磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1097. 1096. 1095. 1094. 1093. 1092. 1091. 1090. 1089.
今年の坊主山、未だにルリビタキが5~6羽ほど来ています。

ストックハゼの実を定期的に置いているので、頼りにしてくれています。

その中に綺麗な♀が1羽来ますが、この場所の縄張りを持っているのか?強い。

ネット内では綺麗な♀を♂若などと、間違った表記をして拡散中の様ですが・・

ルリビタキは♂も♀も囀ります。小鳥達は♂も♀も生き抜くほど綺麗になります。

何故だか分りますか?自然界は強い個体のDNAを後世に残すからです。

綺麗な♂や♀は生命力が強い個体だからです。だから綺麗な個体はモテるのです。

綺麗になると目立ちます。目立つと小鳥達を狙う獣や猛禽類に分り易くなります。

猛禽類などに狙われやすいのに綺麗になる・・一見矛盾しているのですが・・・

狙われても逃げ延びて、長年生き抜いている証が綺麗な色の♂や♀・・ということ。

今回は綺麗な♀が撮れたので、若から老成鳥まで生き抜いている写真を載せました。

他の小鳥で、♂若(第一回冬羽)を撮影しているのは、アオジ・クロジ・ミヤマホオジロ・サンコウチョウ・オオルリ・クロツグミ・キビタキ・ムギマキなどで、この中でオオルリ以外はメスとの識別が結構難しい。

追記
ルリビタキの♂若と♀の見分けは、目視で難しいとされていたハズで、デジタルカメラが登場する前から言われていた事。フイルム時代は現像やプリントに金額が嵩むので、撮影者も今よりは断然に少なく、撮影記録を万人が確認することも少ない。

現在はカメラさえ買えば、野鳥の知識に乏しくても野鳥撮影が出来て、小さなところまで分析出来ます。分らない事はネット検索すれば出てきます。その情報が信頼のおけるものであれば良いのですが、このブログの様に個人からの情報であれば、信頼性は十分だとはいえません。数が多い情報が正解とは限らないのです。

その証拠に、ルリビタキだけが♂若・メスタイプなどと、ネット情報に沢山上がっているものの、私が上に記載している小鳥達に、♂若・メスタイプの記述が少ないのはどうしてなのでしょうか?おかしいと思うのは私だけ??

ネット内でのルリビタキの♂若・メスタイプに関しては、間違いだらけと思っています。

今日の写真、坊主山に来ている3年物の綺麗な♂

♀若、喉からお腹にかけてメリハリなし。目の上に硬い毛がない。淡い色合い

♀成鳥、今日の坊主山で撮影した3年前後の成鳥

5年くらい生き抜いている?♀老成鳥、腰や翼に♂の様な青い色が増えています

3年物の♀の成鳥は、このくらいの青が普通です(嘴からの頭側線なしが♀)

こちらは♂の若です。後ろからだと上の写真の♀とほとんど変わりません
 
上と同じ個体。横からだと嘴から伸びる白い頭側線が見えるので♂と分ります

今日の坊主山、♂の若で昨年か一昨年生まれ。腹の汚れが決め手

今日のハゼの木Pで撮影。4年以上の老成鳥、胸にも青が入り始めています


これまでルリビタキを100羽以上見ている、私の身勝手な見分けです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[02/03 カンダイな人]
[02/02 takayama]
[02/02 カンダイな人]
[02/01 takayama]
[02/01 カンダイな人]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp