磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
172. 171. 170. 169. 168. 167. 166. 165. 164. 163. 162.
アユを捕ったヤマセミは、石の上で3回程アユを叩きつけた後、一週間前に設置したレストランへアユを咥えて飛んで来ました。この場所で更に3~4回程アユを叩きつけて、ようやく食べ始めたのです。

レストランが無い時には石の上で食べていたのに、なぜ設置したレストランへ来たのでしょうか?私の推測は、木の方が爪が掛かりやすく打ち付けに力が入る。また飛び出しでも力が入りやすいので、危険を察知した時にも素早く動ける。と考えています。

この様なショットの数々は一見むごい様に見えますが、これが自然のありのままの姿です。私達人間は、あまりにも自然とかけ離れた生活に馴れてしまっています。言い方を変えると、家畜化された人間とも言えるかもしれませんね。

・・・少しだけ、ありのままの自然を感じて欲しいと思います。

石からレストランへ移動してきてくれました

何度も打ちつけた後、呑み込むために咥えなおします

アユを咥えてから飲み込むまでは、立派な冠羽はたたんでいるのが特徴

頭を上下前後に振りながら大きなアユを丸呑み

アユが大きいので休みながら

ここまでくれば奪われることはないですね

このページの最初の写真から、ここまでの写真は約3分の出来事です

呑み込んだ直後、お腹が凸凹。ノートリミングの写真です



この後水浴び。疲れたのか水浴びは2回しかしなかったので省略します。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
良いレストランですね☆彡
こんばんは、お疲れ様です。
これが新しい基地からのショットですね(^O^)
凄い至近距離ですが、ヤマセミさんもリラックスして食事している様子が伺えます( ゚ー゚)
カメラの連射音の少ないミラーレスもストレスを与えていない証なのですね(・_・;)
自然をこよなく愛される池永さんらしい思いやり、見習わないとダメですね。
大江 亨一 2015/11/28(Sat)22:10:59 編集
出来る限り・・
ミラーレスは本来音がほとんど聞こえません。
これは使い方でメリットです。
レフ機の直近撮影では、一部の方々が連射をセーブしています。
距離がある・撮影に慣れた鳥・人との接触が多い鳥などは、この限りではないと思います。
欲はありますが、小鳥たちには出来る限り配慮したいですね。
カンダイな人 URL 2015/11/29(Sun)21:09:38 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[07/14 カンダイな人]
[07/14 少佐]
[07/09 カンダイな人]
[07/09 けん@北九州]
[07/08 みどり]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp