磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
53. 52. 51. 50. 49. 48. 47. 46. 45. 44. 43.
先日、広島と岡山の鳥見仲間3人をコジュリンのポイントに案内した時の事。

当日の現地予報は晴れ。早朝に久住を通過して熊本県に入るまでは予報通りの晴れでしたが、現地入りする少し前から道路は霧に覆われ始め、6時過ぎに到着した時点で、いつもの様にポイントの草原は霧に包まれており、晴れでも早朝はいつも霧!!

その中で、鳴き声を頼りに探すと一羽目のコジュリンが遠くで鳴いており、直ぐ傍からホオアカと思しき鳴き声が聞こえ始めました。しかしながらホオアカと思しき鳴き声は実はコジュリンで、かなりフレンドリーに皆さんのカメラに収まりました。

2時間くらいで、コジュリン・コヨシキリ・ホオアカなど初見初撮り。更にユウスゲセッカなど3人の仲間たちは満足の表情で、撮影を終了しました。

その後は私の目的であるヒゴタイ・ノヒメユリの撮影にも同行して頂きました。場所はコジュリンポイントから4㎞弱離れた場所で、目的地に到着すると耳に入ったのがコジュリンの囀りでした。花を撮りつつ、コジュリンとヒゴタイとのコラボを狙っていたのですが、なんとなく雰囲気が出た感じの撮影も出来ました。

ユウスゲに止まるコジュリンは撮影済みですが、ヒゴタイに止まるコジュリンはどうでしょうか?唯一の可能性は、セッカがヒゴタイの小さな蕾に止まっていた事。ヒゴタイの花が開くと止まりにくい感じですが、ヒゴタイ&コジュリンを狙ってみたいですね。

ユウスゲは7月中旬から7月一杯が盛期ですが、遅咲きが咲いていました

コヨシキリは道沿いか、少し谷間になっている所に多く居ました

ヒゴタイは咲き始めて、これからが良くなると感じました

コジュリンのオスとセッカ。その手前にヒゴタイです

メスのコジュリン、その奥にヒゴタイです

満開のヒゴタイは少しだけ・・これにコジュリンを乗せたい


大江さんが写した、ノヒメユリの構図が綺麗で素晴らしかったです。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
とてもイイ日でした☆彡
池永 様

その節は、本当にありがとうございました(*゚▽゚*)
あれからもう一ヶ月も過ぎて季節は秋
あの暑かった阿蘇での撮影が懐かしく思われます(´・ω・`)

また、来月 リベンジ含めお伺いいたします(^-^)/
飛び込み台の設置 ありがとうございましたm(_ _)m
大江 亨一 2015/09/23(Wed)20:41:04 編集
秋は確率が上がります
秋のヤマセミは撮影チャンスが多くなりますが・・・
他の基地がヤマセミから丸見えで、その方が丸見えの基地に入る時間帯(9~15時)以外で川面を飛び交います。これまで5年間は思い通りに撮影出来ましたが、今年は一番近くのレストランは無理みたいです。代わりのレストランを下流側に設置予定なので期待して下さい。来月楽しみにお待ちしています。
カンダイな人 2015/09/24(Thu)19:56:09 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[11/17 piko]
[11/17 阿南]
[11/17 ハル]
[11/16 けん@北九州]
[11/16 カンダイな人]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
11
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp