磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
845. 844. 843. 842. 841. 840. 839. 838. 837. 836. 835.
TVインタビュー・・・決勝戦をどう戦うか?

答え…観戦者に私の釣りを見て頂く事。

そのために、マキエ作りは観戦者から見える位置で行いました。本命とエサ取り用のマキエをキッチリと行う事でした。一番見せたかったのは魚の寄せ方で、魚を引っ張り過ぎない事と、リールを巻き過ぎない事の2点でした。

大好きな本流釣りからのスタートは、潮目に溜まった数多くのゴミは眼中になし。一投目から道糸が走りましたが、空振りが2回?掛けてのハリ外れが2回?コッパが1匹。ベラも1匹。でもキーパーのオナガや、40㎝アップのオナガも仕留めました。

本流の角度が変わってアタリは一気に減ってしまい。かなり流してウマズラハギ。30分は瞬く間に終了。隣で釣っているみどりちゃんもしっかり釣っていました。引かれ潮に多くのマキエを入れたのは、スズメダイを本流筋へ入れないため。

ポイントは一つ右に変わります。沖を狙うべく磯際に近い部分に多めにマキエを打ってその場所へ仕掛けを投じます。その仕掛けにグレやキロ級のオナガがヒットです。沖に遠投すると、かなり速い潮が右側の境界線まで仕掛けを運んでしまいます。

この流れに乗せるのが厄介で、一度はなじまずに流れてしまったり、上手くマキエを打てたとしても、仕掛けの投入精度が悪かったり、はなはだしい時にはハリが袖に掛かって、ウキだけが飛んで行ったり散々な釣りを見せてしまいました。

3つ目のポイントもほぼ同様でしたが、左からの潮が更に速くなったので遠投を控えました。磯際から中間地点までを重点的に狙って、いつの間にかキロ級のグレがヒットするなど、ラッキーな釣果も・・近くで多めのマキエを撒いたのは、出来るだけサシエをカモフラージュするためで、数は少ないですがエサ取りを交すマキエワークでした。

最終ポイントは一番右、エサ取りを手前に集めながらたまに遠投。この場所だけは右へは限りなく流せるので、多めのマキエ1回で二流し釣法もやってみた所、ベラかよ~!!ガン玉5号を2個に増やして段打ちで更に遠投するとキーパーグレ。最後の一流しで、終了の合図とともに掛けて、高速リーリングで取り込んだのはウマズラ(@_@;)

2時間が終了~勝っていました。

釣りをほとんど見れなかった永田さんの竿曲げ

中原さんの取り込み、大型を釣っていました

みどりちゃん、平常心の様でした

プレッシャーの中での良型

本流ポイント、この場所は波飛沫で涼しかった

潮の緩い場所でもオナガ

結果表、枚数と重量です


写真は皆さんから頂いたものを使用させて頂いています。ありがとうございます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[07/14 カンダイな人]
[07/14 少佐]
[07/09 カンダイな人]
[07/09 けん@北九州]
[07/08 みどり]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
28 29
30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp