磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
290. 289. 288. 287. 286. 285. 284. 283. 282. 281. 280.
週間天気で水曜日か木曜日が穏やかな晴れだったので、蒲江で竿を出してきました。

丸二水産で伝馬船を借りて湾内の出口に近い場所でカセマダイ。しかし、マキエを打って暫くすると20㎝級の足の速い魚影が群れ始めました。厄介なカタボシイワシです。

仕掛けを2回程流しましたが、マキエが34m付近の底まで届く気配が無かったので場所移動。湾内奥深くの28mライン、昨年から釣っているイケスに繋いで再開です。

この場所にカタボシイワシは居ませんが、カタクチイワシの群れが多い所で、上下の分離作戦でマキエを底の方まで届けます。ここのマダイは盛期には水面から8m~20m付近でアタリが出ますが、今回も反応が悪く28mの底までエサを沈めていきます。

サシエが底まで到達したら、1分おきくらいに2m程誘い上げ、再び底まで落とす動作を2~3回繰り返します。1回誘い上げて喰ったのが2回・2回誘って喰ったのが1回・3回誘って喰ったのが1回で、合計4回程アタリが来ました。

喰ったタナは、底から1.5mと50m位、他の2回はエサを底で移動させた時にアタリが出たので、ほぼ底で喰ったと判断しています。その内の2回は途中でハリ外れでのバラシ。よってキープ出来たのは2枚だけでした。

水温は今が年間でも最も低い時、もう少しの間シビアな釣りが続きそうです。

仕掛け
    竿      がま磯マスターモデル口太F
    リール    トーナメントISO-Z競技LBD
    道糸     フリクションZ 2号
    ハリス    ウルトラフレキシブル 2.5号
    ウキ     スーパーエキスパートUE 0C
    ガン玉    ゴム張りガン玉 5号
    ハリ     チヌR 6号
    マキエ    オキアミ生9㎏+グレナビ1袋+カラーグレ1袋+押しムギ2㎏
    サシエ    大型芝エビ 1匹掛け

はっきりしたアタリはこの一回、魚が小さいとアタリが大きいです

一匹目は小型、この次の一投はハリ外れのバラシ

このアタリは底でエサをずらした後に来ました

目測で50㎝?7~8㎝くらいの大型芝エビの尻尾を取って付けます

湾内にはウミアイサの♀の群れで一羽だけ♂、他にはユリカモメ


蒲江のマダイはこれから徐々に上向く事でしょう。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[05/24 カンダイな人]
[05/24 松林静風]
[05/19 カンダイな人]
[05/18 taka]
[05/09 カンダイな人]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
25 26 27
28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp