磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
569. 568. 567. 566. 565. 564. 563. 562. 561. 560. 559.
予てより計画していたフジモンとのカセマダイ釣り、丸二水産にお邪魔虫。

8時前に出港し13時40分に納竿しました。

最初は湾内中央のイケスで狙いましたが、フジモンに1回のアタリで乗りません。

竿曲げショットに、ボラを掛けてもらいましたが中型で引かない。

瀬替わりは、焼尾鼻を廻った湾に1基あるイケス、二人で5回投げても反応なし。

次に向かった先は湾から出た沖のイケス、ヘダイが多いのを聞いていたのですが・・

一投目から3㎏級のハマチ(ブリの小型)ヤリトリ中にフジモンにもアタリ!

こっちは40㎝オーバーのチダイで、私より早く取り込んでしまったので写真はなし。

ハマチを取り込んだ後は少し間が開きましたが、2㎏弱のヒラマサの小型。

エサやりの船は直ぐに湾内へと移動、私達も移動ですが十勝丸の沖筏を覗きます。

兄義君やみどりちゃんに釣れない挨拶をして再び移動。

朝一番に竿を振った場所でエサやりをしているので、近くに止めてマダイ狙い。

エサやりのイケスで竿を振る時には、ウキを外して完全フカセで狙うと良い。

そして遂に最後の一投で・・・3㎏級のマダイをゲットすることに成功しました。

これにて終了。フジモンは後半戦で失速です。

・・・湾内は全体的に赤潮らしき潮色、釣れなくても致し方ないと思いました。

無理やり竿を曲げて頂きました

3㎏級のハマチ

2㎏弱のヒラマサ

大分の海はブリに比べるとヒラマサは相当に少ない

再び湾内で・・・マダイも最初の引きは強烈です

私にしてみれば、中途半端なサイズです


この後は、夜から釣研のクロ釣り選手権大会のため長崎へと移動、皆様宜しく。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[06/27 カンダイな人]
[06/27 カンダイな人]
[06/27 Yamamoto]
[06/26 松林静風]
[06/25 まさ]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
6
28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp