磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7.
色々と忙しい中でのブログアップ。

今朝の鳥類繁殖調査でカッコウを写しました。

実はセグロカッコウも居ますが、残念ながら撮影には至りませんでした。

次回はセグロカッコウに挑戦してみたいと思っています。



今日はこれまで、明日は早朝から天神へ出かけます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
大会の準備で実家の倉庫へ行く前に、ヤイロチョウスポットで鳴き声を確認。

県民の森で5時前から6時過ぎまで、断続的に谷の方から鳴き声が聞こえます。

この時期にヤイロチョウが鳴くのは、早朝の縄張り宣言だと判断しています。

この子は、5月16日に今年初めて聞いた谷での鳴き声の持ち主でしょうね。

昨年に続いて今年も繁殖活動をしているのが伺えます。

・・・

写真のコシアカツバメは、竹田市で野鳥の繁殖分布調査時に撮ったもの。

2羽で河原に降りて巣材の泥を集め、大きな橋の方へ飛んでいました。

他のツバメより大がかりな巣を作るので、忙しそうにしていましたよ。



明日はOGTM、雨天ですが決行。安全に大会を進めていきます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
朝3時40分起床~4時40分に現地に入り、直ぐにチェックを開始して7時30分頃には全てのチェックを終了です。場所は野津町と三重町の境にある石場ダム周辺。

20年前に調査した5万分の1地形図と観察された鳥類の記録を手に、定点調査と歩行調査を行います。この場所はダム湖を周遊するのでアップダウンが少なく、調査地の往復をする必要がないので歩行距離も僅か。よって昨年の3ヶ所、今年の2ヶ所に比べて非常に楽チンでした。

調査を引き受けるにあたって、私が一番気にしているのは定点調査や歩行ルートを明確にする事と、野鳥たちが一番良く鳴く時間帯(夜明け直後の2時間くらいまで)に、より多くの野鳥たちを確認する事です。この調査結果を20年後の調査者へ残す事。

調査開始地点~定点調査地点~2番目の定点調査地点~終了地点はGPS信号によるによる、緯度・経度を確実に残す事。これらを可能にするにはスマホの活用で、グーグルマップをはじめ他に2種類のアプリを活用し、正確な情報を記録しているのです。

後は自分が野鳥の鳴き声を聞き分けるスキルだけ、今回識別した野鳥たちは36種。

留鳥は、メジロ・ホオジロ・シジュウカラ・ヤマガラ・ゴジュウカラ・エナガ・カワラヒワ・イカル・ウグイス・ヒヨドリ・リュウキュウサンショウクイ・ミソサザイ・アオバト・キジバト・ハシブトガラス・ハシボソガラス・カケス・コゲラ・アオゲラ・オオアカゲラ・カワセミ・カワガラス・キセキレイ・アオサギ・コジュケイ・ミサゴの26種。

夏鳥は、ツバメ・オオルリ・キビタキ・センダイムシクイ・サンコウチョウ・アカショウビン・ホトトギス・クロツグミの8種。特定外来種として、ソウシチョウ・ガビチョウの2種でした。

ちなみに20年前の5月13日の調査では、留鳥が18種・夏鳥が2種の合計20種類のみ。推測ですが、7時頃から10時頃のチェックだとこんなものでしょうね。


全国鳥類繁殖調査 
赤は未登録・青は登録者有り・黒は調査終了地点。

ミサゴが湖面に居ました

ホオジロの若


今年はもう少し調査予定です。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝の5時から、豊後大野市の三重町で野鳥の繁殖分布調査を行いました。

前回は2日の早朝5時に、竹田市の調査を行って10㎞以上の歩行でした。

今回は少し短い9.3㎞、結構足に来ますが健康増進には良い運動です。

大分市内に戻ったのが10時過ぎ、久し振りにサンコウチョウの巣を確認しました。

5月28日に巣作りに専念しているカップルを見つけ、31日に完成した巣を確認。

6月2日は抱卵していませんでした。4日に鳥友が見ていますが抱卵は未確認。

そして今日、♂が巣の西側で鳴いて、♀が巣の方向から一度だけ呼応しました。

巣が見える場所まで移動し、ファインダーを覗くと巣だけではない感じ。

シャッターを切って確認すると♂が巣に座っていました。

先ほどの鳴き声は抱卵交代の鳴き交わしだった様です。

♂が交代している巣には確実に卵が有る事が伺えます。(5~8日が産卵日と推定)

今回でこの巣を私が確認するのは6月に入って2回目、確認時間は5分前後。

卵のある巣を放棄されるような事は、絶対にしてはいけないからです。

注意 抱卵中の巣の近くで
   ① サンコウチョウにギッ・・と鳴かせてはいけません!
   ② サンコウチョウにギュルル・・と鳴かすのはもっといけません!

♂の長い尻尾は木の枝にも見えますね


無事の巣立ちを見守りたい。・・環境省の野鳥繁殖分布調査はもう少し続きます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
特に珍しくありませんが、この周辺を縄張りに持つウグイスです。

縄張りを巡回しながら、1時間前後で桜に来て縄張り宣言をしています。

ヒヨドリが熟れたサクランボを啄んでしまうので、短期決戦の撮影。

・・・この場所からもヤイロチョウの鳴き声が時々聞こえます。

ヤイロチョウ探しは非常に困難ですが、桜んぼウグイスは簡単に撮れます。

天神へ向かう前の、ちょこっと山でウグイスちゃん






今日は天神、久し振りの雨は大地などに恵みをもたらしますね。

釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ジュウイチ・・・ジュウイチ・・・ジュウイチ・・・と鳴くからジュウイチ。

カッコウ・・・カッコウ・・・カッコウ・・・と鳴くからカッコウ。

ア~オ~・・・ア~オ~・・・ア~オ~・・・と鳴くからアオバト。

・・・こんなものかな?

ジュウイチ・カッコウ・セグロカッコウ・ホトトギス・ツツドリ・総称はトケン。

カッコウ科の仲間はトケン類とも呼ばれ、托卵でつとに有名です。

このジュウイチは、専門に狙って二日目でやっと撮影出来ました。

初日の二日間はヤイロチョウ、次の二日でジュウイチ、今度は何かな?

アカショウビンが二番いになっている感じ。ヨタカも夜明け前に鳴いています。







一応一休みして、20年に一度実施中の“野鳥の繁殖調査”の段取りに入ります。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森、ヤイロチョウやジュウイチに会いに、今朝も10人くらいは来ました

その内、私を含め数人が夜明け前に現地着、予想通りの鳴き声に大満足です。

トラツグミ・ジュウイチ・ヨタカ・アカショウビン・ヤイロチョウとリレーです。

鳴き声は大満足。しかしながら姿を確認するのは至難の業。

ジュウイチ撮影と、ヤイロチョウ撮影などに分かれて散りましたが・・・

ヤイロチョウは朝一番に私が撮影した後は、思い通りの場所には現れません。

ジュウイチに至っては、止まる木々を変えたのか?個体が入れ替わったのか?

撮影者たちをあざ笑うが如く、裏目裏目に渡り歩いている様な??

どちらの小鳥も、強運がないと撮影出来るものではない様です。

・・・アカショウビンは番いになって行動しており、繁殖に期待しています。

ヤイロチョウ、今日の動きを察知しようとして写せました

この後は姿を見せませんでした

オオバウマノスズクサ、花は逃げないので撮りやすいですね


後発の小鳥たちがやってくれば、少しは撮れるようになると思いますが・・。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日も朝から、県民の森でヤイロチョウをチェックしました。

いつもの様に谷の深い場所で、2羽が盛んに鳴いています。

この場所を諦めてかなり移動すると、こちらでも1羽のヤイロチョウが・・。

仲間たちもスタンバイしていますが、私だけは意を決して杉山の中へ分け入りました。

時間をかけて、極ゆっくりと鳴き声の方へ日影を選んで進みます。

なかなか見つけられませんが、少し移動して確認する作業を繰り返します。

彼が動いて見える所に・・更に動いて撮影出来・・更に動いて見えなくなりました。

ワンショットだけですが、これで3年連続の撮影が出来たのです。



今年はやって来る個体がまだまだ少ない様です。今の所合計3羽だけです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
いつもの園田川沿いの谷で、ヤイロチョウが鳴き始めました。

昨年は12日に初めての鳴き声でしたが、今年は4日遅くに到着です。

私は8時過ぎに現地着、仲間は5時30分頃からチェック、6時30分に確認でした。

昨年繁殖したかも知れない場所に、直接来て鳴いているのでその可能性大。

谷深い場所なので撮影は諦めていますが、続いてやって来る子に期待しています。

バードウィーク最終日の16日、待ちわびた鳴き声に今年も夢が膨らみます。

2015年に撮影したヤイロチョウです


本日鳴き声を確認した仲間は合計6名、誰が撮影出来るのでしょうかね?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
夏鳥のセンダイムシクイです。

囀りはチヨチヨビー・・・チヨチヨビー・・・

どちらかというと、木の上の方でチョロチョロ動き回りながら鳴きます。

動き回るから、枝や葉っぱの影に隠れる事が多くてなかなか撮影出来ません。

この子も動き回って鳴いているものの、時々立ち止まって鳴いてくれました。

ゆえに写す時間が出来たのです。

あちらこちらで鳴いており、例年の如く来てくれています。







ヤイロチョウやアカショウビンは鳴きません。マミジロは抜けた様です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
坊主山のマミジロは、昨日から個体が入れ替わった様です。

クロツグミは、相変わらず餌場としての出入りを繰り返しています。

近くの塚野山入口のオオルリは、かなり近くの杉梢で囀っていました。

この場所も第一防火層も、まだまだヤイロチョウの声は聞こえません。

これまでやって来た夏鳥で少ないと感じている小鳥たちは・・・

オオルリ・サンコウチョウ・ヤブサメなどです。

例年並みの夏鳥は、クロツグミ・キビタキ・センダイムシクイなど。

遅くなって到着する夏鳥たちに期待しています。

ホオジロ、エサを運ぶ途中です

ヤマガラ、真似て梢に止まる?

オオルリ、この場所が気に入っていれば皆写せます


明日の釣り、今日イケスの清掃を行ったらしいので、吉と出るか凶と出るか?
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森、今朝で3日間の滞在です。

マミジロは夏鳥として本州中部以北にやって来ます。

九州の大分などは通過するだけなので、出会いは難しい。

日本としては夏鳥ですが、九州としては旅鳥と言った方が良いでしょうね。

少ない滞在期間ですが、私を含め今朝まで5人の仲間が撮影しました。

車の傍にいきなり舞い降りたので、撮影者は気が付きません

少し間を置いて撮影開始

反対側の私の方へ移動してきました

ん?・・オオマミジロ?・・遊びました(^^)

正真正銘のマミジロです


まだまだ大分を通過する小鳥たちがいるので、気を抜くことが出来ません。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日は朝から雨、こんなときには県民の森で鳴き声チェックを行います。

霊山から高塚広場周辺~池周辺~第一消火漕~塚野山入口~坊主山へ。

車を進めていると黒い鳥が逃げました。クロツグミ?マミジロ?

2時間ほど待つとマミジロが現れました。続いて何かの子供???

するとメスのヤマドリが出てきて、更に子供が2羽続いて出てきました。

マミジロはヤマドリ親子の動きを見たのち、飛び去りました。

午後からもチェックに行きましたが、遭えることなく16時30分に終了。

これまで大分市を通過する夏鳥は、コマドリ・コルリ・エゾムシクイを確認。

いずれも撮影には至りませんが、同様のマミジロは証拠写真をゲット出来ました。

・・アカショウビン・ヤイロチョウなど、大物の鳴き声はありません。

綺麗なマミジロの♂

マミジロ・ヤマドリの♀と雛が2羽


以前も証拠写真程度だったので、もっと綺麗に撮りたいです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
この鳴き声の持ち主を知っているかな?

チョットコイ・チョットコイ・チョットコイ・これはコジュケイの♂の囀り。

キョキョ・キョキョ・キョキョ・キョキョ・これはコジュケイの♀の囀り。

チョットコイ・キョキョ・チョットコイ・キョキョ・は♂♀のディユエットでの囀り。

囀りでディユエットする鳥としては、私はコジュケイだけしか知りません。

♂だけや♀だけが鳴いたり、ディユエットしたり、♂♀の息が合わなかったり・・

ペットとして移入後逸脱して増え、その後狩猟鳥として更に放鳥された外来種です。

普段は地上生活が多いです

囀る時は、ほとんど樹上です


非常にユニークな鳴き方をしますが、知らない人達も多いです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今日・明日は鳥友と一緒に、年に一度の黒岳一泊登山の予定でしたが荒天のために中止、黒岳登山道の“かくし水”まで行って引き返しました。

早朝から雨が落ちていて上昇気流が山々を覆っていますが、流石に連休の黒岳は日帰りの登山客や観光客の人々が多い。“かくし水”は登山者の水補給場でもあり、この付近の野鳥たちの水場でもあるのです。

傍に切り倒した大木が横たわっており、その木に小さな小鳥がせっせせっせと家造り。観光客や登山客が次々とやって来ますが、彼は仕事の手を休めません。

人から2~3mくらい離れていれば家造りに専念しています。おかげで彼の仕事ぶりをつぶさに観察することも出来たのです。時々大きな声で囀るのも愛らしい。

今日の野鳥たちは、ミソサザイ・オオルリ・キビタキ・クロツグミ・ツツドリ・ジュウイチ・センダイムシクイ・アオバト・キジバト・オオアカゲラ・アオゲラ・トラツグミ・コゲラ・ゴジュウカラ・シジュウカラ・ヤマガラ・ヒガラ・エナガ・メジロ・ホオジロ・イカル・キセキレイ・カワガラス・ハシボソガラス・ウグイス・ヒヨドリ・ソウシチョウ・ガビチョウなど。

ミソサザイが巣材の苔を収穫

せっせと運びます

自宅の建設現場へ

自宅は作っても作ってもその場から壊れ落ちてしまいます

苔を咥えて囀るので落としました

本格的に・・

自宅近くでも囀ります


黒岳の頂上で星空撮影の予定でしたが、ブログアップに変更です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[08/21 みどり]
[08/21 けん@北九州]
[08/20 ひろさん]
[08/20 RYO]
[08/19 カンダイな人]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp