収穫

せっせと運びます

自宅の建設現場へ

自宅は作っても作ってもその場から壊れ落ちてしまいます

苔を咥えて囀るので落としました

本格的に・・

自宅近くでも囀ります


黒岳の頂上で星空撮影の予定でしたが、ブログアップに変更です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大分川沿いで見つけたノゴマは、一日で抜けてしまったけど・・・

今日は愛媛からの鳥友を案内し、色々と撮影してみました。

セッカ

モズ

ガビチョウ

キジ

ホオジロ

ヒバリ

オオヨシキリ

ホオアカ


・・・もう直ぐバードウィークがやって来ます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
3月後半から5月にかけて、大分市内では川沿いの田畑でキジを見掛けます。

河川敷の草原や田んぼや畑などで、早朝にカラスみたいな鳥が1羽居たらキジ?

メスは抱卵中が多くて見つける事は困難ですが、♂は非常に見つけやすい。

ケーン・ケン・・・と鳴く時には必ずホロ打ちを行ないます。

ヤマドリも同じ様にホロ打ちを行ないますが、鳴く事は殆どありません。

ホロ打ちに合せ、SSを上げる為に露出アンダーで黒潰れです














キジは大きく、鳴き声も通るので直ぐに見つけられますね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
連休初日の29日は、宇佐の和間海岸で貝掘り。

今回は少ない7人のみ。その内の二人は初貝掘りでアサリとマテガイに挑戦です。

連休で漁協がアサリを放流していると思ったのですが、そうは問屋が卸さない。

14時30分から16時前までの約1時間30分で、アサリはザルの半分くらいの収穫。

次は沖へ移動して、天然のマテガイ掘りです。

数ヶ所ほど試し掘りをやって、マテガイの集合住宅地を見つけました。

後は砂を掻いて塩を入れたら、出てくるマテガイを捕獲するのみ。

16時過ぎから17時過ぎまでの1時間強で、7~8㎏の収穫でした。

アサリは個人でも良いのですが、マテガイは団体戦での役割分担が大切です。

海岸の松林で腹ごしらえをして、潮が引くのを待ちます

遠浅の海へ続く道をひたすら歩きます

先ずは初心者二人のアサリ掘り

これだけですが、貝掘りは楽しいです

マテガイ掘りは集団を見つけるのがキモです

出てくるのを待って素早く掴み、あとはゆっくりと引き抜けばよい

収穫結果を写し忘れました


今年の潮は月に一回ほどですが、7月までの土・日曜日に大きな干潮があります。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日は貝掘りの日程だったので、軽く大分川沿いを覗きました。

乙津川のノゴマは未だ滞在しているので、近場にも居ないか早朝チェック。

朝日の撮影後、直ぐにノゴマの囀りが聞こえてきました。

でも8時過ぎまで、藪の中で一回だけ姿を確認しただけで終了。

大分は通過するだけ、おまけに藪の中を好むので撮影には難しい小鳥です。


早朝の大分市内の日の出

これでノゴマの証拠が撮れました



21時40分頃の三日月


早朝チェックは明日も実施予定です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
宇曽山のオオルリです。

春は色んな緑が有りますが、今回は緑の中から赤い色を選び出しました。

秋は赤い色が多いので苦労しませんが、春の赤色は限られています。

この場所にはアカメガシワが至る所に有るので、写真の色付けに利用できます。

フレンドリーなオオルリが近くで囀ってくれるので絵を作りやすい。

カメラの先にアカメガシワ、その先にオオルリ。こんな感じでの撮影

フレンドリーなオオルリ、手前はアカメガシワ

桜で・・右には藤の花が咲き始めています

少し遠いけど色が付くと良い感じ

彼がお気に入りの枝はクマノミズキ

枝葉の間から

私のお気に入り、左右を反転させました


・・・仲間たちが写せることを祈っています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
いよいよゴールデンウィーク。大分県の由布市は、由布院ICで信号待ち為のために渋滞します。今年は少し解消されるのでこの場でお教えいたします。

北九州・本州・四国・宮崎方面から、東九州道を通って由布院ICへ向かうETC車載器の方。手前の由布岳PAのスマートICで降りると良い。

①.ETCゲート通過後、左折で由布市の中心部にある信号機に着きます。

②.ETCゲート通過後、右折~道なり直進から高速道路の下を通過する小道を右折、直ぐにT字路に出て右折~しばらく進むとT字路に出るので右折。そのまま直進していると、景色の良い場所を眺めながら由布院に到着します。

近いのは①の方ですが、信号機で混雑すると思われます。ETCゲート通過後のナビがほとんど①を案内するからです。連休以外であれば①で良いですが・・?

①は由布岳を西回りで由布院へ、②は由布岳を東回りで由布院へ行けるのです。

昨年の夏か秋に、由布岳PAスマートが出来たので活用できます。

注・・・福岡市方面からの皆様は、一つ手前の九重ICで降りたり、由布院ICで降りたり、従来の方法と変わりありません。

東九州道から日出JTなどを経て、大分道を福岡方面に向かうと有ります

ETCゲートを抜けるとT字路。左折・右折とも行けます

①T字路を左折して道なり直進で、由布院の信号機に出ます

②T字路を右折して道なり直進で、高速道の下に出ると高速道をくぐります

②直ぐにT字路に出るので右折(最初の1㎞くらいは道が狭い)

②しばらく進むとT字路に出るので右折、あとは直進で由布院です


皆さん、トラブルのない楽しいGWを過して下さいませ。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
自然が沢山残る由布などで、この時期楽しみにしている花たち3種。

ココは盗掘禁止の立て看板が有るのですが、残念ながら盗掘被害も散見します。

山野草は有るべき自然で、待ち望んで花に巡り合うのが醍醐味です。

花期を逸したならば、次の開花まで待つことで遇う楽しみも増します。

花を持ち帰って飾る方法もありますが、私は好きではありません。

自然の中で、けなげに生き抜いている彼らに遇う事の方が好きなのです。

大分県では絶滅危惧ⅠB類(EN)、猪野瀬戸湿原などは保護しています

サクラソウは花も綺麗ですが、私は葉っぱのシワシワが好きです

エヒメアヤメ、 この花も大分県では絶滅危惧ⅠB類(EN)

キスミレと比較すると小さな花だと分りますね

オキナグサ、大分県では絶滅危惧Ⅱ類(VU)

花は下向きに咲きますが、風にあおられた時に激写です


大分の素晴らしい自然に感謝です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ここ1~2年、筍が不作だったので気にしていなかったら・・・

実家の方から掘りに来いとのこと。

昨日掘ったのですが、すでに伸びた筍が沢山あります。

掘る場所は肥沃な所を重点的に探し、痩せた土地の筍は極力避けます。

この様な場所の筍は地表に10㎝も出ていれば、50㎝くらいの大型だからです。

大型と言っても筍は白っぽくて軟らかい。

個体によっては痩せた土地の小さな筍より、甘みが強い事も魅力的。

一本を掘るのにかなり労力を要しますが、少ない本数で実はたっぷり。

・・・今年も自然の恵みに感謝しています。



一番良いと判断した手前の筍は、友人にプレゼントです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ノゴマの撮影後は、愛媛の鳥友がスタンバイしている宇曽山へ・・。

この場所はクマノミズキが沢山あり、秋は撮影に向いた木も点在。

その場所へ、昨年と同じ個体と思われるオオルリが帰って来ています。

フレンドリーな彼は、20m位の距離では二人の撮影者を無視して囀ります。

2時間くらい撮影しましたが、フライングキャッチを初めて撮影出来ました。

この場所をテリトリーにしている様なので、今後の撮影も期待大。

二人だと近くでも囀ってくれます
 
秋に撮影するクマノミズキがお気に入りの様です

以下は羽虫のフライングキャッチです




















この場所を知っているのは、愛媛の友・HOKKEさん・私です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
乙津川の河川敷にノゴマ、情報提供者はいつものHOKKEさん。

昨日の知らせで今朝5時起床。30分に現着~35分にノゴマの囀りを聞きました。

鳴き声はすれども姿はさっぱり分りません。

上流側から河川敷に車を入れられないか、見て回りましたがありません。

最初の場所に戻ると仲間が一人、更に一人来たので鳴いた場所に案内です。

ピィ~・ピィ~・と、ギョウ・ギョウ・キョウと聞こえる地鳴きも数回。

鳴き声の方を双眼鏡で疑視、3人で探すと誰かが見つけますね。

8時30分頃まで、トータルで3回程対岸に姿を現してくれました。

ツバメが土手沿いの低い場所を飛び交っています。天気は下り坂?

対岸の葦に出てくれました。適当にシャッターを切っていたら写りました

手前にピントを取られながらも、なんとか写す事が出来ました


ノゴマとの出会いはこれで3回目、皆さんありがとうございました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
晴れた日に由布岳を観るのが好き。

山登りはきついので、近くから春の花とのコラボ写真を撮りました。

双耳峰で有名な由布岳ですが、南東側の地域からは富士山にも見えます。

これが豊後富士(由布岳)の名前が付けられた理由です。

ドクターヘリと西峯

キスミレと

エヒメアヤメと

オキナグサと

サクラソウと

右からお猿の高崎山・ロープーウェイがある鶴見岳・そして豊後富士


晴れた日の由布岳はとても綺麗です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
接待釣行は、蒲江の丸二水産でのカセ釣りでした。

6時出港~14時30分納竿のアジ・チヌ・マダイ狙い。

向いのイケスでのアジ釣りは、30㎝前後を二人で30枚位?

10時前にアジゴが沢山来始めたので、土産確保のアジ釣りは終了です。

次は奥のイケス、二人合わせて20枚位のチヌ、その内7割が乗っ込みチヌ。

初めてのチヌ狙いは、マキエをしてあげながらレクチャーから開始。

その一投目から7投目までで、全てアタリが出て5枚のチヌをゲット。

チヌを交しながら釣るとマダイ3匹とチダイ1匹、狙い通りの釣果でした。

懸念していたサバゴが、一度も来なかったのが釣果に繋がりました。

アジの最大は35~36㎝級?

唯一のボラは55㎝くらい

40㎝くらい、沖から入ってきた乗っ込みチヌ

“海上釣堀マダイ”の短竿はカセ釣りで大活躍

養逃げマダイが久し振りに釣れました

こちらは天然マダイの1.5㎏級

チヌの大型は地付きで50cm級

最後の一投で3㎏級の綺麗なマダイ


この様な釣果はめったに有りませんね。二人で蒲江の海を満喫しました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[06/25 まさ]
[06/23 カンダイな人]
[06/22 まさ]
[06/21 カンダイな人]
[06/21 piko]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp