磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
453. 452. 451. 450. 449. 448. 447. 446. 445. 444. 443.
今年も磯釣り実習がやってきました。(7月20日~21日のお話しです)

これまでの実習のほとんどは大分の磯で開催していましたが、私が運転するマイクロバスでの工程が今回からNGとなりました。バス事故が多く発生したのが原因?

よって稟議が通らず、7月にずれ込みました。二班に分かれて計画しましたが一班は荒天延期。二班目の9名の学生たちと3人の引率者を含め、五島の磯での実習です。

足のない学生たちを移動させるにはバス。天神から佐世保まで高速バスで移動後、徒歩で900mほど先の潮騒丸が接岸する港まで更に移動、佐世保から五島の相之島まで大型渡船で凪の海を滑る様に進み、平瀬に瀬上り後早朝まで休憩です。

夜明け直後から実習開始までの短い時間で学生たちにルアーを振らせました。アカハタ・マダイなどフカセ釣りの前から魚信は活発でした。

それもそのはず、この場所は九州からの渡船は入れない所。しかも6月後半から荒波続きで、磯釣りの機会はほとんどなかったらしく、船長も釣果を期待していました。

夜明けから9時までは全員のレクチャー。その後3班に分かれて本格的な磯釣りの工程です。グレは小型が多くなっていましたが、淡水の魚をルアーロッドで釣っていた学生達には、小型でもグレやオナガの引きは強烈らしく、歓声が聞こえるのも珍しくない。

16時に納竿後は民宿潮騒に移動、汗を流して美味しい猪鍋と自分たちが釣ったグレやマダイを特別に料理して頂きました。9時頃就寝・・・爆睡でした。

















二日目へと続く。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
無題
当然の事なのかもしれませんが近年規制等厳しくなり安全や責任を求められる世の中になりましたが無駄を楽しめる時間も無くなり寂しく思います。
バスの移動とか人生の想い出の1ページになりそうですが…

しかし釣りも出来たのであれば充分な想い出になったのでしょうね!

梅雨も明け暑くなりましたがお見舞い申し上げますm(__)m

ひで URL 2016/07/26(Tue)22:09:13 編集
こんんばんは
せちがらい世の中になりました。
現在の相互扶助の精神は、30年前に比べるとかなり変化している感じです。
残念ですが、時代の波に乗るしか方法はない様です。
お見舞いもありがとうございました。
ひでさんも、無理なさらずにご自愛ください。
カンダイな人 URL 2016/07/27(Wed)22:47:33 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[04/22 カンダイな人]
[04/22 takayama]
[04/08 カンダイな人]
[04/04 カンダイな人]
[04/03 みどり]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
3
27 28 29
30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp