磯のグレ釣りが大好きな大分の釣り師、池永祐二。2006年からの“磯にはいつも夢がある”を継いでいるブログです。還暦を迎え、現役から一歩退いた形になりましたが、釣りで学んだ事や釣行記・趣味としての鳥見などを主体に、自然の素晴らしさを記録していきます。
859. 858. 857. 856. 855. 854. 853. 852. 851. 850. 849.
日曜日は仲間と二人、丸二水産のカセフカセ釣りを満喫。

湾内のイケスは23~25㎝級のサバゴの群れ、よってマダイ狙いは早々に諦めました。

こんな時には沖のイケス周りに変更です。

沖のイケス周りの水深は40mくらいで、そこそこに流れも有る釣り場。

エサ撒きやマキエが無い時の魚たちは、8mのイケスの底辺りで待機している?

その魚達を活性化させるマキエは、船を止める位置で決まる感じです。

潮汐時間を参考に船を止めて、マキエと共に仕掛けを流し込みます。

今回は満ちの流れが不安定で、流れがコロコロと変わりアタリも散発的でした。

それでも何とか美味しい魚達をゲット出来たので、この時期としては上出来。

喰ってくるタナは浅い時で7mくらい、深い時で20mくらいでしょうね。

次回も遠くからお客さんがやって来るので、釣ってもらいたいです。

湾内はサバゴの猛攻で早々に退散

沖のイケス周りです

マキエを打って10分くらいからアタリが出始めます

型の良いイサキ・・・50㎝くらいも居ると聞いています

少し前には4㎏クラスのヒラマサも出た様です

今回はシマアジが2枚ほど

30mくらいまで深く入れるとハタ系も来ます

大きな活かし籠を海中に入れて釣ります


この時期のカセフカセは初めてですが、結構いけます。
釣り&魚好き専門のスマホケース Angler's Case
一つからでも購入OK ! スマホケース・iPhone
コメントする (初めての人は挨拶から・・)
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
来てくれてありがとう
FX初心者の入門講座



ブログ内検索
最新のコメント
[08/17 伊藤]
[08/16 カンダイな人]
[08/16 伊藤]
[08/15 カンダイな人]
[08/14 taka]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
バーコード
大分港の潮は?
|
shinobi.jp