磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12.
今年の坊主山、未だにルリビタキが5~6羽ほど来ています。

ストックハゼの実を定期的に置いているので、頼りにしてくれています。

その中に綺麗な♀が1羽来ますが、この場所の縄張りを持っているのか?強い。

ネット内では綺麗な♀を♂若などと、間違った表記をして拡散中の様ですが・・

ルリビタキは♂も♀も囀ります。小鳥達は♂も♀も生き抜くほど綺麗になります。

何故だか分りますか?自然界は強い個体のDNAを後世に残すからです。

綺麗な♂や♀は生命力が強い個体だからです。だから綺麗な個体はモテるのです。

綺麗になると目立ちます。目立つと小鳥達を狙う獣や猛禽類に分り易くなります。

猛禽類などに狙われやすいのに綺麗になる・・一見矛盾しているのですが・・・

狙われても逃げ延びて、長年生き抜いている証が綺麗な色の♂や♀・・ということ。

今回は綺麗な♀が撮れたので、若から老成鳥まで生き抜いている写真を載せました。

他の小鳥で、♂若(第一回冬羽)を撮影しているのは、アオジ・クロジ・ミヤマホオジロ・サンコウチョウ・オオルリ・クロツグミ・キビタキ・ムギマキなどで、この中でオオルリ以外は♂若とメスとの識別は結構難しい。でも私は見分けられます。

追記
ルリビタキの♂若と♀の見分けは、目視で難しいとされていたハズで、デジタルカメラが登場する前から言われていた事。フイルム時代は現像やプリントに金額が嵩むので、撮影者も今よりは断然に少なく、撮影記録を万人が確認することも少ない。

現在はカメラさえ買えば、野鳥の知識に乏しくても野鳥撮影が出来て、小さなところまで分析出来ます。分らない事はネット検索すれば出てきます。その情報が信頼のおけるものであれば良いのですが、このブログの様に個人からの情報であれば、信頼性は十分だとはいえません。数が多い情報が正解とは限らないのです。

その証拠に、ルリビタキだけが♂若・メスタイプなどと、ネット情報に沢山上がっているものの、私が上に記載している小鳥達に、♂若・メスタイプの記述が少ないのはどうしてなのでしょうか?おかしいと思うのは私だけ??

ネット内でのルリビタキの♂若・メスタイプに関しては間違いだらけと思っています。

今日の写真、坊主山に来ている3年物の綺麗な♂

♀若、喉からお腹にかけてメリハリなし。目の上に硬目の毛がない。淡い色合い

♀成鳥、今日の坊主山で撮影した3年前後の成鳥

5年くらい生き抜いている?♀老成鳥、腰や翼に♂の様な青い色が増えています

3年物の♀の成鳥は、このくらいの青が普通です(嘴からの頭側線なしが♀)

こちらは♂の若です。後ろからだと上の写真の♀とほとんど変わりませんね
 
上と同じ個体。横からだと嘴から伸びる白い頭側線が見えるので♂と分ります
 
♂の若でたぶん昨年生まれ。頭から背中のグレーと腹の汚れ具合が決め手

今日のハゼの木Pで撮影。4年以上の老成鳥、胸にも青が出始めています


これまでルリビタキを100羽以上見ている、私の身勝手な見分けです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今朝の県民の森。7時過ぎからポツポツと雨が落ち始めています。

仕入れていた、セイタカアワダチソウ・ハゼの実などをハゼの木ポイントに置きます。

鳥見仲間と合流して、もう一つのエサ場である坊主山へと御案内。

ルリビタキのオス、1年物?、2~3年物、4年物などを撮影して頂きました。

綺麗なメスの4年物がこの場所に1羽居ますが、♂若と見間違わない様に!

その後次々と仲間が来て、おまけに霧が立ち込めたのでポイントを譲ります。

御案内の仲間と別れたのが10時40分頃、私はハゼの木で11時まで撮影。

写真はポツポツ雨の中、20分で撮影した小鳥達です。

朝一、エサを置いた時に新たに設置した止まり木。ミヤマホオジロ♀

次はシジュウカラの♂も止まってくれました

そして、この止まり木に止まって欲しかったルリビタキの♂が早くも・・(^^)

ルリビタキの♂、どちらのポイントにも4年以上生き抜いている猛者が1羽ずつ!


今朝覗いた2ヶ所のポイントを合せると、ルリビタキの♂5羽と♀4羽が来ています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
日本最小の小鳥がキクイタダキ、重さは5g前後=1円玉5枚分の重さ。

ネットだったと思いますが、カマキリに捕えられていたのを思い出します。

余談ですが、私が子供の頃には大きなクモの巣にスズメが掛かっていた事も・・

キクイタダキは大分の祖母山・傾山などは、漂鳥として一年中生活しています。

大分市内などは、冬鳥として本州や四国からやって来て過ごします。

今年のキクイタダキは来県が少ない感じで、なかなか出会いが有りませんでした。

清滝を写して下山途中で出会ったのが、1羽のオスのキクイタダキです。

きお~つけぇ~~~!! 

・・・と言いたくなる程動き回る忙しい小鳥です(^^)





 



寒い中、お見送りありがとね!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
アトリという小鳥は、比較的標高が低い県民の森ではあまり見かけない小鳥です。

彼らが好むのは、標高500~1000m付近の里山辺りが多いみたいです。

但し、気温の低い九州北部地方以北では、平地の田園でも見られる感じ。

この写真は久住から竹田市への道沿いを通過中、田んぼで採餌して飛び立つ場面。

群れの数は推定200羽前後?これだけの胃袋を満たすには相当量の落ち穂が必要。

田んぼや畑などが多い里山暮らしで、人間活動を上手く利用しているのでしょう。









アトリも又、冬を代表する可愛い小鳥と言えるでしょうね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
夜半から大分市内は霙の予報が出ていたので、山は雪との判断でした。早朝から県民の森、案の定5㎝くらい?の雪が積もって、まだまだ降り続いています。

坊主山は急坂・急カーブ・傾斜道で、傾斜だけは四駆でも重心移動で登れません。同じ狙いのHOKKEさんと安全なハゼの木ポイントで雪と小鳥の撮影です。

ホウキで雪を掃いてエサを撒きます。直ぐ下の天然イタドリと、持ち込んで置いていたセイタカアワダチソウの雪を落としてベニマシコに期待、ハゼの実を置いている木の雪を払って、ハゼの実が着いた枝も追加で置いてルリビタキにも備えます。

これだけの雪が積もれば小鳥達はエサ探しが非常に困難、餌場で小鳥達が行き来していれば、近くの小鳥達も食べられるエサがないか覗いてくれるのです。

雪は降り続いていますが、入れ代わり立ち代わりやって来る小鳥達に、時間の経つのも忘れてシャッターを切ります。思惑がピシャリと当り、ベニマシコがイタドリとセイタカアワダチソウに来ました。更にはルリビタキも置いたハゼの実に来たのでした。

午後からはもう一人、雪と小鳥の撮影にチャレンジした一日が終了です。

下界は雨ですが、山の途中からは雪模様

大分市内の積雪は年間でも数回です

シジュウカラ ♂

ヤマガラ

エナガ

コゲラ

メジロ 番い

アオジ ♂

ホオジロ ♂

ミヤマホオジロ ♂

キジバト

シロハラ ♂

ルリビタキ ♂

貴重なベニマシコ ♀


大分市内での雪がある風景、時々なので非常に嬉しい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森のベニマシコは、3ヶ所で4羽ほど確認しています。今年は今までにない数の飛来数なので、仲間たちにも撮影して欲しくて餌付けを試みていますが手強い。

これまでミヤマホオジロ・アオジ・クロジ・カヤクグリなどは餌付けに成功したのですが、ベニマシコはこれらの小鳥が餌場で採餌しているのを見ても来てくれません。

よって、彼らは地上に落ちた種を降りてまで食べないとの認識に至りました。ベニマシコは前種とは採餌方法を変える事で、同じ所で棲み分けると考えます。ハゼの木ポイントのベニマシコに教えられ、奥のカラスザンショウポイントでは餌付けを変更です。

食事を観察していると、セイタカアワダチソウ・イタドリなどを良く食べますが、一番良く食べていたのがイノコヅチ。これをヒントに餌付けを実行しました。

イノコヅチは結構多いのですが、食べられて実が着いている穂は非常に少ないので、集めるのに一苦労です。セイタカアワダチソウとイタドリは実が残っている株を確保。

これらの穂を集めて、彼らが来ていた場所に置いて見つけてもらう事2週間。数日前にかなり実が無くなっており期待したものの、食べに来たのはカワラヒワでした。

そして今日、7時前に現着して待っているとベニマシコの鳴き声が近付いてきます。彼らの姿を確認して追っていると、イノコヅチとイタドリに来て食べ始めたのです。

相当に嬉しい早朝でした。追加のイノコヅチを置いて撤収です。

イノコヅチを食べに来たベニマシコの♀

こちらは♂の若です


イノコヅチ、群生している所を早く見つけておかなければなりませんね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
キクイタダキは日本一小さな野鳥で、重さは1円玉5枚分の約5g。

その次に小さな野鳥はヒガラ?ヤブサメ?ミソサザイ?

この子達に比べると、県鳥のメジロやエナガは大きい方ですね。

ヒガラは留鳥ですが、県民の森は標高が低いので生息数も少ない。

でも、坊主山へ行けばかなり高い確率でヒガラの番いを確認出来ます。

今回は凍った木の蜜を食べに来ており、風味はさながら砂糖飴の感じ?

普段は松ボックリの実を食べたり、昆虫類を食べていますが・・・

砂糖飴は凍てつく冬の、期間限定の御馳走かも知れませんね。

・・・最強寒気のお土産と言って良いでしょう(^^)

べとべとの嘴を拭っています

木の蜜が流れながら凍っており(足で掴まっている)これを食べていました

ヒガラのアップは久し振り


明日は天神、GFG永年継続者表彰式に支部長として表彰者と一緒に参列です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
12月下旬に2回程チェックして、その後は訪問していない坊主山のハゼの木。

その頃から実は沢山着いていて、すでに色々な小鳥が出入りしていました。

ルリの♀も来ていたし、他の餌場の実が少ない中ココには大量の実が有ります。

2月頃からこの場所での撮影が出来ると踏んでご無沙汰していましたが・・・

数日前、HOKKEさんからルリビタキの♂が近くに居るとの情報を頂きました。

ハゼの木の餌場で待っていると来てくれると判断し、車中から待っていると・・

ルリビタキの♀を3羽確認、♂は2羽ほど確認しましたがもう1羽居る様な?

車中からは空抜けになりますが、山の斜面にあるクヌギの木の傍だとOK。

今回は寒気が来ているから、車中からお知らせ目的の証拠写真です。

エナガちゃん

住人のヤマガラ

メジロ・コゲラ・ルリビタキの♂

シジュウカラ・コゲラ

ゴジュウカラ

ルリビタキ♂

シロハラ♀

アオゲラ♂

カンスケも登場


近くでウソも鳴いていますが、現れませんでした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
南岸低気圧が通過する早朝、山は雪か現地チェックすると残念ながら雨。

早朝の光吉は4℃、山は3℃となっていたので雨もやむを得ない。

光吉に戻り昼食を摂って休んでいると、霙が落ち始めました。

再度山に向かうと管理事務所辺りから積雪、いつもの場所でエサを与えると・・

降り積もった雪で小鳥達のエサ探しが大変だったのか、みんな直ぐに集まります。

午後の光吉は3℃、山は0℃で北風が寒気を連れて来た様です。

ガビチョウ、早朝のハゼの木ポイントは雨でした

ハゼの木ポイントが白く雪化粧するのは、1年に2~3回ほど

ヤマガラとシジュウカラ

ヤマガラ

シジュウカラ♂

ルリビタキ♀

コゲラ

アオジ♂

カワラヒワ♂

ルリビタキ♂

シロハラ♂

ミヤマホオジロ♂


夕刻にはこれらの雪はほとんど解けてしまいました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森、今日の鳴き声。

キィ~キョキョキョキョ・・・キョキョキョキョ

上空を飛びながら鳴いていました。この鳥なぁ~だ?

ピックィ~~イ・・・・ピックィ~~イ・・・ギヤァ

山の頂上付近から聞こえたこの鳥なぁ~んだ?

上はハイタカ、下はサシバの鳴き真似をしたカケス。

危険が近付くと、元気だった小鳥達は一斉に藪の中へ非難します。

猛禽類が居ない事を確認しつつ、餌場で翼を広げて採餌しています。

エナガ

ルリビタキ♀

メジロ


明日の天気はちょっと悪いですが・・・天神です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
1月6日に確認して今日まで6日間のチェック。6分の2は姿未確認。

当初は♂♀で行動していましたが、近頃のチェックでは♀のみ視認しています。

それも数日前と今日は鳴き声のみの確認で、姿は未確認なので厳しい状況。

ススキ・セイタカアワダチソウ・イノコヅチの実を置いていますが・・

イノコヅチの実以外は、そんなに食べられた形跡はありません。

地面には粟・稗類を撒いていますが、餌付いたのはミヤホとアオジ。

暖かい地域ではそこそこに実があるので、ベニマシコは降りてこない?

エサの乏しくなる2月後半以降で餌付くかも知れませんが、期待薄かも?

この場所に毎年来てくれる様になれば良いのですが・・。

ベニマシコの♂若と♀、ジョウビタキの♀

手前ジョウビタキの♀、奥がベニマシコの♀

ベニマシコの♀、イノコヅチの実が好物みたいです

ベニマシコの♂若、まったりしています


私が確認している 場所は4ヶ所ですが、もう一ヶ所来ているらしい。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
“さえき大橋”ではありません。“さいき大橋”です。佐伯(さいき)と呼びます。

メーカーやクラブなどの各種釣り大会で、受付けや検量を行なう場所。

佐伯市池船の河川敷は“池船スポーツ公園”として、誰もが車で出入り出来ます。

この場所を占有使用する場合、予め許可を受けるシステムもあります。

今回のGFG大分の大会は、一時的に10数人が集まるので許可は受けません。

横に流れる川は番匠川、ボラ釣りやスズキ釣りなど出来ますが・・・

過去には大分県で唯一? アカメが釣れた川。

2008年には135㎝19㎏(日本一?)のタイリクスズキが釣れた事も有る川。

上流には昔ながらのシロウオ漁の漁場が有り、これから3月までの風物詩の川。

水面にはカモ類が沢山浮いていて、それぞれが潮の満ち干に応じて採餌。

結構のどかな風景が広がっているので、のんびりするには良い所です。

夕刻の佐伯大橋と水鳥たち

昼はこんな感じ

ヒドリガモ♂に集るオカヨシガモ♂ 「おい、こっちによこせ!」

ヒドリガモ♂と♂若

コトヒキをゲットしたカンムリカイツブリ


九州も今季一番の寒さ、皆さんご自愛ください。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今年の大トリはベニマシコ。

県民の森での越冬を観察できるのは非常に珍しい。

イタドリの種を食べる事が多くなり、シャッターチャンスも増加傾向。

これまで何度も写していますが、彼女の全身が見える事はめったにありません。

枝被りのショットが溜まる一方で、なんとか数枚ほどは見られそうです。

・・・

2017年も早いもので後数時間でおしまい。

今年の正月は義父を失い、義母が一人になったので同居生活に入り・・

OCTがJ-COMになり、22年間お世話になっていた大分ケーブルテレコムともお別れ。

予定通り?約20年周期で人生の岐路を実感した一年でした。

10時頃から11時頃までバックが明るく撮りにくい

手前に木々が沢山有るので撮りにくい

たま~にバックの抜けた所に出てくれます


皆様、今年一年ありがとうございました。2018年も宜しくです(^^)
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ミヤマホオジロのアップ写真。

今日はこれにて終了。



原稿が終わって少し安堵しています。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今朝は曇りのち雨の予報。

曇りを信じて逆光での撮影になるポイントへ夜明け前にスタンバイ。

夜明け直後から水鳥たちが動き始め、その中にコウライアイサの姿も・・

昨日は300mほど離れていましたが、今朝は一番近くて70mくらい?

流石にカモフラネットの偽装だと、警戒心は少ないみたいです。

次の挑戦は2月頃に計画しようかな?

この様な朝焼けは天気が悪くなりますね

カワウ・マガモ・コウライアイサ

一番近い時でもかなり離れています


さてと・・・
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[12/12 カンダイな人]
[12/11 福住裕史]
[12/09 カンダイな人]
[12/08 那賀]
[12/06 カンダイな人]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
3
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp