磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
496. 495. 494. 493. 492. 491. 490. 489. 488. 487. 486.
小鳥たちが少しずつ動き始めた様です。

旅鳥のエゾビタキを31日に確認。これはシベリア方面から長距離を旅して南下してきた、第一陣である事が確実に判断できます。

今朝、TV出演の前に坊主山の水場をチェックすると、オオルリの♂若がやって来ました。この場所をチェックしていて一ヶ月以上お目にかかっていない子です。

その後、宇曽山の枯木の梢チェックをした所、最初に来たのがオオルリの♂若。次に少し移動して同じ梢を見ていると、撤収ギリギリに綺麗なオスの成鳥が来ました。

8月23日に同じ梢で撮った♂の成鳥とは違います。・・・という事は、夏鳥のオオルリも移動を始めている証拠。・・・と判断しても間違いないでしょう。

今朝写した、坊主山のオオルリ♂若は移動中の個体と思われます。23日に写した宇曽山の綺麗な♂のオオルリは既に南下し、この場所が空きになっており、北から南下してきた更に綺麗なオスが、今朝の撮影対象になったと判断しています。

移動中の個体の滞在日数は2~3日から一週間くらいかな?同じ場所で撮影していても、順次個体が入れ替わりますが、夏鳥で遅くまで確認出来るのはキビタキで11月。

9月1日早朝、坊主山の水場で水を飲んで寛ぐエゾビタキ

9月2日早朝、水場の近くにオオルリの♂若(第一回冬羽)

9月2日早朝、宇曽山の枯木の梢でグゼっているオオルリ♂若(第一回冬羽)

8月23日朝、すでに南下して居なくなったオオルリの♂成鳥

9月2日朝、更に綺麗なオオルリの♂成鳥のグゼリ

綺麗な背中側も見てやって下さい

9月2日朝、この場所がテリトリーヤマガラちゃん(大きさ比較)


これから山は賑やかになります。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[10/19 カンダイな人]
[10/17 宮脇]
[10/14 f.m]
[10/14 カンダイな人]
[10/14 みどり]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp