磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
498. 497. 496. 495. 494. 493. 492. 491. 490. 489. 488.
早朝から一人で宇曽山の枯木梢のスポットへ・・・

ヒヨドリ・ヤマガラ・シジュウカラ・オオルリの♂若などを撮影しました。

その後、大分に来ている愛媛の鳥見仲間から連絡が入り、9時頃にこの場所へ案内しましたが、ヤマガラ以外は枯れ木のお立ち台には止まってくれませんでした。

この時間帯は鳥達の活動が鈍くなるので、満足な成果は得られませんが、次回のチャンスに場所を知っておくことは大事な事なので、案内人としては不満無し。

この時点での私の収穫はメボソムシクイの撮影が出来た事。直ぐ傍の込み入った木々の間から、メボソムシクイのグゼリが聞こえ始め、必死に探していると今度はウグイスも近くから鳴き始めました。

チャッチャッチャッ・・・チョリリリリリ・・チョリリリリリ・・・前がウグイス後がメボソムシクイの声です。大きさ・姿・色合い・行動もほぼ同じ。藪の向こうで動く姿に騙されない様にメボソムシクイを探し出し、彼の特徴を撮影出来ました。

ウグイスとメボソムシクイの見分けはまだましな方で、問題はエゾムシクイとセンダイムシクイ・オオムシクイなどでしょうね。今回はグゼリで判断できましたが・・。

メボソムシクイは高い山の夏鳥で、標高1500m以上の林などで繁殖するので、四国の険しい山々や本州などでの繁殖です。県民の森の山々は高くて700mクラスだから、繁殖はしていないと推測しており、この子は四国から南下の途中だと判断しています。

頭央線が無いのでメボソムシクイ・エゾムシクイの特徴

下嘴の先端側が黒っぽいのがメボソムシクイ・エゾムシクイの特徴

眉半が長い・脚の色が褐色系でメボソムシクイの特徴


決め手はグゼリでしたが、鳴かない時には色んな判断材料が必要ですね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
昨日はどうも
昨日はどうもありがとうございました。坊主山には、今日は朝に行ってみました。雨がちのせいか、メジロの水浴びは見られませんでしたが、ゴジュウカラが出てきました。雨が降り始めたので退散。
bratsche(ueki) URL 2016/09/04(Sun)13:53:03 編集
お疲れ様
なんとも恨めしい台風ですね。雨は致し方ないです。
またの機会にチャレンジして下さい。
カンダイな人 URL 2016/09/04(Sun)19:11:46 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[09/19 カンダイな人]
[09/18 大江]
[08/31 カンダイな人]
[08/31 カンダイな人]
[08/31 名無し]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp