磯のグレ釣りが好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
1577. 1576. 1575. 1574. 1573. 1572. 1571. 1570. 1569. 1568. 1567.
7時過ぎ出港~15時納竿の行程で、丸二水産のカセフカセマダイ狙い。

仕掛けは、竿=がま磯インテッサGⅤ1-50・リール=トーナメントisoZ3000LBD・道糸=ネオフリクション磯2.5号・ハリス=ウルトラフレキシブル磯3号約7m・ウキ=エキスパートグレz-0c・ハリ=チヌR6号で、カセフカセでは最強タックルで臨みました。

マキエとサシエは、オキアミ6㎏・グレナビ1袋・チヌの舞1袋・押しムギ1.5㎏・コーン300g・白エビ・オキアミボイルなど。

ヤツは14時45分頃にやって来た。

マキエもサシエも少なくなって、時々付けていた白エビを1匹掛けて最後の2投となる仕掛けを投入。ゆっくりと沈下して21mの底まで白エビが到達。30~40秒ほど白エビを底に置いていて、頃合いを見計らって1ヒロ程誘い上げました。

再び舞い上がった白エビが1mほど沈んだ時に道糸に変化、送り込んでやると送り込んだ穂先が更に曲がり込みます。グンと合せるとアジではない重量。リールを巻くと重い。結構良いチヌが来た?・・と思った瞬間、スピードは無いものの走り始めました。

相当に重々しい引きで30mほど走って、ドラグから出ていた糸が止まりました。竿を起こしにかかるとゆっくりとこちらに向かって泳いで来ます。怒らせない様にゆっくりと竿を立てながら、リールを1回転分だけ引き寄せる動作を繰り返します。

大きく首を振るたびにドラグが少しだけ出てくれます。走ったとしても5~7m位で、徐々にこちらに主導権が移ってきます。頭の振りがかなり大きい事と、手元に伝わる重量感は、最初に釣った6.5㎏とは比べ物にならない程。

ヤリトリする事約10分。ヤツはようやく底から離れたみたいで、3号のハリスを信じてゆっくりと間合いを詰めていきます。それでもヤツは何度か大きく首を振り、体重に物を言わせて底へと突っ込んでいきます。

巻いては出され巻いては出され・・大きな首振りに最後はハリスが負けました。

帰港後、丸二水産の豊さんに話すと、12~13㎏級も5~6匹は居るみたいで、10号ハリスくらい使わないと獲れないかも?猟師さんはその位のハリスは平気で使うらしい。

前回の2.5号も今回の3号も口切れ。超重量級のマダイが口を瞑って頭を振ると、最終的にはハリスが痛んで切れてしまう?70~80㎝位のマダイであれば、この様な事は無いのですが・・それとも歯の手入れが悪くてザラザラの歯を持つマダイ?

次回はチモト部分だけ5号を結んでみようと思っています。

湾内からイルカが出て行って、再び30㎝級のアジがエサ取りになりました

チヌの引きだとこの程度の曲がりまでですが・・

チヌ、タモ枠が45㎝だから47~48㎝・・底から50㎝くらいで喰った

50㎝オーバーのチヌ、底から8m位で喰ってきた

マキエ・白エビ・オキアミボイル・オキアミ生

今回の2匹のマダイはこんな感じのエサを使って喰わせた
 
底から5mで喰った70㎝オーバー・6.5㎏のマダイは難なくゲットだし・・

モンスターマダイに切られた3号ハリス、この後の1投はせずに終了


さてと、悔しいバラシに火がついてしまった様です。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
無題
大物真鯛是が非とも仕留めてください
いつも楽しみに拝見してます
やり取りが目に浮かびます
がんばれ 池永名人さん
ユッピー 2019/04/18(Thu)08:47:36 編集
ありがとうございます
メッセージありがとうございます。
もしかしたら自己記録を更新できるかもしれないので、今後も狙ってみます。
カンダイな人 URL 2019/04/18(Thu)21:44:25 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[05/26 カンダイな人]
[05/25 三寶]
[05/25 カンダイな人]
[05/23 midori]
[04/28 カンダイな人]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
4
12
23
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp