磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
72. 71. 70. 69. 68. 67. 66. 65. 64. 63. 62.
大分県の由布市には温泉で有名な由布院があり、今や中国・韓国・台湾からの観光客も数多く訪れています。また、車で15分くらい南に移動すると湯平温泉も控えており、こちらは由布院温泉の影に隠れているので、田舎での温泉をゆっくりと堪能できます。

由布院温泉の唯一の欠点は、高速道路の出口が混雑する事です。その最大の原因は、料金所を出ると直ぐに交差点があって信号待ちとなるからで、ETCサービスを使ってノンストップ通過しても、50mくらいしいか走れないからです。

大分県や由布市はこの信号のお蔭で観光客のリピーターを減らしている ・・・と思っているのは私だけではないハズです。恒久対策を検討して欲しいものですね。

由布院の観光地を周っていると、近くにそびえ立っているのが由布岳です。由布院盆地付近から西回りで北側に回るまで、この様な双耳峰を見る事が出来ます。東から南東の大分市方面から見ると、富士山の様な形に見える事から、かなり昔から豊後富士と呼ばれているのは有名です。

由布院のシンボルとなっている由布岳は標高1500m以上で、いつも登山客で賑っています。私も高校生の頃に登った記憶がありますが、頂上近くの登山道はガラ石が多く、自分より下を登って来る登山者へ、落石をしない様に注意した事を記憶しています。

由布院へ観光に来た時には、由布岳をバックに記念撮影するのも定番ですね。

・・・

今朝は由布院の雲海が出るかも?と思って現地へ足を運びましたが外れました。昨日の朝までかなり雨が降り続き、地上は水分で一杯、前線が南へ南下して北の冷たい高気圧の勢力圏に突入、西の風1mとの予報で雲海日和と睨んだのですが・・・

自宅を出た時の気温が20℃、この調子だと由布院は15℃くらい?と思っていたのですが、由布院盆地での車外温度計は18℃と非常に高い。おまけに丘の上に向けて盆地の霧が上昇中。上空に小さな低気圧帯がある?盆地の気温が高すぎる?・・・二つの要因が考えられ、盆地内の水蒸気は山の上方へと逃げ去っていたと思われます。

今朝の由布岳、南南西の近くの丘から撮影しました

南東の庄内町付近から撮影

北西側の塚原方面からの撮影


由布院の魅力かどうかは疑問ですが、雲海に振られた今日の私の記事でした。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[06/23 カンダイな人]
[06/22 まさ]
[06/21 カンダイな人]
[06/21 piko]
[06/20 宮脇]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6
24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp