磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11.
久々に登場です。

早朝の県民の森、アカショウビンが来ないか待っていたら・・・

下流側でヤマセミの声がして、一時間くらいするとメスがやってきました。

ダイビングしたものの失敗、彼女は下流側へと下ってしまいました。

しばらくするともう一度同じ枝にやって来て、少しだけ水面を見て上流へ・・

早朝の出会いに感謝です。









通い続ければ素晴らしい出会いもあるかも知れませんが、そうもいきませんね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
3時過ぎから録音チェック。

朝方、直ぐ近くからカッコウの鳴き声、さらにホトトギスも・・・。

夜が明けて鳴いた場所を確認すると一本の枯松が・・・

カッコウはこれに止まったかな?ホトトギスはこれじゃあないかも?

待っているとヒヨドリ・・・そしてカッコウ・・ビンゴでした。

次はカケス・更にカッコウ、最後にもう一羽のカッコウも来てくれました。

近いからみんなに撮ってもらいたいので、HOKKEさんに連絡しました。















この付近にもヨタカはしっかりと居て、夜明けまで鳴いてくれました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
朝は県民の森。安友集落近くの砂防堤から久し振りにアカショウビンの鳴き声。

相棒を探す時の鳴き声で、数ヶ所ほど移動しながら数十回ほど鳴いていました。

スマホを開けるとメッセージ。園田川でアカショウビンが何度も鳴いたらしい。

直ぐに現地へ行くとアカショウビンは鳴いておらず、遊歩道を進んでいると・・・

近くでヤブサメが慌てて警戒鳴きを始めました。メスも傍に居るので守っている?

巣が近くにある?そんなところでしょうね。オスは直ぐ近くで威嚇しています。

ほとんどの小鳥の威嚇体勢は、頭を下げて翼を半分開いて小刻みに震わせます。

1分も撮影せずに、邪魔者の私はその場を立ち去りました。

その後HOKKEさんと合流し、雨が落ち始めたので本日の鳥見は終了です。

私が聞いたアカショウビンと、園田川で鳴いたアカショウビンは同じと睨んでいます。

小さな小鳥ですが、精一杯彼女や我が家?を守ろうとしています

この小鳥は本当に藪の中が好きですね


この後、宮之浦へ向けて出発です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
小鳥の写真は数日前に撮った昼行性の月見オオルリですが・・・

今回からの指令は、主として夜間に鳴く小鳥の繁殖調査です。夜間に活動する鳥達が良く鳴く時間帯は日没後2時間くらいと、日の出前の2時間くらいが多いようです。

人が夜に行動するのは危険が増大するので、明るい内に録音機をセットして、明るくなってから回収、あとは自宅などで録音された鳴き声をチェックするというもの。

この方法は現地を2往復することになるので、私は未明のチェックを直接実施する方法を採りました。今朝は3時に起きて、目星を付けていた県民の森のピンポイントに直行。

録音機をセットして、車中からホトトギスやカッコウの鳴き声を聞いていると・・・直ぐ近くからキョッキョッキョッキョッキョッキョッキョッキョッ・・・まさしくヨタカの囀りです。録音機を仕掛けてマイクを向けた50m位先で鳴いてくれたのです。

ココは繁殖するだろう・・・録音機のセットはココかな?そう思ってセットしたら、正に狙い通りのビンゴ。第四弾の一発目は難なく終了し、5時には現地を撤収です。

帰途、東屋ポイントに立ち寄ってヤイロチョウの声を確認すると、昨日良く囀っていた1羽は鳴いてくれました。他のヤイロチョウは鳴きません。数組居る場合の縄張り宣言は、夜明け直後に一回鳴くのを聞き逃せません。よって今の大分市内のヤイロチョウチェックは、4時25分頃~4時40分くらいまで、その時に何羽鳴いているか確認するのが一番確実な方法です。ちなみに昨日のこの時間帯は、4羽が鳴いてくれたのです。

自然を予測しながら調査するのは本当に面白い。

昼に活動するオオルリ、次は満月で写したいけど無理かな?

夜間の調査をエントリーすると貸し出しの録音機が来ます

雨や夜露を防止しますが、私はこの上に更に養生します


ヨタカは5分間続けて鳴きました。途中でドアを開ける音が入ってしまった。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
霧雨の中、近くにオオルリが来てグゼリ始めました。

お腹が濡れているので、水浴び後に邪魔をされたのが癪にさわるのか?

近くに営巣していて警戒しているのか?

この距離で撮影しても逃げないのは、後者の意味合いが強いと思います。

刺激したくないので、直ぐにその場を立ち去りました。

・・・

散策中の手持ち撮影ですが、新ルミックスGX7-MKⅡの手振れ補正は強力。

ISO1000 f4.7 SS1/50 集点距離177㎜

ISO1000 f5.6 SS1/25 集点距離300㎜


10時から11時までヤイロチョウのチェックをしましたが、鳴きません。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
12日に今年初めてのヤイロチョウの鳴き声を①で聞き、昨日は8時40分まで一度も鳴き声を聞かず、今日は一昨日の場所より下流側の谷②で、HOKKEさんが聞きつけて森の奥まで探索に行っていた私は坊主山(☆)まで戻ってきました。

HOKKEさんの言うとおり、下流沿いの谷②から「ビフィービフィー」と独特な鳴き声が何度も聞き取れました。二人で設置中の水浴び場を完成させ、ハチマンさんも呼んで3人で待機していると、今度は③の場所から鳴き声です。

皆で散らばりながら探しましたが、その後は鳴かなくなったので、私一人が再度坊主山(☆)に残り、二人は山の下の方へ移動してサンコウチョウ狙いです。

まったりと過ごしていた11時20分頃、④の場所付近から再びヤイロチョウの声。車で直ぐに移動すると、昨年初写しした④の場所から彼の鳴き声です。山の中を登って探すけど、直ぐ近くなのに姿を見る事が出来ず、HOKKEさんに一報を入れました。

ゆっくりと少しずつ移動しながら姿を探していると、15mほど先で鳥が少し移動しました。体を更に動かしながら木々の間を擬視すると、ヤイロチョウの姿が現れたのです。

HOKKEさんも到着しましたが、④で撮影に成功した彼は⑤の方向へと移動しました。ちなみに⑤の場所は違う個体が彼と鳴き合っていた所で、2羽同時に鳴いたのは今日が初めてとなります。①と③の個体が同じで④の彼と違うなら、⑤の個体と合わせて合計3羽が県民の森に来ている事になります。

・・・地図画像は24時間経ったので削除しました。

ヤイロチョウは、いつも葉隠れの先などで鳴きます

移動前にはこのポーズが見受けられます

5月20日に撮影した別個体


昨年は18日に撮影しています。証拠写真ですが今年は4日早い撮影に成功。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
今朝の県民の森。

ヤイロチョウやアカショウビンは、私がチェックした8時40分までは鳴きません。

その代り、コルリが数回程鳴いたのが印象的でした。

今一つ、遠くの方からセグロカッコウに似た鳴き声も聞き取りました。

後ろ髪を引かれる思いで仕事へと向かい、街の人となったのです。

特に写真が無いので、数日前に撮影したキジバトの水浴びの紹介です。

おまじないの木の実?

小鳥たちにとって、水浴びは非常に危険な身だしなみです

キジバトはあまり派手な水浴びをしない様です

羽ばたきは他の鳥では見たことがありません


これが終わると羽繕いを行い、後は日光浴を行いました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森の管理事務所下から坊主山にかけて繁殖しているサンコウチョウ。

通常は7番(つがい)くらいが縄張りを形成するのですが、今年は少ない感じ。

いつもの様に下流側からチェックはしていないものの、大雑把に見て5番くらい。

この彼は、下流側から数えて4番目?となる、3年以上の成鳥の♂。

道を挟んだ、5番目の隣の♂との縄張り争いは今でも続いています。

昨年だったかな?尻尾も冠も無くなっていた彼が戻っていると判断しています。







小雨が降り霧が掛かった10日の撮影なので、写真の精度はかなり低いです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
生息地でのコマドリ初見初撮りでした。

初見の感想としては、オオルリ並みに大きい。やはり綺麗。足も長い。樹間を素早く移動できる。岩を飛び跳ねるのが素早い。囀っている時には比較的近くまで接近できる(山登りの人馴れ有り)。樹木の中間から岩までの間で姿を見ることが多い。

鳥見の為の一泊二日の成功率を高めるために、今回は特別にコマドリの囀りをスマホに収め、ブルーツースのスピーカーを持ち込んで初挑戦しました。録音で鳥を呼ぶ方法に異論を唱える方々が沢山居る事も承知ですが、私は以前口笛でメジロ・ウソ・イカルを呼んでおり、その方法とほとんど変わらないとの認識で使用します。

通常の私は県民の森で野鳥を観察していますが、昨年のヤイロチョウにしても、コルリやサンコウチョウにしても、この方法は一切使っていません。なぜなら何度でも時間が許す限り出会いを求める事が出来るからです。7~8年ほど前にアカショウビンに対して、車のCDを一回使って撮影して以来の文明の利器を、今回は再度使いました。

高山の低木の間からコマドリを撮影するのは至難の業ですが、彼らの縄張り内で、ほんの一瞬録音の囀りを聴かせる事で、縄張り意識を高めるのです。今回アップした写真の上5枚は、スマホを使って囀りを聴かせ、近くに来た彼らを撮影しています。但し、下の4枚は自然のままの彼らを撮影したものです。

県民の森で録音機器を使っているのを聴いたことがありますが、小鳥の習性を知らない方は何度も何度も繰り返し聴かせています。これは逆効果で聴き破られている可能性が非常に高いでしょうね。。

録音の囀りは2~3フレーズ聴かせるだけで、その後3分程度は聴かせずに待ちます。反応がなければスピーカーの角度を変えて同じ様に聴かせ、3分程度待って反応がなければ終了。100m以上は移動した方が良いと考えます。

彼が鳴いている近くで聴かせる時や、反応の鳴き声が聞こえた場合は、1~2フレーズだけ聴かせる様に少なくする事。更に反応を待って、今度はスピーカーの角度を変えて1~2フレーズ聴かせます。間違っても繰り返し聴かせたり、長時間聴かせることはしない方が良いでしょう。また、一度遠ざかった鳥はあきらめが肝心です。

原生林豊かな黒岳の自然とコマドリたちに感謝。そして登山案内の仲間にも・・。

ベースキャンプの上側で撮影した、あまり囀らない彼

同じ彼、チッ・・・という地鳴きを初めて聞きました

これから下はベースキャンプの下側で9時頃から良く鳴いた彼

囀りの時には尻尾を上げて広げるのが彼らの鳴き方の様です

本当に藪の中が好きなので探すのに一苦労。しかも枝被り

9時51分、近くで鳴いた他の個体に対して、枯れ木の上で鳴きはじめました

更に近づいてその距離10m未満、私一人だったのが良かった?

10時04分、別の枯れ木の上で鳴いているのを発見して仲間と撮影

11時06分、他のコマドリと鳴き合って戻る途中の彼


ベースキャンプ周辺だけで、囀った個体は6羽ほどでした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
県民の森でシロハラの少群です。

これまでは1羽が居ましたが、昨日は合計5羽のシロハラです。

その群れにプラス1羽で混じっているのはアカハラ。

シロハラとアカハラを時々同時に見かけますが、アカハラは少ないです。

今朝はアカハラはいたものの、シロハラは視認できませんでした。

・・・抜けた感じです。

シロハラ4羽と1羽のアカハラ

シロハラとアカハラのツーショット

シロハラ

アカハラ・キジバト・ヤマガラ


サシバは宇曽山方面で鳴くことが多くなりました。アカショウビンは未だ。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
カケスは日本全国に居る留鳥。ガビチョウは特定外来種でその生息域を拡大している鳥。両者に共通しているのは、鳴き真似が上手い事。特にガビチョウは凄い。

先ず日本代表のカケスは、ネコの鳴き真似を聞いた事。今一つは今年の3月中旬にサシバの鳴き真似を聞いた事です。夏鳥のサシバが到着していない時期に鳴き声がして、擬視していると再び鳴いて飛び立ったのがカケスだったことです。

ガビチョウに至っては更に上手く、色々な鳥の鳴き声を真似して鳴くから始末が悪い。数日前にもビフィ~ビフィ~・・・とヤイロチョウの鳴き真似。他にもアカショウビン・クロツグミ・サンコウチョウなど、普通の人であれば簡単に騙されてしまいます。

ガビチョウの鳴き声と、他の小鳥の鳴き声が混じって聞こえた時には疑いましょう。ガビチョウの鳴き声が聞こえながら、同じ方向で同じ距離から他の小鳥の鳴き声も聞こえた時には、私は必ず疑った後に良く聞いてから判断を下します。

今年は坊主山周辺にカケスが多い。その場所にサシバも時々来ています

ガビチョウも大分川沿いから県民の森まで広く居ます。兎に角真似が上手い


到着予定の大物は、アカショウビンとヤイロチョウ。鳴き真似はされたくない!
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
一昨日、サンコウチョウの鳴き声が2回ほど聞こえたような??

昨日は海で留守。今朝早く霧の中をチェックすると、5時4分にキビタキが囀り始め、ハシブトガラスが鳴き、2羽目のキビタキに続いてメジロ・コサメビタキ・2羽目3羽目のメジロに続き、2羽目のコサメビタキと3羽目のキビタキが鳴くので、ごちゃごちゃの囀り合唱です。そして遂に5時7分、サンコウチョウが鳴き始めました。

目的を達成したので、今度はアカショウビンが鳴かないか?ヤイロチョウを観察した東屋ポイントでチェック、更に坊主山の頂上でチェック、宇曽山のピンクノイバラポイントでチェックしたものの、彼の鳴き声は聞こえず、ついでのコルリも鳴きませんでした。

降りる途中、見晴らしカーブでチェックした後、オオルリ用に立てた止まり木の状態を見て、ヤマガラハウスで給餌後、更に下って朝一番に聞いたサンコウチョウの姿と、一番早く咲くキンランをチェックするため安友庭園を散策です。

サンコウチョウは鳴いていませんでしたが、オオルリやキビタキの縄張りを確認しつつ、キンランポイントへ到着すると、咲いているはずのキンランはまだ蕾。その先のムヨウランを何気に見ると、杣道の真ん中に数本花芽を伸ばしています。

踏まれると悪いので、花芽の直近に枯枝を立てていきます。この様子だともう一ヶ所の杣道も確認しなければなりません。案の定、踏まれそうな場所に数本の花芽。この場所にも枯枝を立てていきました。ここは鳥か花をチェックする人が通るから・・。

帰途、いつもの所からサンコウチョウの♂の鳴き声。砂防ダムの上にも来ていないか歩を進めると、♀のサンコウチョウの鳴き声がしました。これで♂1羽♀1羽を確認です。更に進んでいると今度は♂の鳴き声です。何とか証拠写真が撮れましたが、♀が更に上流側へ行って鳴くので、若い♂はナンパ目的で♀を追って上流側へと飛び去りました。

サンコウチョウはいつもより早い到着です。

今朝確認した小鳥達は、スズメ・メジロ・ウグイス・ホオジロ・エナガ・ヤマガラ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・カワラヒワ・キセキレイ・リュウキュウサンショウクイ・イカル・ヒヨドリ・キジバト・アオバト・コゲラ・アオゲラ・ソウシチョウ・ガビチョウ・コジュケイ・カケス・ハシブトガラス・冬鳥のシロハラ・シメ・夏鳥のツバメ・サンコウチョウ・オオルリ・キビタキ・コサメビタキ・ヤブサメ・センダイムシクイ・ビンズイ・クロツグミ・ツツドリでした。

ミズキの花と藤の花が咲き始めています

何気に近くに来てくれたビンズイ

目的のキンランは、もう少しで花が開きます

数の少ないムヨウラン・・踏まれない様に枯枝を立てました

砂防ダムの上流に来た2年目の若い♂のサンコウチョウ、ナンパしていました


今日は5人の仲間と偶然にも会って、新たに一人の女性も仲間も加わりました。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
どちらも太い嘴の小鳥。

どちらも子供の頃に飼った事のある小鳥。

イカルは留鳥でシメは冬鳥です。

イカルに指を噛まれた時には、大きな血豆が出来ました。

シメはオスを飼っていましたが、あまり鳴かなかったので放ちました。

今日はツツドリとキビタキ・コサメビタキの鳴き声を確認。これまで確認した夏鳥はオオルリ・ヤブサメ・サシバ・ツバメ・コマドリ・センダイムシクイなど。

今日も滞在していた冬鳥は、シメ・シロハラ・クロジ・アオジなど。

コウライアイサを観察していた基地は数日前に撤去。今朝はオオルリのお立ち台を設置してみました。でも、今の所オオルリの鳴き声は5ヶ所ほどで設置場所付近は鳴いていません。使ってくれたらガッツポーズなのですが・・。

坊主山のイカル

ヤマガラハウスのシメ


17日開催予定だったGFG杯の九州地区大会は、荒天のために23日に延期です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
早朝の5時30分に塚野山入口の、ハゼの木ポイントに到着。

いつもの様に少しだけエサをあげて観察していると、オオルリの鳴き声が2ヶ所から・・。近くではヤブサメの鳴き声と、ヤマドリのホロ打ちも聞こえていました。

すると突然コマドリの声?似た囀りのコルリは、今の時期には未だ到着していないハズ。2~3回の囀りは、コルリ独特のヒッヒッヒッが入っていませんが、遠いので聞き漏らしているかも知れません。最初の鳴き声は5時40分頃に聞きました。

しばらく鳴きませんでしたが、6時15分頃に再び囀りです。今度は100~150m位と近くなり、2~3回ほど繰り返し鳴きましたが、囀り始めのヒッヒッヒッは有りません。

この鳴き声でコマドリと判断しました。コマドリは標高の高い山を好みます。大分で繁殖する場所で有名なのは黒岳で、5月の連休頃には沢山の個体が鳴き合います。

そんなコマドリが、県民の森の安友谷橋の上流側で鳴いたのです。以前、コマドリの視認が有ったとは聞いていますが、長年この場所を散策している私にとって、コマドリの囀りは初めての確認です。四国か本州へ渡る個体が県民の森を通過中なのでしょう。

ボタンザクラとシジュウカラ

同じくヤマガラ

エナガも登場


朝一番はとても素晴らしい鳴き声に出会い、その後は由布院へ。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
ソメイヨシノとコラボ写真で、以前花見で紹介した小鳥達はメジロ・ヤマガラ・シジュウカラ・シメ・カワラヒワの5種類ほどでした。その後も撮っていたものの、紹介していなかった小鳥たちを今回アップします。

今朝は南風が相当に強く、予想気圧配置よりも低気圧が発達したらしく、等圧線の間隔は非常に狭くなっていました。緯度・経度線の10度10度内に入る等圧線の数は5~6本ほど。風速としては8~13m位でしょうか?

よって風が集束する場所では最大瞬間風速が20mは超えていた事でしょう。風裏で舞いこむ所でも5~6mくらいの風速だったと推測しています。

巷では花散らしの雨と言ったりしていますが、今回の気圧配置では花が雨で散るよりも、強風で散る方が圧倒的に多いのが正解で、花散らしの強風が正解です。

花が散ってしまっては、花と小鳥のコラボ写真はおしまいです。もしかしてオオルリとのコラボもと期待していたのですが、来季の課題になりそうです。他の小鳥たちは、次に咲くボタンザクラとのコラボに期待するしかありません。

キジバトです

アオバトのオスです

ゴジュウカラ

特定外来種のソウシチョウ

花は強風によって大部分が散ってしまいました


今朝はセンダイムシクイの囀りはありましたが、他の夏鳥は鳴きませんでした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[04/28 カンダイな人]
[04/28 まさ]
[04/22 カンダイな人]
[04/22 takayama]
[04/08 カンダイな人]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3
29
30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp