磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
143. 142. 141. 140. 139. 138. 137. 136. 135. 134. 133.
頑張って真面目に釣ると時間が直ぐに経ってしまいます。丸二水産のカセ釣りマダイは、今季三度目?のボウズ。しかも釣れたのはカタクチイワシ1匹のみ。

サシエがかじられたのはムキミで4~5回だけ。あとは全てサシエは着いたままです。前情報ではサバゴが居るらしく、マキエも多めに持ち込んだのですが・・・

海面近くの小魚(トウゴロウイワシ?)は、少しマキエを拾っていますが、大部分のマキエは底へと沈んでいきます。10m前後の水深でムキミに何度かアタリが有って、エサ取りの正体を探るべくハリに掛けたのがカタクチイワしでした。

それよりも深いタナにマキエと共に送り込んでも反応は一切?出ませんでした。通常なら、表面から5~6m位まで大きなボラ。その下にアジゴやカタボシイワシ、10~20mのマダイゾーンを抜け、20~27m付近にはヒイラギの群れが待っているのですが・・・

全ての魚の気配がありません。大潮で8時30分頃が満潮~14時30分頃が干潮でした。通常であれば15時には納竿ですが、アタリが一度も来なかったので満ち潮の動きはじめも狙って、結果的に16時20分まで竿を振っての完全ボウズに意気消沈。

前回の釣果不振の時も大潮、この場所は大潮がアウトなのでしょうか?

オキアミ生9㎏+グレナビ3.5袋+押しムギ3㎏。サシエは芝エビと芝エビのムキミのみ。8時15分~16時20分まで撒き込みましたが、お魚さんは反応しませんでした。

椅子が有るから粘る事が出来ます

16時頃、遂にマキエが終了です

夕方まで粘ってのボウズは非常に虚しい


このままでは、マダイ釣りは終える事が出来ませんね。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
無題
お疲れさまでした(^ー^) リベンジのblog期待しときます(*´∀`)
2015/10/29(Thu)20:50:16 編集
悔しい
蒲江の海は時々???になります。
予想通りいかないのが魚釣りですね。
カンダイな人 2015/10/30(Fri)14:45:21 編集
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[12/10 カンダイな人]
[12/10 宮脇]
[12/09 砂ぼうず。]
[11/22 カンダイな人]
[11/22 piko]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
3 4
12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp